美味しいコーヒーとはどんなコーヒーのこと?

 

おいしいコ―ヒーとは?

美味しいコーヒーとは、人によってそれぞれ言葉のとらえ方が違います。

 

 

たとえば、深煎りのコーヒー豆をネルドリップで入れたデミタスコーヒーが一番おいしいという人がいます。

 

 

しかし、一方では、浅煎りで酸味のあるコーヒー豆をサイフォンで入れたコーヒーが一番おいしいという人もいます。

 

 

または、エスプレッソコーヒーに砂糖をミルクをたっぷり入れたコーヒーがたまらない!という人もいます。

 

 

いろいろ聞いていると「一体どれが正しいの?」なんて思ってしまいますよね。

 

 

ここでは、そんな美味しいコーヒーの条件について詳しくご説明します。

 

美味しいコーヒーとは?5つの条件が重要だった!

 

美味しいコーヒーとは

 

では、そもそも美味しいコーヒーとは、どんなコーヒーなのでしょうか?

 

 

まあ、月並みな言い方をすれば、人それぞれです。

 

なぜなら、コーヒーって嗜好品(しこうひん)なので、1000人いれば1000人の美味しいコーヒーがあって当然だからです。

 

 

しかしですね・・・

 

 

そういう当たり障りのない答えとは別に、こんなコーヒーが良質であるという「おいしさのポイント」があるのも事実です。

 

つまり、「好みを超えたおいしさ」というのが、確かにあるわけですね。

 

 

「美味しいコーヒー=良質なコーヒー」

 

こう考えるなら、それには5つの条件があります。

 

 

それでは順番に見ていきましょう。

 

 

【ポイント1】濁りのないコーヒー

 

美味しいコーヒーとは?

 

新鮮なコーヒー豆を、適切な温度で上手に抽出すると、濁りのないコーヒーが生まれます。

 

こういうコーヒーは、スプーンで表面をチョンと弾くと、まるで宝石のような雫(しずく)がコーヒーの表面をほとばしります。

 

 

逆に、濁りのあるコーヒーは、表面に油脂や不純物が浮いていたり、酷いものだと白濁していたりします。

 

飲んでも、すごくマズいですよ。

 

 

ちなみに、これは街のコーヒーショップへ行っても確認することが出来ます。

 

ショップでコーヒーが出てきたら、まずはコーヒーの表面(水面)を軽く光に当てて確認してみてください。

 

 

油脂や不純物が浮いていることが良くあります。

 

ここで言う油脂は、いわゆる「コーヒーオイル」とは別物で、もっとコ―ヒー表面に七色の油が浮く感じのものです。

 

 

油脂や不純物で濁っている時は、多くの場合がコーヒー豆が古いか、抽出のやり方が悪いかのどちらか。

 

 

逆に、美味しいコーヒーは、澄んでいて、目で見ても美しいコーヒーなのです。

 

 

【ポイント2】アイスにしても美味しい

 

美味しいコーヒーとはアイスでも美味しい

 

美味しいコーヒーとは、そのまま冷やしたアイスコーヒーをブラックで飲んでも美味しいです。

 

この条件は、濁りがないということに通じるポイントです。

 

 

美味しいコーヒーは、そのまま冷却してアイスコーヒーにすると、とても深みのあるまろやかな「うまみ」が出ます。

 

ところが、少しでも濁りのあるコーヒーは酸化するのが早く、冷やしている過程で白く濁り始めます。

 

 

そのため、ホットコーヒーでは分かりづらかったえぐみ・雑味・酸っぱさが際立ってしまい、非常に不味くなるわけですね。

 

そのコーヒーが良質で美味しいのかどうかは、アイスにすると確認がしやすいですよ。

 

 

【ポイント3】苦味、酸味の中に「甘味」を感じる

 

美味しいコーヒーとは甘みを感じる

 

美味しいコーヒーというのは、苦味系、酸味系を問わず、その味わいの中に「甘味」が必ず存在します。

 

  • マイルドな苦みの中にある「甘味」
  • さわやかな酸味の中にある「甘味」

 

もちろん、この甘味は、砂糖を入れた時のものとはまったく別物です。

 

きっと、このコーヒーの甘味は、人間の舌が感じる「心地よさ」の現れなんじゃないかと、個人的には思っています。

 

 

あ、ほら、美味しい湧水を飲んだ時に、ほんのりと甘さを感じることがありますよね?

 

ちょっと、それに似ている感覚だと思います。

 

 

美味しいコーヒーとは、ほんのりとした「甘味」があるのです。

 

 

【ポイント4】飲んだ後にスッキリしている

 

美味しいコーヒーとは後味がすっきり

 

美味しいコーヒーは、苦くてもスッキリ、酸味があってもスッキリしています。

 

 

苦いコーヒーは後味も苦いと信じている人は結構いるようですが、決してそんなことはありません。

 

逆に、酸味のコーヒーは酸っぱさが残ると思っている人もいるようですが、こちらもマチガイです。

 

 

苦味、酸味のどちらのコーヒーも、美味しくて良質なコーヒーの後味はスッキリしているのです。

 

 

【ポイント5】香りが高い

 

美味しいコーヒーとは香り高い

 

コーヒーの香りのことは、言うまでもありませんよね。

 

なんと言っても、コーヒーは「香りが命」と言っても良い飲み物ですから。

 

 

美味しいコーヒーって本当に良い香りで、それをフワッと香っただけでも、すごくハッピーな気持ちになれます。

 

自分で入れるようになると、本当に痛感しますよ。

 

 

香りが高いというのは、美味しいコ―ヒーになくてはならない不可欠なポイントなんですね。

 

 

さて、いかがでしたか?

 

嗜好品であるコーヒーは、飲んで美味しければ良いという考え方もあります。

 

 

しかし、その「美味しさ」をもう少し詳しく見て行くと、そのコーヒーが本当に良質なのかどうかが、ハッキリしてくるわけですね。

 

 

あなたも、、5つの条件を満たしたおいしいコーヒーを、ぜひ味わってみてください。

 

きっとやめられなくなると思いますよ^^

 

 

それでは、美味しいコーヒーのついていろいろお伝えしましたので、最後にまとめましょう。

 

よく読まれている記事

まとめ

 

では、最後にまとめです。

 

今回は美味しいコーヒーの条件についてお伝えしました。

 

ポイントは5つです。

 

  1. 濁りのないコーヒー
  2. アイスにしても美味しい
  3. 苦味、酸味の中に甘みを感じる
  4. 飲んだ後にスッキリしている
  5. 香りが高い

 

ぜひ、美味しいコーヒーを探求する時の参考にしてくださいね!

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク