小型焙煎機はコーヒーマニアや半職業的な方におススメ

コーヒーマニアの方や、半職業的な方なら「小型の焙煎機」ではちょっと物足りないかも知れません。

 

その場合、サンプルロースターに冷却装置が取り付けられた「大型の焙煎機」がお勧めです。

 

ここまで大型の焙煎機になると価格帯もはっきり分かれています。

 

手回しのサンプルロースターならば40,000円前後で購入できます。

 

それにモーターが付属すると150,000円~300,000円となります。

 

排気装置とダンパーが付属されており、なおかつコーヒー豆の焙煎が1kg行えるものになると60万円~75万円となります。

 

「本格的にやりたいのはやまやまだけど予算オーバー!」

 

という方には、手回しのサンプルロースターがおススメです。

 

もし、予算に余裕がある場合は「排気装置」と「ダンパー」が付属された焙煎機を購入しましょう。

 

ちなみに、モーター式の焙煎機はあまりおススメしません。

 

なぜなら、焙煎の性能そのものはサンプルロースターと大差が無いにも関わらず、モーター付属されただけで10万円以上も価格が跳ね上がるからです。

 

ただし、自分で焙煎機の改良を行いたいなら、モーター式の焙煎機も優れたマシンへと変貌を遂げます。

 

まあ、機械いじりの得意な方はモーター式の焙煎機を購入しても損はないでしょう。

 

プロとしてやりたいとお考えの方は、排気装置とダンパーが搭載された焙煎機がお勧めです。

 

理由はダンパーが付属されているため、コーヒー豆の焙煎が幅広く行えるようになるからです。

 

コーヒーの風味や香りがご自身で演出することが出来るうえ、コーヒーショップの特徴にもなります。

 

従来は1kgの焙煎機しか販売されていませんでしたが、現在では250gや500gの「小型高性能マシン」も販売されています。

 

少しお値段もハイグレードではありますので、お財布と相談して購入するようにしてください。

 

業務用焙煎機はコーヒーショップを開店したい方におススメ

「将来コーヒーショップを開店したい!」

 

とお考えの方は、業務用の焙煎機がお勧めです。

 

業務用の焙煎機は2種類あり、どんなコーヒーショップを開店したいかで選択も変わります。

 

まず、利益にこだわらず、趣味で喫茶店を開業したいとお考えの方は、1kgの焙煎機を購入するかと思います。

 

しかし、1kgの焙煎機では1月に100kgが限界ですので、コーヒー豆の焙煎が間に合いません。

 

自家焙煎のみで喫茶店を運営したいという方は、3~5kgの「大型焙煎機」を購入することをオススメします。

 

しかし、オリジナルのコーヒー豆を作るには焙煎方法にもこだわる必要があります。

 

  • 焙煎熱源は電気・ガス・炭のどれから得るか?
  • 焙煎機の構造は直火なのかそれとも熱風なのか?
  • はたまた半熱風なのか?

 

これをご自身で選択する必要があります。

 

可能であれば、自家焙煎を行っているコーヒー店の優しいマスターなどにお話を訊き、じっくり考えると良いでしょう。

 

コーヒー豆を焙煎するために必要な焙煎機は様々な種類があることがお分かり頂けたかと思います。

 

決して安い買い物ではないため、目的や用途に合わせてしっかり考察してから購入するようにしましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク