おいしいコーヒーの入れ方 コツ

おいしいコーヒーの入れ方にはコツがある

おいしいコーヒーの入れ方には、いくつか押さえておきたいコツがあります。

 

ちょっとしたコツさえ押さえれば、初心者にだって美味しいコーヒーは入れられます。

 

ただ、たくさんのコーヒー初心者を見ていて私がいつも感じることが一つあるんですよね。

 

それは、おいしいコーヒーを入れることを難しく考える方があまりに多いということ。

 

もちろん、コーヒーの匠のような「究極のコーヒー」を欲するのであれば、それなりの修練が必要です。

 

本人の追及の仕方によっては、何年もかかる場合だってあるかも知れません。

 

ただ、初心者の方が最初に思い描く「おいしいコーヒー」って、そこまでのレベルではないはずですよね?

 

「究極の一杯」とまでは行かなくても、自分の手で入れて見て「あ〜おいしい」と楽しむことが出来れば、とりあえずはOKだと思うのです。

 

自分で「あ〜おいしい」と言えるコーヒーなら、入れ方のコツを知っていれば、すぐに楽しむことが出来ますよ。

おいしいコーヒーの入れ方のコツ記事一覧

おいしいコーヒーの入れ方のコツ コーヒー豆

おいしいコーヒーを入れるためには、新鮮なコーヒー豆が不可欠です。「何を当たり前のことを!」という声が聞こえてきそうですね(笑)ただ、その日に買ってきたコーヒー豆を、その日の内に飲んだとしましょう。だからと言って、そのコーヒーが新鮮かどうかと問われれば、ちょっと疑問が残るのです。実は、ここで言う「新鮮...

≫続きを読む

 

おいしいコーヒーの入れ方のコツ 良い水

おいしいコーヒーを入れるためには、良い水が不可欠です。これもまた、「そんなの当たり前だろ!」というツッコミの声が聞こえてきそうですが(笑)ところが、この「良い水」という定義も、人によってマチマチなのです。例えば、人によっては「水道水を沸かしてしばらくグラグラさせれば、塩素が飛ぶから大丈夫」という方が...

≫続きを読む

 

おいしいコーヒーの入れ方のコツ お湯の温度

おいしいコーヒーを入れるためには、お湯の温度に意識を向けることが大切です。たまに、グラグラ沸騰したお湯を、そのままコーヒーの抽出に使う方がいらっしゃいます。結論から言うと、「と〜んでもない!」という感じです。コーヒーを熱湯で入れると、コーヒー豆の渋みやエグ味が一緒に抽出されてしまうため、とても不味い...

≫続きを読む

 

おいしいコーヒーの入れ方 失敗の目安

今回は、ドリップコーヒーを入れた時の「失敗」のお話です。初心者の方がおいしいコーヒーを入れようとすると、必ずと言って良いほど「失敗」が付きまとってきます。私も、始めたばかりの頃は、あまりにも失敗が多くて、コーヒー豆を毎日何キロも買っては、入れまくっていました(笑)ところで、コーヒーを入れた時の「失敗...

≫続きを読む