コーヒーカップ高級ブランド ロイヤル・コペンハーゲン

コーヒーカップロイヤル・コペンハーゲンとは?

コーヒーカップの高級ブランドであるロイヤル・コペンハーゲン(Royal Copenhagen)陶磁器工房は、北欧の立法王国デンマークにあります。

 

ロイヤル・コペンハーゲンとは、デンマーク王室御用釜として設立された240年の歴史を誇る洋食器メーカーで、世界中の人々から愛されています。

 

日本でも、毎年の年末、「クリスマスプレート」「イヤープレート」と呼ばれる、特別製のお皿(プレート)が販売されていますよね。

 

きっと、なじみ深い方も多いことでしょう。

 

そんなロイヤル・コペンハーゲンの歴史とオススメのコーヒーカップをご紹介したいと思います。

コーヒーカップのロイヤル・コペンハーゲンの歴史について

ロイヤル・コペンハーゲンは、白と青の2色によって創造される高級感漂う「優雅なデザイン」が印象的です。

 

繊細かつ美しい絵付けは、創業当時からずっと変わらず、熟練の職人が1つ1つ手書きで行っています。

 

ロイヤル・コペンハーゲンは、その証として、食器の裏側にブランドマークアーティストのサインシェーブナンバーが入っています。

 

日本で古くから製造されている古伊万里染付の影響を強く受けたロイヤルコペンハーゲンは、鮮やかなコバルトブルーの絵柄が特徴です。

 

ロイヤル・コペンハーゲンは、1773年にフランツ・ヘンリック・ミューラー氏がデンマークで初めての硬質磁器の製作に成功しました。

 

その2年後の1775年には、クリスチャン7世とユリアナ・マリア王太后の援助によって、デンマーク王室御用釜となったのです。

 

その後、マリア王太后の働きかけで、ドイツの「マイセン」から優れた技術者を呼び寄せ、民間企業だったロイヤル・コペンハーゲンは、王立デンマーク磁器製陶所となりました。

 

1868年には、王室はロイヤルの称号を残すことを条件に民間人へブランドを売却し、現在では民間企業として現存しています。

コーヒーカップ高級ブランド ロイヤル・コペンハーゲン記事一覧

ロイヤル・コペンハーゲンのおすすめコーヒーカップ

ロイヤル・コペンハーゲンの特徴は、王冠と3本の鮮やかなコバルトブルーで描かれたウェーブラインです。この3本のウェーブラインは、デンマークを囲む3つの海峡を表現していて、王冠はデンマーク王室を意味しています。ロイヤル・コペンハーゲンの不朽の名作と言われる「フローラ・ダニカ」は、世界一高級なディナーセッ...

≫続きを読む