コーヒー豆の焙煎について

コーヒー豆を自分で焙煎してみたいというマニアックな方もいらっしゃることでしょう。

 

まあ、コーヒー好きの方なら、一度はチャレンジしてみたいと思いますよね。

 

  • フライパンでやったらどうなのか?
  • 手網だやったら?
  • 焙煎機ってどうなの?

 

ここでは、そんなコーヒーの焙煎機について書いて行きます。

 

コーヒー豆の焙煎記事一覧

コーヒー豆の「焙煎(ロースト)」が、どのように行われているのかをご存知でしょうか?焙煎は、コーヒーの生豆を、ただ単に煎れば良いというわけではありません。焙煎の良し悪しでコーヒー豆の持つ香りや風味が左右されるため、とても大切な工程なのです。その焙煎を行う際に使用されるのが焙煎機です。コーヒー豆を焙煎するために必要な焙煎機には、家庭用・業務用の2タイプあります。家庭用は、小型のものから大型のものまで幅...

コーヒーマニアの方や、半職業的な方なら「小型の焙煎機」ではちょっと物足りないかも知れません。その場合、サンプルロースターに冷却装置が取り付けられた「大型の焙煎機」がお勧めです。ここまで大型の焙煎機になると価格帯もはっきり分かれています。手回しのサンプルロースターならば40,000円前後で購入できます。それにモーターが付属すると150,000円~300,000円となります。排気装置とダンパーが付属さ...

コーヒー豆の焙煎方法を自宅で実践するには、どうすれば良いのでしょうか?自宅でお手軽に焙煎をする場合、「煎り網タイプ」や「小型の手回しタイプ」がおススメだという話は前述しましたね。特に、初めて焙煎を行う方は「煎り網タイプ」を購入される場合が多いと思います。ちなみに、「家庭焙煎 炒りたて名人」は、初心者でもカンタンに焙煎が行える大人気商品です。自宅でコーヒー豆の焙煎を行う場合、いくつか注意点があります...

自宅で行うコーヒー豆の焙煎方法、やり方をご紹介します。初心者の方は、基本的なコーヒー豆の炒り方から学んだ方が良いでしょう。自動で行えるものもたくさんありますが、まずは基本が大切です。そこで、誰でもカンタンにコーヒー焙煎が行える「家庭用焙煎機いりたて名人」による方法をご紹介します。

コーヒー豆の焙煎方法や注意点、コツなどについて書いてきましたが、いかがだったでしょうか?初めてコーヒーの焙煎に挑戦する方にとっては、耳慣れない言葉もあったことでしょう。しかし、逆にそれが、コーヒーを焙煎する上で、興味深いポイントでもあるかと思います。ただ、そうは言ってもやはり言葉が分からないことには、なかなか先へも進みづらいです。そこで、少し、コーヒーの焙煎用語を補足として説明します。

コーヒーには、大きく分けると「浅煎り・中煎り・深煎り」の3種類が存在します。これらはコーヒー豆のロースト度合によって決められており、それぞれ特徴があります。まずは、浅煎りから入って行きましょう。「ライトロースト」と「シナモンロースト」の2種類についてご説明します。

では、「中煎り」と呼ばれる焙煎度についてご説明します。中煎りは、もっともポピュラーな焙煎度となりますので、しっかりと覚えるようにしましょう。あなたがコーヒー屋さんへ行って、一番良く飲むローストと思って間違いありません。中煎りには、「ミディアムロースト」と「ハイロースト」、そして「シティロースト」の3種類があります。

最後に、「深煎り」と呼ばれる焙煎度についてご説明します。深煎りには、~フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンローストの3種類があります。コーヒー通と呼ばれる方々に、深煎りはとても人気が高いです。それでは、詳しくご説明しましょう。