ペーパードリップで薄いコーヒーが出来てしまったら?

ペーパードリップでコーヒーを入れた時に「味が薄い」と感じることがあります。

 

または、目で見た時にペーパードリップコーヒーの「色が薄い」ということもあるでしょう。

 

つまり、自分としては、ペーパードリップで薄いコーヒーができて明らかに失敗と感じるわけですね。

 

ところで、ペーパードリップのコーヒーが薄い原因とは何でしょうか?

 

ペーパードリップは、基本的にコーヒーの味を薄くすることも、濃くすることも自由自在という、いわば自由度の高い抽出法です。

 

逆に言えば、初心者の方にとっては、知らない間に薄いコーヒーができたり、濃いコーヒーができたりするわけです。

 

そのため、訳が分からなくて悩むケースもあるんですね。

 

ここでは、そんなペーパードリップのコーヒーが薄い場合の原因と対処法についてご説明します。

 

ペーパードリップのコーヒーが薄い3つの原因

では、ペーパードリップのコーヒーが薄い場合に考えられる「3つの原因」についてご説明します。

 

(原因1)お湯の量が多い

 

これは、非常に初歩的な部分になりますが・・・

 

実は、ペーパードリップのコーヒーの味が薄いと嘆く方の中には、単純に「お湯の量が多すぎる」という方が、けっこういらっしゃいます。

 

もちろん、ペーパードリップに限らず、分量以上にお湯を投入すれば、その分薄いコーヒーが出来上がるのは当たり前のことです。

 

でも、ペーパードリップでこの間違いをする人は意外と多いんですよ。

 

(原因2)コーヒー豆の焙煎度が浅い

 

ペーパードリップで入れたコーヒーが薄い原因の2つ目に、コーヒー豆の「焙煎が浅い」ということが挙げられます。

 

これは、自分がイメージしていたコーヒーの味と、実際の焙煎度合いにギャップが生じる時に起きるケースです。

 

たとえば、イメージしていた焙煎度が深煎りで、ペーパードリップで実際に入れたコーヒー豆が浅煎りなら、できたコーヒーは薄いと感じるでしょう。

 

(原因3)コーヒー豆が粗挽き過ぎる

 

ペーパードリップのコーヒーが薄い原因の3つ目が、コーヒー豆の挽き方が「粗過ぎる」状態になっているケースです。

 

コーヒー豆の粉は、ある意味「フィルター」としての役割りも持っています。

 

ですから、コーヒー豆を粗く挽けば粗く挽くほど、目が粗いフィルターのような状態になってしまいます。

 

そのため、ペーパードリップのお湯の落ちが早過ぎてしまい、コーヒーが薄い状態になってしまうのです。

 

もちろん、粗挽きのことを考慮して、ゆっくりとコーヒーを抽出するのであれば、何の問題もありません。

 

しかし、多くの初心者の方は、そこを考えることなくドリップしていますので、味が薄いと嘆くことになるのです。

 

ペーパードリップのコーヒーが薄い場合の対処法は?

ペーパードリップのコーヒーが薄い場合は、上記のようなことをチェックすると、大体どこかしらのポイントが引っかかると思います。

 

その対処法については、それぞれのチェックポイントから考えれば答えは出ますよね。

 

たとえば、ペーパードリップに投入するお湯の量が多い場合は、シンプルにお湯を減らすか、コーヒー豆を増やして対処すれば良いでしょう。

 

もしも、自分のイメージしているコーヒーの味よりも「焙煎が浅い」のであれば、もう少し焙煎度の深い豆を選びましょう。

 

もっとも確実なのは、自分が飲んでおいしいと感じたコーヒー豆をそのまま購入して持ち帰り、ペーパードリップで抽出するということです。

 

そうすれば、コーヒーが薄いと感じることも少ないと思います。

 

最後に、コーヒー豆が粗挽きである可能性がある場合・・・

 

これは、自分でチェックするのも良いですが、ショップの方に「コーヒー豆の適切な粗さ」を聞いて挽いてもらうのが一番の安全策です。

 

それでもペーパードリップのコーヒーが薄い場合は、他の部分に原因があるわけですからね。

 

ペーパードリップでコーヒーが薄い原因はシンプルであることが多いですから、ぜひチェックしてみてください。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク