リチャードジノリのコーヒーカップとは?

コーヒーカップの高級ブランド「リチャードジノリ(Richard Ginori)」とは、イタリア最大の磁器洋食器メーカーです。

 

 

日本で使用されている洋食器の多くは、東ドイツからチェコを経由し、ハンガリーへと続く中東欧ヨーロッパで製作されているものが多いです。

 

 

そのため、古くからこの一帯では、マイセンやヘレンドなど、世界的に有名な陶磁器ブランドが存在しています。

 

上品で美しい食器を生み出せる「陶器の地」として知られているのです。

 

 

そんな中で、この陶器の地から外れたイタリアの有名な陶磁器ブランドが、この「リチャードジノリ」です。

 

 

今回は、コーヒーカップ高級ブランド「リチャードジノリ」の歴史と、オススメのコーヒーカップをご紹介します。

 

リチャードジノリのコーヒーカップの歴史って?

リチャードジノリの歴史は、今から280年ほど前にさかのぼります。

 

 

1735年、カルロ・ジノリ伯爵が、トスカーナにある自領ドッチァにて磁器釜を創設したのが始まりです。

 

 

ヨーロッパ地方は、1700年頃まで磁器を製作する技術や製法が確立されていませんでした。

 

そのため、日本や中国のような精巧かつ優美な磁器を製作するため、日夜試行錯誤を繰り返していました。

 

 

カルロ・ジノリ伯爵も、東洋の磁器に魅了された1人です。

 

 

鉱物学に精通していた彼は、自身で滅領土を探し出し、ペースト練りや発色の研究を行い、その努力の甲斐あって、遂にイタリアで初めての磁器釜を誕生させたのです。

 

 

ジノリ伯爵は、開窯したばかりで熟練の職人の数が少ない間は、型紙を使用した一色の装飾しか行うことができませんでした。

 

 

ところが、年を重ねる毎に多色による花房や花束、精密なバラ模様などを続々と誕生させて行きます。

 

その後、1896年にアウグスト・リチャード氏によって、ミラノにあるリチャード陶磁器会社との合併が行われ、リチャードジノリ陶磁器会社が設立されました。

 

 

さらに、1956年にはラヴェーノのイタリア陶磁器会社と合併し、イタリア最大の陶磁器メーカーとなったのです。

 

 

今では、リチャードジノリの名は世界中の人々の間に知れ渡り、日本でも贈答用の洋食器として購入される方も少なくありません。

リチャードジノリのおすすめコーヒーカップはどれ?

イタリアの陶磁器高級ブランド「リチャードジノリ」では、不朽の名作「ベッキオホワイト」や「イタリアンフルーツ」が有名です。

 

そして、その他にも有名なデザインは数多く存在します。

 

 

リチャードジノリは、引き締まった感じの落ち着いたデザインも多く、日本人のコーヒー通の間でも、非常に人気が高いブランドです。

 

 

今回は、そんな数あるデザインのなかで、リチャードジノリでオススメのコーヒーカップをご紹介します。

 

 

ミュージオクラシコ コーヒーカップ&ソーサー

 

ミュージオは1750年から続く、リチャードジノリ伝統のデザインです。

 

 

一見、日本や中国などの東洋磁器に見えるそのデザインは、イタリアで作られたとは思えない淑やかで風格のあるコーヒーカップとなっています。

 

粋な雰囲気を感じながら、おいしいコーヒーを嗜みたいという方にオススメです。

 

 

ボンジョルノプルーン コーヒーカップ&ソーサー

 

ボンジョルノプルーンは、ホテルの業務用として開発された「ムラッティシェイプ」に、イタリアンフルーツのプルーンとチェリーを描いたコーヒーカップです。

 

 

軽やかで、丈夫な印象を与えるモチーフは、目覚めの1杯に最適です。

 

デミタスカップとして活躍するサイズなので、エスプレッソなど、濃いめのコーヒーを嗜みたいという方にオススメです。

 

 

他にも、世界一優雅な旅が行えると言われるオリエント急行で使用されている「オリエントエキスプレス」。

 

リチャードジノリで最も古いデザインであり、今もなお大勢の人々から愛されている「ベッキオホワイト」もオススメです。

 

 

さて、今回は、コーヒーカップ高級ブランド「リチャードジノリ」についてご紹介させて頂きました。

 

 

リチャードジノリは、利用者のことをとても深く考えて製作を行っている洋食器メーカーなので、贈答品としても非常に喜ばれますよ。

 

大切な人への心を込めたプレゼントをしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク