デカフェコーヒーが健康に良いかどうか気になる方へ

デカフェコーヒーは健康に良い?妊婦が飲んでも大丈夫なの?

 

最近、デカフェコーヒーという名前を耳にしますよね。

 

このデカフェコーヒーは健康によいといわれていますが、本当なのでしょうか?

 

 

カフェインの含有量が少ないコーヒーなので、摂取を制限されている人や健康志向の人が好んで選んでます。

 

しかし、含有量が少ないと言われても、デカフェコーヒーのことをよく知らない人もいることでしょう。

 

 

また、飲み物に気をつかう妊婦さんにどうなのか?は、気になるところです。

 

 

そこで、今回はデカフェコーヒーは健康に良いのか?妊婦さんも安心して飲めるのか?等について詳しくお伝えしていきます。

 

 

気になるデカフェコーヒーの味や、おすすめも紹介しますので楽しみにお読み下さいね!

 

デカフェコーヒーとは?健康に良いって噂はホントなの?

デカフェコーヒーは健康に良い?妊婦が飲んでも大丈夫なの?

 

デカフェコーヒーとは「カフェインを人工的に抜いたコーヒー」のことです。

 

カフェインが抜かれたコーヒーなので、健康に良いといわれているわけですね。

 

 

オーガニックやマクロビオティックなど健康志向の高まりも、デカフェコーヒーの名前を有名にしたのかも知れません。

 

 

また、もともと、古くからお茶文化がある日本人は、カフェインを多く取る傾向があるので、それを気にされている方もいますよね。

 

それも、デカフェコーヒーが注目されるきっかけになった可能性はあるでしょう。

 

 

しかし、デカフェがどんなコーヒーなのかの詳細については、あまり知られていないと思います。

 

 

デカフェコーヒーは、コーヒーの生豆から水や二酸化炭素を使い、安全面に配慮してカフェインを抜いているコーヒーです。

 

おおむね健康志向の高いヨーロッパでの評価は高いです。

 

 

そのため、ヨーロッパではカフェインの含有量が豆だと0.2%以下、インスタントでは0.3%以下という基準が決められています。

 

 

ただ、日本では明確な基準がありません。

 

カフェインレスは公正競争規約で「含有量は10%以下」のため、デカフェコーヒーに含まれるカフェインは1~10%と幅があるのです。

 

 

それでも、カフェインの含有量が通常のコーヒーよりも非常に少なく、カフェインの摂取量が気になる人はデカフェやカフェインレスがおすすめですね。

 

 

ただ、マイナスイメージを持たれやすいカフェインは、眠気覚ましや気分転換などの効果が欲しい時には、とても魅力的ではあります。

 

 

しかし、その一方で、世の中には、カフェインの摂取を控えなくてはいけない人も多いから困ってしまいます。

 

  • 貧血
  • 血流の悪さ
  • 胃痛
  • 不眠
  • 肌荒れ

などの悩みがある方で、カフェインはNGだけど、コーヒーは飲みたい!となる方はとても多いんですね。

 

 

まあ、そんな流れもあって、カフェインの含まれていない「デカフェな飲み物」が広まっているのでしょう。

 

 

ちなみに、カフェインの摂取量は1日に300mgまでが目安といわれています。

 

 

現代人は、コーヒー以外にもお茶類を飲むことも多いですから、カフェイン接種を抑えられるデカフェは、とても健康的な飲み物だと言えるでしょう。

 

 

特に、カフェイン摂取を避けたい妊婦さんには、さらにデカフェは頼もしい存在に映ると思います。

 

 

ただ、やはり妊婦さんにとって気になるのは、デカフェコーヒーの健康に対する影響ですよね。

 

 

デカフェコーヒーは、妊婦さんが飲んでも大丈夫な飲み物なのでしょうか?

 

続いて見て行きましょう。

 

デカフェコーヒーは妊娠中に飲んで大丈夫なの?

デカフェコーヒーは健康に良い?妊婦が飲んでも大丈夫なの?

 

結論的には、デカフェコーヒーは妊娠中でも安心して飲めるコーヒーと言われています。

 

 

その理由として、デカフェコーヒーが妊娠中にNGのカフェインを豆の段階で人工的に抜いていることがあげられます。

 

 

カフェイン抜きのデカフェコーヒーなら、妊婦さんも安心して飲めるわけですね。

 

 

じゃあ、妊婦さんは、なぜカフェイン接種をひかえなければならないのでしょうか?

 

 

実は、妊娠中のカフェインは1日100mgを超えると、胎児に悪影響を及ぼすという研究があるからです。

 

 

胎児は、大人に比べて代謝機能が未熟。

 

その上、胎盤からダイレクトにカフェインが届くため、コーヒーは制限すべき飲み物となるのです。

 

 

通常のドリップコーヒー1杯のカフェイン含有量が135mgと聞けば、妊婦さんならコーヒーを我慢しようと意識しますよね?

 

 

しかし、通常ならOKなコーヒーが妊娠中にNGと言われれば、結構つらく感じることもあるでしょう。

 

 

そんなとき、カフェインをコーヒー豆から抜いたデカフェコーヒーを飲めば、妊婦さんもホッとできると思いませんか?

 

 

「コーヒーは我慢」とイライラして、かえって悪い影響があるくらいなら、デカフェで安全にコーヒーを楽しんでくださいね。

 

 

最近では、カフェインレスに注目が集まり、生豆の販売店でも「デカフェコーヒーの生豆」を販売しています。

 

 

ちなみに、スタバでは有料で「ラテをデカフェで」といったカスタマイズもできます。

 

なので、ミルクを豆乳にするのと同じ感覚で頼むと良いと思いますよ。

 

 

また、出産後も、母乳の時期にデカフェコーヒーを選べば、赤ちゃんへのカフェインの影響を気にしなくてすみそうですね。

 

 

ただ、そんな妊婦さんに安心なデカフェコーヒーでも、注意しなくてはいけないことはあります。

 

 

それはズバリ!「体重増加」です。

 

 

デカフェコーヒーにミルクや砂糖、シロップをたっぷり入れて飲めば、カフェインの心配はなくても体重増加の引き金にはなります。

 

 

そのままのデカフェコーヒーを楽しめれば良いのですが、どうしてもフワフワのクリームやミルクが欲しい時ってありますよね。

 

 

そんな時は、入れるミルクを豆乳や無脂肪乳にしたり、砂糖はカロリーオフやシュガーレス甘味料等を使うと良いかも知れません。

 

 

ところで、デカフェが妊娠中の心強い味方になってくれることは分かりましたが、味はどうなのでしょうか?

 

 

・・・というのも、ちまたではデカフェコーヒーは不味い!という人がいるのも事実だからです。

 

 

では、デカフェコーヒーって不味いのか?美味しいのか?

 

続いて見て行きましょう。

 

デカフェコーヒーは不味い?うまい?本当はどっちなのか

デカフェコーヒーは健康に良い?妊婦が飲んでも大丈夫なの?

 

デカフェコーヒーは不味いという話を聞いたことがありませんか?

 

 

もちろん、飲んだ感想は人それぞれなので、そう思う人もいるかもしれません。

 

 

でも実際に飲んでみたデカフェコーヒーは「え?カフェインレス?」思ってしまうほどハイクオリティな味でしたよ。

 

 

「デカフェコーヒーが不味い」

 

という噂は、もしかしたら、ほかのカフェインレスコーヒーといわれるものの評価が混ざってしまったのかもしれません。

 

 

たとえば、タンポポの根を焙煎したタンポポコーヒーや、大麦やライ麦、チコリなどを粉末にした「穀物コーヒー」はカフェインレスコーヒーといわれています。

 

 

両方ともコーヒーの生豆は使っていないのに、コーヒーの代用として飲まれ健康的なカフェインレスコーヒーとして紹介をされてきましたよね?

