ペーパードリップのポット選びについて

ペーパードリップにおけるポットの選び方は、おいしいコーヒーを入れるためにとても重要です。

 

たまに、ペーパードリップをポットではなく、ヤカンや鍋で入れている方を見かけることがあります。

 

残念ながら、ヤカンや鍋を使っておいしいコーヒーを入れることは、非常に難しいと言わざるを得ません。

 

なぜなら、ペーパードリップでおいしいコーヒーを入れるためには、細くて繊細なコントロールが可能な、良いポットが不可欠だからです。

 

もちろん、ペーパドリップをポットなしで入れることは物理的には可能かも知れません。

 

驚くほど優秀なコーヒー職人がいて、その方がヤカンや鍋による入れ方を極めているという可能性は「ゼロ」ではないからです。

 

ただ、現実的には、それはないでしょう(笑)

 

ペーパードリップは数あるコーヒー抽出法の中でも、非常に入れる自由度が高く、腕前の差がハッキリと表れる原始的な入れ方とも言えます。

 

そんなペーパードリップの腕を磨くためにも、良いポットは必ず一つは持っていただきたいと思います。

 

ペーパードリップのポットはデザイン(形状)が重要

ペーパードリップのポットを選ぶ際、デザイン(形状)はとても重要なポイントです。

 

最近は、ペーパードリップ用のポットということで、様々な形やタイプのものが販売されています。

 

では、ペーパードリップには、どのようなポットを選べばよいのでしょうか?

 

まずは、ペーパードリップのポット選びで一番重要なのは「注ぎ口」です。

 

ペーパードリップは、お湯を「細く・長く」注ぐ必要があります。

 

そのため、ポットの注ぎ口は、可能な限り「細口」のものであることが大切です。

 

ただし、ポットの注ぎ口は「細いだけ」では、まだ不十分と言えます。

 

ペーパードリップにお湯を注ぐためにポットを傾けた時、お湯が勢いよく飛び出す注ぎ口の場合、繊細なコントロールが難しくなります。

 

そのため、ポットを傾けた際、お湯が垂直に落ちる必要があるわけです。

 

注ぎ口の根元から上へ向かって伸びていき、最後に注ぎ口が「おじぎ」をするように、下を向いた状態であるポットを選びましょう。

 

さらに、ペーパードリップのポットは、「お湯切れの良さ」も必要です。

 

一番良いのは、実際にお湯(水)を入れて試すことですが、なかなか難しいと思います。

 

もしも、ショップでのお試しが可能な場合は、トライしてみてください。

 

ペーパードリップのポットの材質は?

ペーパードリップのポットを購入する際、どんな材質のものを選べば良いのかと、迷う方がいらっしゃいます。

 

ペーパードリップのポットの材質は、ステンレス、アルミ、ホーロー、ガラスなど、さまざまなものが販売されています。

 

その中で、一番おすすめなのは、やはりステンレスです。

 

ステンレスは、熱伝導率が良く、劣化もしづらく、非常に使い勝手の良い材質と言えます。

 

アルミは軽くて熱伝導率は良いですが、アルミが溶け出すという可能性は否定できませんので、おすすめしません。

 

ホーローは最初は良いのですが、古くなって来ると「うわぐすり」が溶け出して来ますので、コーヒーの味に悪影響が出ることがよくあります。

 

ガラスは、上記のような心配はないですが、壊れやすいというデメリットがあります。

 

そんなすべての条件を踏まえたうえで、ペーパードリップのポットの材質は、ステンレスを選ぶと良いです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク