コーヒーを水筒に入れて持ち歩きたい!でも・・・

コーヒーの水筒

 

自分で入れたコーヒーを外出先でも美味しく飲みたい!

 

・・・ということで水筒にコーヒーを入れて持ち歩く方って多いと思います。

 

 

ところが、せっかく水筒に入れたコーヒーが、ま・・・まずい!

 

さらに、水筒にも匂いがついてしまって取れない!

 

な~んてことになって悩んでいる方は、かなりいらっしゃることでしょう。

 

 

でも、ご安心ください。

 

そんな悩みは、一気に吹き飛ばしちゃいましょう!

 

 

今回は、コーヒーの水筒の入れ方や美味しさを長持ちさせる方法、水筒選びのコツまでご紹介していきます。

 

コーヒーの水筒はまずい?匂いも取れなくなるってホント?

コーヒーの水筒はまずい?

 

コーヒーを水筒に入れたことがある人は経験していると思いますが・・・

 

水筒にコーヒーを入れると、あの良い香りが、いつの間にか「不快な匂い」に変わってたりしますよね。

 

つまり、まずい!

 

 

私も経験ありますが、初めての時はとてもショックでした。

 

水筒の蓋を開けて「美味しいコーヒーの香り」を期待してたのに、不快な匂いが鼻の中一杯に広がったのです。。。

 

 

さらに、香りだけではなくて、味にまで影響していました。

 

飲んで見ると、酸化したような「酸っぱい味」がするんです!

 

 

水筒に入れてから、そんなに時間が経っていないのに、酸っぱいんですね。

 

香りも味も、もはや時間の経った酸化したコーヒーになってました(汗)

 

 

自宅で入れた時は美味しいコーヒーだったのに、水筒に入れただけで、あれほどまでに不味くなるのは悲しすぎますよね。

 

 

しかも、コーヒーを入れた水筒を持ち帰って、洗ってみると、今度はコーヒーの匂いが付着して取れない。

 

何回も洗っても、コーヒーの匂いってなかなか取れないんです。

 

 

「あぁ~・・・何でコーヒーを水筒に入れてしまったんだぁ~」

 

なんて後悔をしてしまった方もいると思います。

 

 

では、どうして水筒にコーヒーを入れると、あれほど美味しくなくなるのでしょうか?

 

実は、それには明確な理由があったんです!

 

 

コーヒーが劣化して美味しくなくなる原因は、温度差と空気

 

水筒に入れることで、この2つの条件が満たされてしまい、通常よりも酸化するスピードが速くなるのです。

 

 

これは、非常に厄介ですよね・・・。

 

 

自宅で作ったコーヒーを外出先で飲むときには、どうしても水筒の力が必要です。

 

でも、香りや味もが酸化した状態になるのでは、コーヒーを飲みたい気持ちにはなりませんよね?

 

 

じゃあ、どうしたら、水筒でも美味しく飲めるのでしょうか?

 

 

じつは、少しの工夫でコーヒーの美味しさを保つことができるんです。

 

ご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

コーヒーを水筒に入れたい!入れ方はどうしたら良いの?

コーヒーの水筒の温度

 

まず、コーヒーが酸化してまずくなる原因の1つは、「温度差」です。

 

 

実は、コーヒーって温度が10℃下がると、酸化が半分以上進行してしまいます。

 

 

ホットコーヒーが美味しく感じる温度は60℃前後なので、本来ならこれくらいの温度をキープしたいところ。

 

しかし、酸化を防ぐためには少し温度を下げてから水筒へ入れることが大切なんです。

 

 

コーヒーを入れた時よりも温度を少し下げることによって、水筒に入れた時にコーヒーの酸化を抑えることが出来るんですよ。

 

 

「コーヒーはアツアツがいい!!」という方は、ここはグッと我慢しましょう。

 

水筒にコーヒーを入れるときには、少し冷ましてからにしてくださいね。

 

 

そして、2つ目の原因である「空気」について見て行きましょう。

 

空気と書きましたが、要するにコーヒーを酸化させるのは「酸素」ですよね。

 

 

なので、コーヒーを水筒に入れた際、できる限り酸素に触れさせない環境を作ることが大切です。

 

 

じゃあ、そのためにはどうすれば良いのか?

 

とてもカンタンなことです。

 

 

コーヒーを水筒に入れるときに酸素を追い出す!

 

つまり、水筒のギリギリのところまでコーヒーを入れてあげれば良いのです。

 

 

そうすれば、蓋(ふた)を開けるまでは、ほとんど酸素に触れません。

 

なので、コーヒーの酸化スピードをかなり遅らせることが出来ますよ。

 

 

ただし、外出先で水筒を開けたあとは、できる限り早く飲みましょう!

 

そうしないと、酸化スピードは上がってしまいますから、注意してくださいね。

 

 

それと、コーヒーを水筒で持ち歩く時に、お砂糖もミルクも入れておきたい!という方は多いと思います。

 

コーヒーの水筒

 

・・・が!これについては、必ず「ブラック」で入れてください!

 

 

なぜなら、砂糖やミルクを入れることで、コーヒーの劣化スピードが上がってしまうからです。

 

 

特に、ミルクは、長期保存に向かいないため、腐敗の原因になってしまいます。

 

腐敗したミルクと酸化してしまったコーヒーの相性は、最悪です。

 

 

どうしても、ブラックコーヒーが苦手な方は、水筒に入れるのはコーヒーだけにして、ミルクは別に準備してください。

 

 

水筒にコーヒーを入れておくことは、いろんなところに注意が必要で「大変だ!」と思う方もいるかも知れません。

 

でも、ちょっとしたことを意識するだけで、外出先のコーヒータイムが充実しますので、ぜひやってみてくださいね。

 

 

ところで、先ほど「温度」によって水筒のコーヒーがまずくなるという話をしたので、アイスコーヒーってどうなの?と思われた方もいるでしょう。

 

 

そこで、次はアイスコーヒーを水筒に入れたときに、どのくらい長持ちするのかをご紹介しましょう。

 

コーヒーの水筒!アイスは美味しさは長持ちしやすいの?

コーヒーの水筒でアイスコーヒー

 

実は、水筒にコーヒーを入れるときにはアイスコーヒーはおすすめ!

 

なぜなら、ホットコーヒーとは違い、アイスコーヒーは冷えた状態なので酸化するスピードは遅いからです。

 

水筒にコーヒーを入れる時は、どちらかというとホットよりもアイスの方が向いてるんですね。

 

 

では、水筒のアイスコーヒーをさらに美味しくする方法を教えちゃいましょう!

 

 

まず、アイスコーヒーは通常のコーヒーよりも濃いめに入れます。

 

これは、濃くすることによって、氷を入れたときに丁度よくなるからです。

 

 

次に、水筒に氷とコーヒーの割合は1:1で入れましょう。

 

そして、前述したように、できる限り酸素を追い出すために、水筒のギリギリまでコーヒーを入れてあげてください。

 

ハイ!これで完璧です。

 

 

ただ、アイスコーヒーは水筒で酸化しづらいと言いましたが、あくまでもホットコーヒーと比べたらというお話です。

 

なので、早めに飲むことは忘れないようにしてくださいね。

 

 

ところで、コーヒーを水筒に入れても美味しく飲めることがわかると、今度は水筒を選びたくなってきませんか?

 

 

実際、今どきの水筒はとてもオシャレだったり、機能が良かったり、魅力にあふれています。

 

 

では、どんな素晴らしい水筒があるのか、コーヒーを入れることを前提にランキング形式でご紹介していきます!

コーヒーの水筒でおしゃれなのは?ランキングでご紹介!

今の時代、本当にいろんな水筒が販売されていますよね。

 

どんな水筒がコーヒーに合うのか、さっそくご紹介します!

 

 

まずは、第5位!

 

SEDETERの「ステンレス製タンブラー500ml」です。

ファッション性に優れており、蓋に取っ手がついているので持ち運びに最適な水筒です。

 

二重構造になっているので、保温・保冷にも優れています。

 

カフェタイムをオシャレにしたい方にはおすすめの水筒ですよ。

 

 

続いて第4位!

 

シービージャパンの「カフアコーヒーボトル420ml」です。

こちらの水筒はサビや汚れに強いので、気になるコーヒーの酸化した不快な匂いを残しません。

 

ステンレス製で洗いやすい作りになっています。

 

手になじみやすく、持ちやすいので重宝する水筒ですよ~。

 

 

では、トップ3の発表です。

 

第3位!

 

パール金属の「ステンレスマグボトル500ml」です。

保温性に優れ、65℃以上を6時間キープすることができます。

 

また、飲み口が柔らかい素材なので飲み口がなめらかですよ~。

 

アイスコーヒーを入れたときの氷が落ちづらいので、アイスで飲むときもストレスを感じることなく飲むことが出来ます。

 

 

続いて第2位!

 

タイガー魔法瓶の「ステンレスタンブラー」です。

こちらの水筒は、360mlと480mlの2つの大きさが選べます。

 

普段自分が飲むコーヒーの量によって、水筒の大きさが選べるので助かりますよね。

 

蓋はロック付きで、ワンプッシュで蓋が開く作りなのも魅力的です。

 

さらに、汚れが残りやすい蓋は分解して洗うことが出来るので、衛生面が気になる方にはおすすめですよ。

 

もちろん保冷・保温性にも優れていますよ!

 

 

さあ、ではいよいよナンバー1の発表です。

 

どんな水筒なんでしょうか~ワクワクしますね。

 

 

第1位はこちらです!

 

じゃ~ん!!

 

サーモスの「真空断熱ケータイマグ」です。

こちらの水筒のすごいところは、保冷・保温性がとても優れているところです!!

 

シンプルなデザインで、どんな場面にも合いますよ。

 

保冷は10℃以下で6時間、保温は68℃以上で6時間と温度をキープすることができるんです。

 

 

そのため、ホットコーヒーを水筒で・・・と考えている方にもピッタリです!

 

寒い冬には暖かいコーヒーを、暑い日には冷たいコーヒーを飲めるとうれしいですよね。

 

 

ステンレス製で結露もしないので、デスクワーク時にも重宝します。

 

さて、ざざっと第5位から第1位までのコーヒー水筒をご紹介しましたが、あなたの好みのものはありましたか?

 

 

ステキなオリジナル水筒を見つけて、ぜひ外出先でもコーヒーを楽しんでくださいね。

 

 

では、コーヒーの水筒についていろいろお話しましたが、最後におさらいをしましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、コーヒーを水筒に入れることについて説明しました。

 

 

でも、水筒にコーヒーを入れると酸化した匂いや味になってしまうから、どうにかしたい!

 

・・・ということで、コーヒーの劣化を防ぐ方法をお伝えしましたね。

 

 

アイスコーヒーは、ホットコーヒーよりも水筒に向いていると言えます。

 

 

今の水筒は画期的で、保冷・保温性に優れているものが多くありましたね。

 

 

ぜひ、自分好みの水筒で、外出先でも美味しくコーヒーを飲んでくださいね!

 

私も相棒の水筒を持って、今日もお出かけしてきます!

 

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク