コーヒーのドリップポットを使っていますか?

コーヒーのドリップポット

 

コーヒーを入れる時に、ヤカンで入れる方もいますが、ちょっとこだわって来るとドリップポットに目が行くようになりますよね。

 

 

私も自宅でコーヒーを楽しむ時は、ドリップでコーヒーを入れています。

 

なので、コーヒードリップポットは、大活躍していますよ。

 

 

美味しいコーヒーをドリップで入れる時、不可欠とも言えるのがこのドリップポット。

 

ただ、初心者の頃は、どんなものを選べば良いのか迷いますよね。

 

 

そこで、今回は、あなたにも知ってほしいコーヒードリップポットの選び方や使い方、おすすめのポットまでご紹介しちゃいます!

 

コーヒーのドリップポットが必要なのは何故?

コーヒーのドリップポット疑問

 

ところで、どうしてコーヒーを入れるのにドリップポットは必要なのでしょうか?

 

ヤカンじゃダメなのか?って気になるところではあります。

 

 

ドリップコーヒーを入れるときに、コーヒー豆の入ったフィルターにお湯を注いでコーヒーを抽出しますよね?

 

その時に、できるなら美味しいコーヒーが抽出されることを願いながらお湯をかけるかと思います。

 

 

しかし、コーヒーはとてもデリケートなので乱暴にお湯をかけられると美味しくなくなってしまいます。

 

そこで必要になって来るのが、「コーヒードリップポット」なんですね。

 

 

例えば、コーヒーをドリップで入れようとしたときに、お湯を勢いよくドボドボって注いでしまったことはありませんか?

 

ちなみに、私は過去に一度だけあります。

 

 

お恥ずかしながら、その時に使った道具は、電気ケトル。

 

だから、お湯を注ぐときの調節が出来ずに苦戦してしまいました。

 

 

ところが、コーヒードリップポットは、電気ケトルやヤカンとは違い、お湯の注ぐ量を細かく調整できるという優れもののポットなのです。

 

 

ドリップポット最大の特徴は、注ぎ口の形!

 

本体部分から、まるで鶴や白鳥の首を思わせるような細く長い形をしています。

 

コーヒーのドリップポット

 

その細く長く伸びた先から出てくるので、細く、安定した量のお湯が注げるわけですね。

 

また、注ぎ口が細く上向きなので、お湯の量の調整もしやすい作りになっています。

 

 

コーヒーをドリップする時に一番必要なのは、安定したお湯が細く長く注がれること。

 

注ぎ口が太いと、なかなか安定したお湯の量を注ぐことは出来ませんよね。

 

 

そのため、コーヒードリップポットのような注ぎ口が細いポットが必要なのです。

 

 

ちなみに、ドリップポットは通常のヤカンとは違いますので、お湯を沸かす道具としてはあまりおすすめではありません。

 

なので、コーヒーを抽出する時にお湯を注ぐドリップポットは、直火対応をしていないものもあります。

 

 

もちろん、種類によっては直火で使える物もありますよ。

 

しかし、沸騰した状態でコーヒーをドリップすると、苦みが強く出てしまうんですね。

 

 

コーヒーをまろやかな味に仕上げるには、お湯の温度が大切です。

 

なので、コーヒーを抽出する時の適温は、90~95℃の間だと覚えておきましょう。

 

 

具体的な使い方としては、ヤカンなどで沸かしたお湯を、コーヒードリップポットに移し替えて使うといいですよ。

 

移し替えている間に、お湯が少し冷めるのでコーヒーを抽出する適温になるわけです。

 

だから、温度計で測らなくても大丈夫なんですね。

 

 

自分のお気に入りのコーヒードリップポットがあると、コーヒーを入れるのがとても楽しくなりますよ。

 

 

でも、いろんなタイプのドリップポットがあるので、どれを選べばいいか、迷ってしまいますよね?

 

そこで続いては、選び方のポイントについてご紹介しましょう。

 

コーヒーのドリップポットの選び方

コーヒーのドリップポットの選び方

 

コーヒーのドリップポットの選び方は、とても大切です。

 

なぜなら、自分の好みやドリップの腕前で、使うべきタイプが変わって来るからです。

 

 

コーヒードリップポットの選び方のポイントは3つ。

 

  1. 材質
  2. 注ぎ口のタイプ
  3. 重さとお湯の量

 

選び方に3つの視点を持つことで、自分に合うものが見つけやすくなるので、ぜひ参考にしてくださいね。

 

まずは、材質からご紹介していきます。

 

 

 

1.ドリップポットの材質は?

 

コーヒードリップポットの材質には以下の3タイプがあります。

 

  • ステンレス
  • ホーロー

 

 

まず、ステンレスは、もっともスタンダードで丈夫ですし、落としても割れにくいという特徴があります。

 

種類も豊富にあるので、値段的にも入手しやすいものが多いと言えるでしょう。

 

 

ステンレス製のポットは、熱が伝わりづらく、お湯を沸かすタイプの場合は沸騰までの時間がかかってしまいます。

 

しかし、初めての方には使いやすいタイプなので、おすすめですよ。

 

 

続いて、ホーローは金属の表面にガラスの釉薬(うわぐすり)で加工された作りとなっていますので、表面に傷がつきやすいのが特徴です。

 

ドリップポットの選び方ホーロー

 

しかし、保温性には優れており、女性には嬉しいカラーバリエーションも豊富なので人気がありますよ。

 

キッチンのインテリアと合わせたい方には、ぜひ選んでいただきたいタイプです。

 

 

銅製は、3タイプの中で熱の伝導率が最も高いのが特徴です。

 

 

落としたりすると凹んでしまったり、手入れが悪いと錆(さび)が出来てしまうのでとってもデリケート。

 

しかし、コーヒー道具にこだわりたい方には、ぜひ一生ものとして愛用していただきたいタイプでもあります。

 

 

3タイプとも良さがあるので、実際に手に取って見てくださいね。

 

続いて、注ぎ口のタイプと形状について説明しましょう。

 

 

2.ドリップポットの注ぎ口とタイプは?

 

ドリップポットの注ぎ口には、以下の2つのタイプがあります。

 

  • 細口タイプ
  • 鶴口タイプ

 

細口タイプは、細い注ぎ口が特徴で、初心者の方にも使いやすいタイプです。

 

注ぎ口が細いことで、細く安定したお湯を注ぐことができるわけですね。

 

 

一方、鶴口タイプは、どちらかというと上級者向けのタイプ。

 

細口タイプに比べると、注ぎ口が太く短く上を向いているのが特徴です。

 

 

上を向いている先端によって、細口タイプよりもお湯を細く注ぐことができますが、ちょっとだけ調整が難しいんですよね。

 

鶴口タイプは、よく喫茶店ではプロの方が使っているタイプでもありますね。

 

ドリップポットの使い方

 

注ぎ口のタイプによってお湯の注ぎやすさが違ってくるので、自分のレベルに合わせて購入したほうがいいでしょう。

 

 

3つ目に、どのコーヒードリップポットにも言えることなのですが、重さとポットに入るお湯の量のことも考えて選びましょう。

 

 

 

3.ドリップポットの重さとお湯の量は?

 

重さというのは、ポットを持った時の重さのことです。

 

重いドリップポットを選ぶと、お湯を注いでいる時に手が疲れてしまい、お湯が「ドバッ」と注がれてしまうことがあります。

 

 

せっかくドリップポットを使っているのに、こんな悲劇は起こしたくありませんよね。

 

なので、ドリップポットを持った際、お湯が入ったときの重さも視野に入れて選びましょう。

 

 

次に、ポットに入るお湯の量というのは、コーヒーを飲む人数のことを言います。

 

 

毎日コーヒーを飲む人数が1人~3人だった場合は500ml~900ml。

 

3人以上の場合は900mlになります。

 

 

しかし、初めから大きいものは入れるときに大変なので、1人用のお湯の量のポットを買うことをおすすめします。

 

 

自分のコーヒーを入れるレベルが上達すれば、自分の好みのコーヒードリップポットを扱うことが出来ますよ。

 

ぜひ、今の自分に適したコーヒードリップポットを選んでくださいね~。

 

 

では、自分にあったドリップポットが分かったところで使ってみたいと思いますが、正しい使い方は知っていますか?

 

 

コーヒーのドリップポットは長く愛用するためにも、正しい使い方をしないと破損や劣化の原因になってしまいます。

 

 

ぜひ、正しい使い方を知って、ドリップポットと長いお付き合いをしてくださいね。

 

コーヒーのドリップポットの使い方!やってはいけない2つのポイントとは?

ドリップポットの使い方

 

コーヒードリップポットは、普通にヤカンのように直火で沸騰させられるタイプもあります。

 

ただ、それだと、ドリップには適さないことが2つあります。

 

 

1つ目は、ドリップポットの取っ手が熱くなりすぎて、持てなくなること。

 

ミトンなどで、熱さ予防をするのもありますが、滑ってしまう恐れがあるのでおすすめはできません。

 

 

2つ目は、お湯が沸騰した際に出るお湯の泡が、コーヒーをドリップする時に邪魔になる恐れがあります。

 

 

この2つの理由から、ドリップポットでお湯を沸かして使うことはおすすめでないのです。

 

 

なので、お湯を沸かすのはヤカンを使い、ドリップポットには、コーヒーをドリップすることに集中してもらうのが一番ですね。

 

 

では、さっそくドリップポットを使ったドリップコーヒーの入れ方をご紹介していきましょう。

 

 

ドリップポットによるコーヒーの入れ方

 

まず、フィルターの中のコーヒー豆の中心に「500円玉」くらいの大きさのお湯を、細く置くような気持ちで注ぎます。

 

ドリップポットの使い方

 

いきなりですが、ここで一つ注意点があります。

 

 

一投目のお湯は、コーヒーの粉全体にお湯を行き渡らせて、蒸らすことが目的です。

 

なので、間違ってもお湯を入れ過ぎて、そのままサーバーに落ちないようにしてください。

 

 

蒸らしというのは、あくまでも、コーヒー豆に「今から抽出するからね~」という声掛けをしている段階だと覚えておきましょう。

 

 

最初の、お湯を注いだら、コーヒー粉がお湯をふくんで膨らんできます。

 

 

そうしたら、中心が膨らんだ状態をキープしたまま、周りのコーヒー粉の表面にもお湯をかけて行きましょう。

 

この時も、コーヒーが抽出されないよう注意してくださいね。

 

 

コーヒー粉全体にお湯が行き渡ったら、30秒ほど蒸らします。

 

これでコーヒー粉がお湯が注がれる心の準備が整いました。

 

 

いよいよ、ここから細~く細~くでお湯を注いでいきますよ!

 

 

お湯の注ぐポイントは、「の」の字を描くようにすることです。

 

この時、フィルターの淵(ふち)にはお湯がかからないようにしてくださいね。

 

 

なぜなら、フィルターとドリッパーの間にお湯が入ってしまうと、コーヒー粉を通らないお湯が抽出されたコーヒーと混ざってしまうからです。

 

 

お湯を注ぐときには、ゆっくり優しく一定量を維持して注ぎます。

 

この時点で「コーヒーの味は8割決まる!」と言われているんですよ。

 

 

そして最後は、コーヒーの濃度調整になりますので、自分の好みの濃さになったらお湯を注ぐのをやめてください。

 

 

この時、コーヒー粉がくぼむ前にお湯を注ぐのをやめましょう。

 

 

これは、コーヒー粉がくぼむまでお湯を注いでしまうと、「アク」と一緒に雑味まで抽出されてしまうからです。

 

コーヒー豆の表面に浮いている泡は、ほとんどが「アク」なんですね。

 

 

このように、最後まで集中してドリップしてあげてくださいね。

 

 

コーヒードリップポットを使うことによって、ポイントとなるお湯の量の調整が上手くいくので、お店のようなコーヒーを入れることも夢じゃありませんよ。

 

 

お店のようなドリップコーヒーが自宅でもできるのは嬉しいものです。

 

どんなドリップポットでコーヒーを淹れようか悩みますよね~。

 

 

ところで、コーヒーのドリップポットには、とても有名なメーカーがあることを知ってましたか?

 

 

では、最後に、どのメーカーがおすすめなのか?と一緒に、有名メーカーのドリップポットについてもご紹介していきましょう。

 

ドリップポットのおすすめ!タカヒロやユキワはどう?

ドリップポットのおすすめ

 

コーヒーのドリップポットのメーカーで人気があるのはいろいろありますが、あえて選ぶとするなら、以下の2つが挙げられます。

 

  • タカヒロ
  • ユキワ

 

どちらのメーカーも特徴が異なるので、詳しくご紹介しますね。

 

 

まず、タカヒロのドリップポットは、作りがしっかりしているのに軽いのが魅力です。

 

ステンレス製で、持ち手も厚みがあるので、火傷の恐れもありません。

 

また、細口タイプの注ぎ口なので、お湯を注ぐときの安定感は抜群です。

 

ぜひ、初心者の方にはぜひ使っていただきたいメーカーです。

 

 

次に、ユキワのドリップポットですが、こちらは喫茶店などでよく見かける「鶴口タイプ」のポットです。

 

 

このポットはお湯の量を多く入れられるので、大人数でコーヒーを飲むときには重宝します。

 

 

持ち手も持ちやすく、ポットの蓋(ふた)も本体から外れないように工夫されています。

 

なので、ドリップにだけに集中することが出来ます。

 

 

ただし、鶴口タイプなので、細くお湯を注げますが、調整が難しいので初心者の方が使うのは大変かもしれません。

 

 

  • タカヒロ・・・初心者の方におすすめ
  • ユキワ・・・少しお湯の調整に慣れてきた方におすすめ

 

という感じでしょうか。

 

 

どちらのメーカーも美味しいコーヒーを抽出することにこだわっているので、どちらも使ってみたいと思われるかもしれません。

 

 

ただ、初めてドリップポットを使う方は、「タカヒロ」をおすすめします。

 

機会があれば、ぜひ一度はどちらのメーカーも手に取って比べてみてくださいね。

 

 

 

コーヒーのドリップポットは、持った時の感覚で選ぶことも多いので、実際に触ってみるのが一番ですよ。

 

 

さて、コーヒーのドリップポットについていろいろとお伝えしましたが、最後におさらいをしましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、コーヒーのドリップポットについてお伝えしました。

 

ドリップポットが必要な理由は、細く長くお湯を注げるので美味しいコーヒーを入れやすいことです。

 

 

選び方のポイントは3つ。

 

  1. 材質
  2. 注ぎ口のタイプ
  3. 重さとお湯の量

でしたね。

 

 

コーヒーを美味しくドリップする時のポイントは、お湯の注ぐ量を安定させること。

 

最後に、ドリップポットの代表的なメーカーとして、タカヒロとユキワをご紹介しました。

 

おすすめのメーカーも分かったところで、さっそく自分の相棒になるコーヒードリップポットを探しに行きましょう!

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク