コーヒー豆が膨らまない原因はなに?

コーヒー 膨らまない

 

コーヒーを入れる時にコーヒー豆が膨らまないと悩んでる方は多いですよね。

 

 

買ったばかりのコーヒー豆なのに膨らまない。

 

お店で入れてもらうとコーヒー豆の泡がこんもりなのに、家ではそうならない。

 

 

ハンドドリップの泡立ちを楽しみにコーヒーを入れ始めた方にとっては、本当にガッカリな光景ですよね。

 

じゃあ、どうしてそんなことが起きてしまうのでしょうか?

 

 

ここでは、そんなコーヒー豆が膨らまないと悩んでいる方に向けて、原因や対処法について書いて行きます。

 

これを知れば、膨らまないコーヒー豆の悩みはなくなりますよ!

 

コーヒー豆が膨らまない!泡が出ないのは豆の鮮度の問題?

コーヒー豆 古い

 

コーヒー豆が膨らまない時、一番に浮かぶ原因がコーヒー豆が古いということです。

 

 

豆が膨らまないのは、コーヒー豆に含まれる炭酸ガスが抜け切っている状態。

 

ドリップなどでコーヒーを入れる時に勢いよく出る泡は、コーヒー豆に溜まった炭酸ガスが、お湯の温度によって噴き出している姿なのです。

 

 

しかし、焙煎したコーヒー豆は、空気に触れることによって徐々に酸化をはじめ、炭酸ガスも抜けて行きます。

 

それを長い間放置すれば、お湯をかけても炭酸ガスが出ずにコーヒー豆は膨らまないのは、当たり前のことなんですね。

 

 

本来は、コーヒー豆が噴き出るガスは「新鮮さの証」です。

 

しかし、コーヒー豆が膨らまないのは「古さの証」なんですね。

 

 

コーヒー豆が膨らむのは蒸らしでよく分かる?

 

ちなみに、コーヒーをドリップする時に「蒸らし」を行うとコーヒー豆の鮮度がとてもよく分かります。

 

 

鮮度の良いコーヒー豆は、第一投目のお湯を注ぐと、ふっくらとハンバーグのように丸く盛り上がるような膨らみが現れます。

 

もちろん、コーヒー豆の焙煎の深さによって膨らみ方は違いますが、鮮度の良いコーヒー豆はまちがいなく良く膨らむのです。

 

 

しかし・・・

 

買った時には新鮮だったはずのコーヒー豆が膨らまないなんてケースも確かに存在します。

 

これって一体なぜなのでしょうか?

コーヒー豆が膨らまない!新しいはずなのにどうして?

コーヒー豆膨らまない疑問

 

新しいコーヒー豆を買ったはずなのに膨らまないってどういうことでしょうか?

 

大きく分けると、3つ原因が考えられます。

 

 

コーヒー豆を「粉の状態」で購入している

 

コーヒー豆を、お店のコーヒーミルで挽いてもらって購入する方は多いですね。

 

新しいコーヒー豆を買ったのに膨らまないという人は、まずはこの点をちょっと見直してみましょう。

 

 

たとえ新鮮なコーヒー豆を購入しても、ミルで挽いてから家で保存すると、豆はすぐに膨らまなくなります。

 

なぜなら、コーヒー豆と粉では、その劣化スピードがまったく違うからです。

 

 

コーヒーの劣化スピードの差は、豆の場合と粉の場合の表面積の差にあります。

 

だから、豆と粉だと空気に触れる面積が大幅に違うため、酸化するスピードが圧倒的にちがうのです。

 

 

豆の状態ならキチンと保存すれば1カ月くらい鮮度を保てるのに、粉の状態になると2日と持ちません。

 

コーヒー豆を新しく買っても、粉の状態にしてしまえば豆が膨らまなくなっても仕方がないのです。

 

 

コーヒー豆の保存状態が悪い

 

コーヒー豆の保存状態が悪くて、豆の劣化が早くなっているケースは結構あります。

 

新しいコーヒー豆を買ったのに膨らまないという方は、キチンと密閉された容器で保存しているかどうかをチェックしてください。

 

 

ちゃんと保存しているつもりが空気漏れを起こしていた。

 

これでは、豆のままで新しいものを買って来ても、どんどん劣化が進んでしまいます。

 

 

あと、そもそも密閉容器に入れようともしない方もいらっしゃるんですよね。

 

要するに、購入した時にコーヒー豆が入っていた袋に、そのまま輪ゴムやセロテープを貼りつけて使っている人ね。

 

自分が思っているよりも、ガス漏れってけっこう激しいんですよ。

 

なので、コーヒー豆は、必ず密閉容器で保存するようにしましょう。

 

 

新しいと思っていたコーヒー豆が実は古かった

 

お店がズルをしたという話ではありませんよ(笑)

 

 

たとえば、みなさんがコーヒ豆を購入するのって、だいたいスーパー、デパート、コンビニのような量販店ですよね?

 

その場合、コーヒー豆が半年も1年も放置されているケースは珍しくありません。

 

 

あ、ちなみに誤解のないようにお伝えすると、これは量販店が悪いという話ではありません。

 

日本の「消費期限」の決め方に問題があるのです。

 

 

コーヒー豆のおいしく飲める期間というのは、本来なら1か月がイイところです

 

しかし、日本におけるコーヒー豆の消費期限は12カ月とか、酷い時は36カ月なんて書いていたりします。

 

 

すると、量販店としては長い間倉庫に寝かせても問題ないため、たくさん仕入れて在庫しておくのです。

 

大量仕入れの方が、コストダウンが出来ますからね。

 

 

その結果、お店に並ぶ時にはすでに古いコーヒー豆になっていたりするのです。

 

 

じゃあ、どうすれば良いのでしょうか?

コーヒー豆が膨らまない時にはどうする?

コーヒー豆 膨らまない 不味い

 

「コーヒー豆が膨らまない=コーヒーがマズイ」

 

・・・ということですので、コーヒー好きにとって、これは放っておけない状況ですよね。

 

 

じゃあ、コーヒー豆が膨らまない場合は、どう対処すれば良いのでしょうか?

 

 

もう言うまでもありませんよね。

 

ズバリ!鮮度の良いコーヒー豆を入手すれば良いのです。

 

 

そのためにできることとしては、地元で自家焙煎のコーヒー豆を売っているお店を探すのが早道でしょう。

 

それも、お客の回転が良い方がコーヒー豆は新鮮なので、そういうお店を探すことが大切です。

 

 

しかし・・・

 

「いろいろ探してはみたけど、なかなか良いコーヒー豆屋さんが見つからない!」

 

・・・という場合だってあるでしょう。

 

 

一見良さそうに見えても、中には質の悪いコーヒー豆を提供しているお店もあります。

 

それを、外から見分けるためには、何回かそのお店でコーヒー豆を買ったり、ある程度の経験を積む必要がありますから、けっこう大変です。。

 

 

そこで、私がおススメしたいのが、珈琲きゃろっとという世界が認めたコーヒー鑑定士がいるお店です。

 

 

実は、私がこのお店を選んだのには、理由があります。

 

 

まずは、コーヒー豆の鮮度に徹底的にこだわっているということ。

 

 

本当にこだわっているかどうかは、コーヒーを淹れてみれば、一発で分かります。

 

このお店のコーヒー豆は、淹れる時に吹き上がって来る「泡の勢い」が違うのです。

 

 

こんな感じです^^
↓ ↓
コーヒー豆 膨らむ

 

もう、豆の古さでコーヒー豆が泡立たない・膨らまないなんて悩む必要はありませんよ。

 

飲んだ時の芳醇で豊かな香り、ほんのり甘みのあるコーヒーの味わいも絶品です。

 

 

普通のコーヒー好きの方はもちろん、コーヒー通の方でも「う~たまらない!」と、思わず声をあげちゃいます。

 

今なら、お試し価格で手に入れられますし、ナント!驚くことに全額返金保証付きなんですよね。

 

ただ、こういうキャンペーンっていつ終わるかが分かりません。

 

なので、私のように、おいしいコーヒー豆を損せずに試したいという方は、今のうちに是非チェックしておいてくださいね!

 

大人気の【送料無料】お試しセット!コーヒー通の豆専門店はこちら

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク