自宅でコーヒー焙煎をする上での注意点について

コーヒー豆の焙煎方法を自宅で実践するには、どうすれば良いのでしょうか?

 

自宅でお手軽に焙煎をする場合、「煎り網タイプ」「小型の手回しタイプ」がおススメだという話は前述しましたね。

 

特に、初めて焙煎を行う方は「煎り網タイプ」を購入される場合が多いと思います。

 

ちなみに、「家庭焙煎 炒りたて名人」は、初心者でもカンタンに焙煎が行える大人気商品です。

 

自宅でコーヒー豆の焙煎を行う場合、いくつか注意点がありますのでご紹介しましょう。

 

自宅でコーヒー焙煎をする上での4つの注意点とは?

自宅での焙煎 注意点(1)焙煎中に煙が出る

 

焙煎とはコーヒー豆の生豆を煎る行為ですので、焙煎中はモクモクと煙が立ち込めます。

 

 

少量のコーヒー豆を焙煎するなら、換気扇で問題ありません。

 

しかし、大量のコーヒー豆を焙煎する場合は煙突が必要となります。

 

 

自宅での焙煎 注意点(2)チャフの掃除

 

コーヒー豆を焙煎すると、チャフと呼ばれるコーヒー豆の割れ目に存在する薄皮が熱によって剥がれ落ちてきます。

 

そのため、焙煎終了後はチャフをきれいに取り除かねばなりません。

 

 

自宅での焙煎 注意点(3)焙煎方法に関する知識

 

自宅で焙煎を行う際は適切な焙煎方法を事前に学んでおく必要があります。

 

ですので、焙煎するコーヒー豆の特徴をしっかり掴んでおくことが焙煎を成功させる秘訣です。

 

 

コーヒー豆に合わせた焙煎時間や温度の管理を徹底させる必要があります。

 

 

自宅での焙煎 注意点(4)焙煎機を配置するスペースの確保

 

自宅での焙煎を行う場合は、コンパクトなものを使用しますが「大型の焙煎機」となると、かなりなスペースを取ります。

 

 

換気が可能で、焙煎機を配置することが出来るスペースを確保しましょう。

 

 

最もお勧めなのが、家庭用焙煎機「i-Coffee Roaster」です。

 

家庭用ですので、コンパクトで設置スペースも取りません。

 

 

さらに、煙が90%以上削減されており、焙煎中にコーヒー豆から剥がれ落ちる「チャフ」の後片付けもカンタンです。

 

 

焙煎度合いも9段階にまで対応しているので、初心者の方から玄人の方まで安心して利用することが可能です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク