ハリオ(ハリオ式)のペーパードリップについて

ハリオ式ペーパードリップ

 

ペーパードリップのHARIO(ハリオ)は、1921年創業の東京都中央区に本社を構える日本の会社です。

 

ハリオ(ハリオ式)は、日本で唯一の耐熱性を持つガラス器具の製造会社で、そこで考案されたのが「ハリオドリッパー」なのです。

 

理化学専用のガラス器具を製造すると同時に開発が始まったドリッパー作りは、珈琲サイフォン(株)の「KONO(コーノ)」が特許を取った「名門円錐フィルター」を基としています。

 

その結果、ハリオはV60ドリッパーというオリジナルのドリッパーを開発しました。

 

V60は、最近ではかなり有名になりましたね。

 

ちなみに、V60の名前は、円錐の角度がぴったり60度であることから由来しています。

ハリオ(ハリオ式)のペーパードリップの特徴

ハリオのドリッパーは、円錐の形をしていて、大き目の一つ穴があいた螺旋(らせん)リブが特徴です。

 

この研究されたハリオドリッパーの形状により、ネルドリップとペーパードリップの良い点を併せ持つと言われています。

 

また、お湯を注ぐ速度によってコーヒーの風味を変えられることが大きな魅力の一つです。

 

今、ハリオは日本だけではなく、海外からも非常に人気の高いドリッパーとなっています。

 

ちなみに、アメリカの大都市のカフェでは常識とも言われるほど有名なんですよ。

 

日本国内よりも有名だったなんて、後で聞いてビックリしました(笑)

 

ハリオのドリッパーは、螺旋リブによって中の空気を外へ逃すことで、コーヒー豆が膨らんでいくのを邪魔しません。

 

その結果、しっかりしたコーヒーの旨味を引き出すことができるようになっています。

 

また、ハリオの円錐型ドリッパーは注いだお湯が中心に向かって流れ出します。

 

すると、お湯がコーヒーと接触している時間が長くなり、コーヒー豆の成分がしっかり抽出されるのです。

 

さらには、大きいサイズの抽出穴が円錐の先端に開いているので、ネルドリップのようなコーヒーの味わいが楽しめるのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク