カフェオレの効果・効能は美容と健康がキーワード?

カフェオレの効果効能

 

カフェ・オレの美容や健康面に対しての効果・効能をご存知でしょうか?

 

 

まず、コーヒーはアンチエイジングやダイエット効果といった美容効能があると、近年注目が集まっている飲み物です。

 

その他にも、リラックス効果、生活習慣病の予防、脳の活性化など・・・

 

いろいろな健康効果を得られると言われています。

 

 

そんなコーヒーと牛乳を混ぜ合わせたカフェオレには、さらなる効果効能が期待できると言われているのです。

 

 

では、そんなカフェオレのうれしい美容効果、健康効果についてご説明しましょう。

 

カフェオレの効果・効能!美容効果が得られる理由とは?

カフェオレの美容効果

 

では、カフェオレで美容効果が得られると言われる理由は、いったい何でしょうか?

 

 

実は、健康・美容パワーを秘めたコーヒーの中でも、カフェオレは目覚めの1杯に持って来いの優れた効果があると言われています。

 

 

それが「脂肪燃焼効果」です。

 

ナント!朝カフェオレを1杯飲むだけで、身体に脂肪が付きにくくなり、減量できるというのです。

 

 

コーヒーにカフェインが含まれていることは、みなさんよくご存知だと思います。

 

そんなカフェインの効果によって体内に溜まった余分な脂肪を「脂肪酸」へと分解してくれ、ダイエットに役立つのです。

 

 

その上、カフェオレには牛乳や豆乳が使われていますね。

 

なので、栄養面でもしっかりサポートしてくれますよ。

 

 

特に、牛乳は減量中に不足しがちなカルシウム鉄分がたっぷり含まれています。

 

うれしい副産物として、精神不安やイライラなどの抑制まで出来るのです。

 

 

また、カフェオレを豆乳で作る場合、ビタミンB群が多く含まれるようになります。

 

そのため、女性ホルモンの乱れを正常にし、骨粗鬆症などの予防にも効果を発揮してくれるのです。

 

 

豆乳も牛乳も、カリウムが含まれるので「むくみ解消」にも効果的ですよ。

 

 

ちなみに、砂糖を加えれば脳の働きを活発にさせることができます。

 

カロリーが気になる方も、脳が疲れて集中力が続かないな~と思われる時、たまに砂糖入りのカフェオレを飲んでみるのも良いと思います。

 

 

では、続いてそんなカフェオレのおいしい作り方について説明します。

 

カフェオレの入れ方!簡単に美味しく入れるには?

カフェオレの作り方

 

カフェオレの入れ方は、とてもカンタンです。

 

深煎りのコーヒーに、温めた牛乳、もしくは豆乳を1:1の割合で注いで完成です。

 

 

また、ちょっぴり配合を変えて、120ccのカフェラテ風カフェオレを入れるのもおもしろいでしょう。

 

 

ちなみに、カフェラテはエスプレッソと牛乳を「2:8」の割合で入れた飲物です。

 

カフェラテ風はコーヒー40cc~50ccに牛乳(フォームドミルク)を70cc~80cc加えます。

 

 

そして、上からシナモンシュガーを振りかければ、ちょっぴり大人のカフェオレの完成です。

 

お子様に飲ませる場合は、完成を200ccと定め、コーヒー80ccほどに牛乳を120ccほど加えると軽やかな味わいのカフェオレになります。

 

 

他にも、様々な種類のカフェオレがありますので、色々試してみてください。

 

カフェオレは穏やかでまろやかな味わいなので、女性好みのコーヒーバリエーションと言えるでしょう。

 

 

あなたも、ぜひ一度おいしいカフェオレを入れて飲んでみてくださいね。

 

カフェオレの効果・効能のまとめ

今回は、カフェオレの効果・効能についてお伝えしました。

 

 

カフェオレ中のカフェインは、脂肪を脂肪酸に変えてダイエットに役立ちます。

 

牛乳はカルシウムや鉄分が多く、ダイエット中の栄養不足を補ってくれましたね。

 

 

豆乳で作ると、ビタミンB群のおかげで女性ホルモンの正常化や骨粗鬆しょう予防に役立ちます。

 

 

たまにお砂糖を入れると脳の活性化になる。

 

そして、カフェオレの作り方は、コーヒーと牛乳を1:1でした。

 

 

美味しくカフェオレを飲んで美容と健康に役立ててくださいね!

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク