ペーパードリップのケメックス(CHEMEX)は博物館に展示中?

何十年もコーヒー好きに愛されているペーパードリップのメーカーに「ケメックス(CHEMEX)」があります。

 

ご存知ない方は、パッと見た瞬間「実験室みたいだ!」とおっしゃることが多いかも知れません。

 

ケメックスは、博物館に永久展示もされているペーパードリップのコーヒーメーカーですが、今でも購入して自宅で使うことが出来るんです。

 

ここでは、そんな特徴的なペーパードリップであるケメックス(CHEMEX)についてお伝えします。

 

ペーパードリップの(CHEMEX)はシンプルで魅力がいっぱい!

ペーパードリップでケメックス(CHEMEX)というと、科学者「ピーター・シュラムボーム博士」が開発したコーヒーメーカーを指します。

 

ケメックス(CHEMEX)のペーパードリップは、ドリッパーとサーバーが一体化した独特なフォルムで、見た目もおしゃれで機能性も高いものです。

 

そのためか、1941年に誕生してからずっと根強いファンが多く、コーヒー好きの間で愛され続けています。

 

ケメックス社のペーパードリップには、大きく分けて以下の3つのシリーズがあります。

 

  • クラシック
  • ハンドブロウ
  • ガラスハンドル

 

クラシックは、木枠と革紐のついたデザインの機械で作られたもので、ハンドブロウは手吹きで作られたものです。

 

この2つは、ガラスの色と底の形状が違います。

 

現在、特に人気のガラスハンドルは、ケメックス独特の木枠の代わりにガラス製の取っ手があります。

 

ケメックス(CHEMEX)のペーパードリップの特徴の一つに、ペーパーフィルターがあります。

 

専用のフィルターは厚手で、大小の半円をくっつけたような独特の形をしています。

 

ケメックスで抽出したコーヒーは、雑味が少なく美味しいとコーヒー好きの間でとても人気が高いです。

 

ケメックスのペーパードリップは、フィルターを折るのが醍醐味かも?

ケメックスのペーパードリップでコーヒーを淹れる時に一番注意すべきなのは、ペーパーフィルターの折り方です。

 

少し、手順についてご説明しましょう。

 

まず最初に、大きい半円と小さい半円が半分になるように折ります。

 

次に、1/4サイズの円同士がくっついている形になったら、今度は二つの円の境目で折ります。

 

さらに、小さな円を内側にしてもう一度半分に折り、出来た円錐形の大きな円が1枚と3枚に別れるように広げて、ケメックスのドリッパー部分にセットします。

 

6カップ用には最初から折ってあるフィルターが販売されていますが、せっかくケメックスのペーパードリップを使うのであれば、自分の手でフィルターは折りたいですね。

 

フィルターをセットしたらコーヒーの粉を入れ、粉全体をお湯で湿らせます。

 

20~30秒蒸らしたら、コーヒーの抽出を始めてください。

 

ペーパードリップの中でも、ケメックスは、抽出に時間がかかります。

 

出来たコーヒーがゆっくりとサーバーに落ちていくのを眺めていると、幸せな気分になれますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク