コーヒーの入れ方の失敗について

コーヒー 失敗

 

初心者の頃は、コーヒーの入れ方の失敗がとても多いです。

 

コーヒーには、定番のペーパードリップやプロ志向のネルドリップ、長い時間をかけてじっくり抽出を行うウォータードリップなど様々な入れ方が存在します。

 

そして、どの入れ方もコーヒーの独特の香りや風味を存分に引き出すことが出来ます。

 

ところが、セオリー通りコーヒーの入れ方を真似しても、やけに酸っぱいコーヒーや苦みの強いコーヒーなどが完成したという失敗談も多いのです。

 

ここでは、そんなコーヒーの入れ方の失敗例や対処法について書いて行きます。

コーヒーの入れ方 失敗記事一覧

コーヒーを入れる時にコーヒー豆が膨らまないと悩んでる方は多いですよね。買ったばかりのコーヒー豆なのに膨らまない。お店で入れてもらうとコーヒー豆の泡がこんもりなのに、家ではそうならない。ハンドドリップの泡立ちを楽しみにコーヒーを入れ始めた方にとっては、本当にガッカリな光景ですよね。ここでは、そんなコーヒー豆が膨らまないと悩んでいる方に向けて、原因や対処法について書いて行きます。これを知れば、膨らまな...

「コーヒーが酸っぱい!」という失敗談に悩んでいる方は、実は、かなりな数にのぼります。せっかくおいしくコーヒーを入れようと頑張ってみたのに、出来上がったコーヒーが酸っぱくなると本当にガッカリしますよね?実は、数あるコーヒーの入れ方の失敗談の中でも、この「酸っぱい」という悩みは、一番多いのです。もちろん、それには原因があります。そこで、このページでは完成したコーヒーが酸っぱくなる原因や、その対処法につ...

コーヒーが酸っぱいという失敗の対処法は、誤解が多い部分でもあります。つまり、本当の意味での原因や対処法を理解している人が、結構少ないのです。あなたが「コーヒーが酸っぱい!」という失敗を犯さないために、コーヒー豆の酸化を防ぐコツをご紹介します。まずは、コーヒー豆の購入の仕方からご説明しましょう。

コーヒーの入れ方の失敗例として、よく「コーヒーが苦い」という方がいらっしゃいます。まあ、もちろんコーヒーは苦い飲み物ではあるのですが、ここで言う苦味は、「苦い=マズい」という意味になると思います。コーヒーの味わいは、酸味や苦みなど、さまざまな風味が合わさって絶妙なハーモニーを生み出しています。そのため、酸味が強過ぎても、苦みが強過ぎても、バランスが悪く、おいしくないと感じるわけですね。ここでは、コ...

今までコーヒーの膨らみ不足や酸味・苦みといったコーヒーの入れ方の失敗についてご紹介してきました。最後にご紹介するコーヒーの入れ方の失敗例は「渋みと雑味」です。コーヒーの美味しさを表現しているのは、苦みや甘み、そして酸味です。これらの味がバランスよく保たれることで絶品のコーヒーを入れることが出来ます。ところが、これらの風味の邪魔をするのが「渋みや雑味」なのです。