 

 

ただ、コーヒー好きな人にとっては、やはりそれはコーヒーではない。

 

そんなカフェインレスコーヒーに、期待外れな印象を持ったことで不味いと思ったとも考えられます。

 

 

しかし、デカフェコーヒーはコーヒーの生豆から水や二酸化炭素を使って、カフェインを抜いた「コーヒー豆のコーヒー」。

 

つまり、コーヒーであることにかわりはないのです。

 

 

デカフェコーヒーは、そういう意味でも他のカフェインレスコーヒーとは、一線を画すと言って良いでしょう。

 

 

また、生豆のあつかいが丁寧な焙煎店のデカフェは、豆の焙煎具合を深くしたりコーヒー農場を厳選された「美味しいデカフェコーヒー」です。

 

 

その場合、デカフェのためにいろいろな工夫がされているので、味にも信頼がおけます。

 

 

もしも、おいしいデカフェコーヒーに出会いたいと思うなら、コーヒー専門店に相談するとハズレることは少ないでしょう。

 

美味しいデカフェコーヒーに出会うために、専門家と触れ合うのも楽しいですよ。

 

 

ただ、なかなか専門店が見つからないという方もいるでしょう。

 

そんな方のために、最後におすすめのデカフェコーヒーをご紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

デカフェコーヒーのおすすめ!2つのポイントが重要?

デカフェコーヒーは健康に良い?妊婦が飲んでも大丈夫なの?

 

まず、良いデカフェコーヒーを選ぶためは、以下の2つのポイントが重要です。

 

 

味・酸味・コク・苦味といった特徴で選ぶ

 

コーヒーの味は4つの特徴があり、それぞれ好みがわかれます。

 

 

デカフェコーヒーは、生豆から作られています。

 

なので、コーヒー同様この特徴から自分だけの美味しい味を見つけましょう。

 

 

デカフェコーヒーのカフェイン除去方法を確認する

 

デカフェコーヒーのカフェイン除去方法は2種類。

 

  • 有機溶剤を使う
  • 有機溶剤を使わない

で分かれます。

 

 

有機溶剤は体に影響はないとはいわれていますが、化学などの専門の知識がないと気になると思います。

 

なので、カフェインの除去方法が明確なものを探すと安心ですよ。

 

 

では、これらことを踏まえながら、おすすめのデカフェコーヒーを2つご紹介しますね。

 

 

<辻本珈琲カフェインレスコーヒーデカフェコロンビア>

 

まず、ご紹介するのは辻本珈琲のデカフェコロンビアです。

 

 

甘くクセのないコーヒーらしい味があって香りも高い。

 

その上、サラっとした口当たりの中にもコクと余韻が楽しめるデカフェコーヒーです。

 

 

香りとコクでも、普通のコーヒーと変わらないと評価されています。

 

 

<オーガニックカフェインレスコーヒーグッドナイトドリップ>

 

2つ目は、オーガニックカフェインレスコーヒー「グッドナイトドリップ」です。

 

 

このデカフェは、酸味とコーヒーらしいフルーティーな味わいが感じられ、後味もイヤ味がありません。

 

さらに、ほど良い苦味が楽しめるおいしいデカフェコーヒーです。

 

 

酸味と苦味というコーヒーの特徴をバランスよく感じられるデカフェコーヒーと評価されています。

 

 

この他にも、インスタントではネスカフェやモンカフェ、UCCがカフェインレスという商品名でデカフェコーヒーを販売しています。

 

 

インスタントコーヒーの大手が出すデカフェコーヒーなら手に入りやすいですよね。

 

 

また、自然食品店ではデカフェコーヒーの取り扱いも豊富なので、こういった説明を元に自分だけのデカフェコーヒーが見つけるのも楽しいでしょう。

 

 

ネット購入など、手に入れる方法も情報豊富な時代です。

 

 

いろいろなデカフェコーヒーを試してみて、自分に合う逸品を選ぶと楽しいですよ!

 

 

さて、デカフェコーヒーについていろいろとお伝えしましたので、最後におさらいをしましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、デカフェコーヒーについてお伝えしました。

 

 

デカフェコーヒーとは人工的にカフェインを抜いたコーヒーのこと。

 

健康志向の人や、カフェインが気になる方に選ばれています。

 

 

妊婦さんも楽しめるコーヒーなので飲んでほしいですが、ミルクやホイップは控えめに。

 

 

デカフェが不味いという話は、飲んだ印象としては「カン違いかな?」と思います。

 

おいしいデカフェコーヒーに出会うために、専門店を選ぶことも大切です。

 

 

デカフェコーヒーの選び方やおすすめについてもお伝えしました。

 

 

コーヒーは好きだけどカフェインが気になる方は、ぜひデカフェコーヒーを飲んでみてくださいね!

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク