コーヒーの入れ方 失敗

コーヒーの入れ方の失敗について

初心者の頃は、コーヒーの入れ方の失敗がとても多いです。

 

コーヒーには、定番のペーパードリップやプロ志向のネルドリップ、長い時間をかけてじっくり抽出を行うウォータードリップなど様々な入れ方が存在します。

 

そして、どの入れ方もコーヒーの独特の香りや風味を存分に引き出すことが出来ます。

 

ところが、セオリー通りコーヒーの入れ方を真似しても、やけに酸っぱいコーヒーや苦みの強いコーヒーなどが完成したという失敗談も多いのです。

 

ここでは、そんなコーヒーの入れ方の失敗例や対処法について書いて行きます。

コーヒーの入れ方 失敗記事一覧

コーヒー豆が泡立たない・膨らまない

コーヒーの入れ方の失敗例その1は、「泡立たない・膨らまない」というケースです。ドリップコーヒーを入れる時に必ず行う「蒸らし」はコーヒー豆の鮮度が、とてもよく確認できます。鮮度の高いコーヒー豆はお湯を注ぐと、ふっくらとハンバーグのような膨らみが現れます。そして、コーヒー豆の焙煎度合いによってこの膨らみ...

≫続きを読む

 

コーヒーの入れ方の失敗 酸っぱい

コーヒーの入れ方の失敗談の中に「酸っぱい」というのがあります。日本はまだまだ「酸味系のコーヒー」が幅を利かせてますから、多い失敗例と言えるかも知れません。ただし、「コーヒーの酸味」について誤解があるといけないので、ちょっとだけご説明しましょう。実は、コーヒーの美味しさを際立たせている風味の1つに「酸...

≫続きを読む

 

コーヒーが酸っぱいという失敗の対処法

コーヒーが酸っぱいという失敗の対処法は、誤解が多い部分でもあります。つまり、本当の意味での原因や対処法を理解している人が、結構少ないのです。あなたが「コーヒーが酸っぱい!」という失敗を犯さないために、コーヒー豆の酸化を防ぐコツをご紹介します。まずは、購入の仕方から行きましょう。

≫続きを読む

 

コーヒーの入れ方の失敗 苦い

コーヒーの入れ方の失敗例として、よく「コーヒーが苦い」という方がいらっしゃいます。しかし、コーヒーの味わいは、酸味や苦みなど様々な風味が合わさって絶妙なハーモニーを生み出しています。そのため、酸味が強過ぎても、苦みが強過ぎても、バランスが悪くおいしくないと感じるでしょう。ここでは、コーヒーが苦い、も...

≫続きを読む

 

コーヒーの入れ方の失敗 渋みや雑味

今までコーヒーの膨らみ不足や酸味・苦みといったコーヒーの入れ方の失敗についてご紹介してきました。最後にご紹介するコーヒーの入れ方の失敗例は「渋みと雑味」です。コーヒーの美味しさを表現しているのは、苦みや甘み、そして酸味です。これらの味がバランスよく保たれることで絶品のコーヒーを入れることが出来ます。...

≫続きを読む