ペーパードリップでコーヒーを淹れる時に必要なものは?

ペーパードリップでコーヒーを初めて淹れるという方の中には、「必要なものは何?」と迷われることがあるかも知れませんね。

 

ペーパードリップは、初心者でも気軽に挑戦しやすいコーヒーの淹れ方のひとつです。

 

本格的にやりたいということであれば、いろいろと揃えるというのもアリだと思います。

 

ただ、ふだんから家にあるものにほんの少しだけ、必要なものを買い足すだけでも、ペーパードリップのコーヒーを淹れることが出来ます。

 

まずは、初心者がペーパードリップでコーヒーを淹れる際に、必要なものについてご説明します。

 

ペーパードリップで初めてコーヒーを淹れる時に必要なものは?

初めてペーパードリップで淹れる時に必要なものは何でしょうか?

 

まず、ペーパードリップでコーヒーを淹れる時に、必要なものは4つあります。

 

1つ目が、コーヒーの粉をろ過するためのペーパーフィルター

 

2つ目が、フィルターをセットして抽出するためのドリッパー

 

3つ目に、コーヒーの粉にまんべんなくお湯をかけるポット

 

そして、4つ目に、出来上がったコーヒーをためるサーバーです。

 

ポットは、最初のうちは専門の「コーヒーポット」では無く、ティーポットや急須でも代用出来ます。

 

サーバーは、普通のマグカップやティーカップでも代用出来ますが、カップに直接ドリッパーをセットすると、出来上がった量が見づらいです。

 

メモリがあって、出来たコーヒーの量が一目で横から見やすい、コーヒー用のサーバーを準備した方が、初めての場合は淹れやすいですよ。

 

ただし、道具を他の飲み物と使いまわすのは、コーヒーの味や香りに別のものが混じることになりますので、おススメしません。

 

コーヒーを淹れる時には出来上がった量や注いでいるお湯の勢い、コーヒーの粉の状態など、注視しないといけないことがたくさんあります。

 

ペーパードリップを淹れるのが初めてだからこそ、道具で補助出来るところは道具に頼りましょう。

 

最低限、ドリッパーとサーバー、ペーパーフィルターだけはコーヒー用に準備してくださいね。

 

ペーパードリップ・中級者以上が淹れる時に必要なものは?

では、ペーパードリップ中級者以上の方に必要なものについて触れてみます。

 

技術が上がってきた時に、是非準備してほしいものが2つあります。

 

1つ目が、コーヒー豆を挽くコーヒーミル

 

2つ目が、コーヒーの粉にお湯を注ぐための細口のコーヒーポットです。

 

絶対に必要なものではないですが、この2つがあるかないかで、ペーパードリップのコーヒーの味や出来に大きな違いが出ます。

 

技術がしっかりしてきた時こそ、きちんと専門の道具を使ってくださいね。

 

豆の挽き具合にこだわれば、自分の好みに合わせた風味の調整がしやすくなります。

 

また、コーヒーミルを持っておくと、粉でなく、豆の状態でコーヒーを購入して保管できます。

 

そのため、コーヒー豆の鮮度を保持するためにも、非常に役立ってくれて、一石二鳥です。

 

各メーカーの出している「細口のコーヒーポット」も同様に、使うとティーポットや急須よりも簡単に、細くお湯を出すことが出来ます。

 

上手になってくると、専用の細口ポットと、自分のコーヒーを淹れる感覚がマッチングしてきますので、さらに腕前が上がって来ることでしょう。

 

見た目には小さな違いですが、自分なりの好みの淹れ方や、こだわりが出てきた中級者以上であれば、大きな違いを実感出来ますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク