ペーパードリップ以外にメッシュ構造の金属フィルターも人気?

よく耳にするペーパードリップの他に、最近ではメッシュ構造の「金属フィルター」が注目を集めています。

 

もしかしたら、メッシュという言葉は、ペーパードリップを昔から愛用されている方は、あまり聞くことがないのかも知れません。

 

メッシュのフィルターでは、コーヒーの「コーヒーオイル」という油分を残し、ペーパードリップよりも豆本来の味を楽しめると評判です。

 

一方、ペーパードリップの愛好家の間では、その逆の意見もあります。

 

ここでは、ペーパードリップとメッシュのドリップの違いや、メリット・デメリットなどについてご説明しましょう。

ペーパードリップとメッシュのフィルターは何が違う?

ペーパードリップとメッシュは、まずフィルター部分が物理的にペーパーか?金属か?という違いがあります。

 

ペーパードリップとメッシュ構造の金属フィルターの大きな違いは、出来上がるコーヒーの風味です。

 

ペーパードリップよりもメッシュ構造の金属フィルターの方が、お湯の通過が速くなっています。

 

ペーパーフィルターのようにコーヒーオイルを吸収しないので、しっかりした味のコーヒーが出来ます。

 

ただし、ミクロレベルのコーヒーの粉も通過させてしまうので、雑味が多いというコーヒーファンもいて意見が分かれるところです。

 

メッシュが細かいほど、片付けの時に目詰まりが起こりやすくなりますが、フィルターを通過するコーヒーの粉も少なくなります。

 

メッシュのドリッパーは、金属製なので、繰り返し何度も使えますよ。

 

ペーパードリップはコーヒーオイルを少し吸収してしまいますが、あっさりした飲みやすいコーヒーが出来上がります。

 

風味もしっかりしていますし、ミクロレベルのコーヒーの粉もしっかりと濾してくれるので、金属フィルターが出た後も変わらず愛好者が多い淹れ方です。

 

ペーパードリップは、フィルターを捨てるだけで済むので片付けも簡単ですよ。

ペーパードリップとメッシュ、それぞれのメリット・デメリットは?

ペーパードリップの一番のメリットは、片付けや淹れ方が手軽なことと、細かいコーヒーの粉が通過しないことです。

 

誰でも気軽に、透明度の高いスッキリしたコーヒーが淹れられます。

 

デメリットとしては、コーヒーオイルを吸収してしまうことですが、これは賛否両論と言えそうです。

 

また、紙のフィルターは吸収に優れているので、逆にメッシュ構造の金属フィルターよりもコーヒーの風味を吸収してしまうとも言われています。

 

一方、メッシュ構造の金属フィルターは、お湯や成分が通過しやすいですが、これはメリットであり、デメリットでもあります。

 

細かいコーヒーの粉も通過させてしまうので、抽出後にサーバーの底に粉が残っていることがあります。

 

豆本来の香りと味がそのまま出たコーヒーが楽しめるのが、メッシュのフィルターの一番のメリットとも言えるでしょう。

 

雑味も一緒に抽出されてしまうので、淹れる時には少し注意が必要です。

 

雑味に関しては、コーヒーは嗜好品ですので、好き好きというところでしょうか。

 

あっさりした風味からしっかりした風味まで、初心者でも安定して淹れやすいペーパードリップ。

 

パンチのあるワイルドなコーヒーを楽しめる、メッシュ構造の金属フィルター。

 

どちらもファンの多いフィルターです。

 

一度淹れ比べてみるのも良いでしょうね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク