ペーパードリップとエアロプレスは何が違うの?・・・というご質問が。

ペーパードリップとエアロプレスは何が違いますか?と聞かれることが、たまにあります。

 

もちろん、両方をよくご存じの方にとって違いは明白なのですが、初心者の方にとっては「?」がつく部分のようです。

 

そこで、今回はペーパードリップとエアロプレスの違いについて書いてみたいと思います。

 

「エアロプレス」というのは、コーヒーの淹れ方(道具)の1つとお考え下さい。

 

独特な器具を使い、短時間でコーヒーを抽出することが出来るエアロプレスは、ペーパードリップとはどう違うのでしょうか。

 

ペーパードリップとエアロプレスの一番の違いは?

ペーパードリップとエアロプレスは、もちろん道具の構造が違うわけですが、ユーザー目線に立った時の一番大きな違いは「手軽さ」です。

 

ペーパードリップは、サーバーとドリッパー、ペーパーフィルターがあれば淹れることが出来ます。

 

ペーパードリップでは、お湯の「太さ(細さ)」に気を付け、ドリップポットでゆっくりとコーヒーの粉を湿らせていきます。

 

点滴のようにお湯を落としたり、糸のように細くお湯を注いだり、美味しいコーヒーを淹れるために少し技術が必要になります。

 

一方、エアロプレスの場合は、エアロプレスの器具一式と計り、タイマーとサーバーがあれば淹れることが出来ます。

 

注射器のような仕組みの器具に、コーヒーの粉とお湯を入れるだけで、誰でも一定の味のコーヒーが淹れられます。

 

コーヒーの粉をお湯に浸しておく時間や、お湯の量を変えるだけで味の調整が出来るのも魅力の1つですね。

 

エアロプレスは、短時間で簡単にコーヒーを淹れることが出来るので、朝の忙しい時間にも淹れたてのコーヒーを楽しみたい方に人気です。

 

ペーパードリップとエアロプレスのメリット・デメリットは?

では、続いてペーパードリップとエアロプレス、それぞれのメリット・デメリットについて見て見ましょう。

 

まず、ペーパードリップのメリットは、自分の好みのコーヒーが自分の腕前によって淹れられることです。

 

デメリットは、淹れるのに時間がかかることです。

 

ゆったりコーヒーにお湯を含ませると、部屋に広がるコーヒーの香りとサーバーに落ちていくコーヒーを見ているだけで幸せな気分になれます。

 

でも、ペーパードリップで淹れているとのんびりと時間を過ごしたくなってしまうので、忙しい時には向きません。

 

エアロプレスのメリットは、手間がかからずに一定の味のコーヒーを淹れられることです。

 

エアロプレスの器具にお湯とコーヒーの粉を入れて混ぜた後は、少し時間をおくだけで飲むことが出来ます。

 

豆本来の味をダイレクトに感じることの出来る、しっかりとしたコーヒーが出来ます。

 

しかし、コーヒーを淹れる時間も楽しみたい時には向きませんので、それはデメリットと言えるかも知れません。

 

また、腕前の差はペーパードリップほど出ませんので、コーヒー通を目指す方には、ちょっと物足りないでしょう。

 

ゆったりコーヒータイムを楽しみたい時にはペーパードリップ。

 

手早くコーヒーが飲みたい時はエアロプレス。

 

それぞれのメリットとデメリットは、特徴に合わせて使い分けると、時間に左右されずにコーヒーを楽しめそうですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク