コーヒー豆の種類

コーヒー豆の種類について

コーヒー豆の種類には、ご存知のようにいろいろな産地や名称があります。

 

本来、コーヒー豆はアカネ科のコーヒーノキ属の木に実る可愛らしい種子が熟して真っ赤に染まったものです。

 

種類を問わず、その見た目がサクランボのように見えることから「コーヒーチェリー」と呼ばれています。

 

コーヒーチェリーは、サクランボと比べて果肉が少なく、わずかに甘みが感じられる程度なので食用としては不向きです。

 

この熟したコーヒー豆の果実を乾燥&ローストすることで、コーヒーはあの芳醇な香りを放つようになるのです。

 

近年、コーヒー豆の生産は全世界のおよそ60か国で行われています。

 

驚くことに、現在栽培されているコーヒー豆の種類は「200種」を超えていると言われているのです。

 

コーヒー豆の栽培方法は国や地域によって異なります。

 

風土や気候など様々な要素が加わることでコーヒー豆の香りや風味、形状が微妙に変化するのです。

 

また、現在では品種改良を行うことで、より多種多様なコーヒー豆が生産されるようになりました。

 

コーヒーが苦くて飲めなかった人でも、おいしく飲める品種なども生産されるようになっています。

 

それでは、世界中のコーヒー豆の種類の中から、代表的な品種のご説明をしていきましょう。

コーヒー豆の種類記事一覧

コーヒー豆の品種

コーヒー豆の品種についてご説明しましょう。まず、コーヒー豆が生産されるのは主に熱帯です。ご存知のように、熱帯とは、赤道を中心に南北両回帰線(北緯・南緯それぞれ23.26度)に挟まれた地帯のことを指しています。雨季と乾季がはっきりしているのが特徴です。この南北両回帰線約25度付近は、別名「コーヒーベル...

≫続きを読む

 

コーヒー豆の産地

コーヒー豆は、産地と種類によって、実にさまざまな味わいがあります。各国、各地域という産地で栽培されている代表的なコーヒー豆ですから、当然どれも個性的なのです。いろいろなコーヒー豆の産地や個性を知っておくと、コーヒーに対する視点が変わってきますよ。ここでは、そんなコーヒー豆の産地の特徴と種類についてご...

≫続きを読む