コーヒー豆の量の目安を知っていますか?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

美味しいコーヒーを入れるために、コーヒー豆をどれくらいの量を入れるといいのか、気になったことはありませんか?

 

 

よく「コーヒー1杯に○gの豆を使いましょう!」といった表記がされているのを見かけることがあります。

 

 

しかし、コーヒーを入れる方法や飲む人の人数、好み等によって、ベストなコーヒー豆の量があるはずですよね?

 

 

今回は、そんなコーヒー豆の量について、どのくらいの量が美味しいのか、測り方のコツまで詳しくご紹介していきます!

 

コーヒー豆の量の目安は入れ方によって違う?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

あなたは、コーヒーを入れるときに、何を目安に豆の量を測っていますか?

 

 

コーヒーは、味の好みや抽出したい量によって、使うコーヒー豆の量が変化します。

 

 

いろいろな入れ方がありますが、今回は5種類の抽出法からコーヒー豆の量の目安をご紹介していきましょう。

 

 

では、さっそく一番ポピュラーな「ペーパードリップ」からご紹介しますね。

 

 

(1)ぺーパードリップのコーヒー豆の量は?

 

ぺーパードリップのコーヒー豆の量

 

ペーパードリップの場合、抽出したいコーヒーが1人分120ccなら、中挽き豆で10g必要になります。

 

もっとも一般的な濃さのコーヒーを入れることを想像してくださいね。

 

 

抽出する量を2人、3人と増やした場合、8gずつ豆の量を増やしていくのが目安となります。

 

 

ただ、それは、入れる人の腕前によっても、若干変わってきます。

 

 

たとえば、ドリップでコーヒーを入れる時には、ドリップポットでお湯を注ぎますよね。

 

しかし、お湯を注ぐのが苦手だったりすると、抽出したコーヒーの濃さにムラが出てしまうことがあるのです。

 

 

そうならないために、コーヒーの豆の量を少し多めにするのは、おすすめの方法の一つ。

 

なので、お湯を注ぐことに自信がない方は、ぜひ12g~13gの豆の量からスタートしてください。

 

 

だんだんとお湯の注ぎ方に自信がついてきたら、10gでも安定して入れられるようになりますよ。

 

 

続いて2つ目に行きましょう。

 

フレンチプレスを使った場合です。

 

 

(2)フレンチプレスのコーヒー豆の量は?

 

フレンチプレスのコーヒー豆の量

 

フレンチプレスは、軸のついた金属フィルターを、上から押し下げてコーヒーを抽出する器具です。

 

ポットのような形をしたところにコーヒー豆を入れて、お湯を注ぎ、軸付きフィルターをセットして抽出します。

 

 

フレンチプレスの場合、1人分のコーヒーの量が150ccだとすると、豆の量は15gが目安となります。

 

 

フレンチプレスは、ペーパードリップと比べると、味のコントロールが難しいので、豆の味がダイレクトに現れるのが特徴です。

 

手軽に抽出できますが、しっかりと豆をお湯に馴染ませることが大切ですよ。

 

 

さて、3つ目は、マキネッタに行ってみましょう。

 

 

(3)マキネッタのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

マキネッタは、イタリアの一般家庭でよく使われている「直火式のエスプレッソ器具」のことです。

 

 

マキネッタの場合、抽出する量が1人分50ccの時、豆の量は8gとなります。

 

 

基本的に、エスプレッソコーヒーを入れる器具なので、通常の豆の量よりも多めになり、お湯は少なめとなります。

 

また、さらに濃いめのコーヒーが好きな方は、ぜひ豆の量を多くして、凝縮されたコーヒーの味を試してみてくださいね。

 

 

続いて4つ目は、パーコレーターという器具です。

 

 

(4)パーコレーターのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

パーコレーターは、よくキャンプなどで使われているコーヒー器具の1つです。

 

直火で沸騰させると、豆をお湯が混ざり、コーヒーが抽出されます。

 

 

パーコレーターの場合は、2人分240ccで豆の量は25gが目安ですね。

 

 

フタの部分が透明になっていて、中のコーヒーの抽出具合を見ることができます。

 

お湯が沸騰してきて、コーヒーの色が自分好みの色になったら出来上がりです。

 

 

さて、いかがでしょうか?

 

このように、コーヒー豆の量って、コーヒーの入れ方によって違ってくるんですね。

 

 

それと、ホットにするか?アイスにするか?によっても、コーヒー豆の量は変化します。

 

 

では、5つ目として、アイスコーヒーを入れる場合のコーヒー豆の量についてもご紹介します。

 

 

(5)アイスコーヒーのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

アイスコーヒーは、氷を入れることを想定して入れるため、通常の抽出するときに比べて豆の量は多くなります。

 

 

ドリップで抽出した場合、2人分200cc抽出すると、豆の量は20gとなります。

 

 

アイスコーヒーは、ホットに比べて濃いめにコーヒーを抽出する必要があるため、コーヒー豆の量も少し多めが良いです。

 

 

さらにアイスコーヒーは、苦みを強くして濃く入れるのが「美味しく入れるコツ」!

 

なので、コーヒー豆の焙煎度は「深煎り」にして、より深くて濃厚な味わいを楽しんでくださいね。

 

 

また、コーヒーにはいろんな種類の豆が存在します。

 

柑橘系などの香りや味をまとったフレーバーが特徴の豆でコーヒーを入れるときには、豆の量は少し多めがおすすめです。

 

 

コーヒーの挽き方を粗くし、豆の量を多くすることで、苦みよりもフレーバーの部分を楽しむことができますよ。

 

 

このように、コーヒーは豆の量によって、また挽き方によって、美味しさがまったく変わってくるので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

 

ところで、コーヒーの入れ方だけでなく、普段使ってるカップを例にすると、コーヒー豆の量の目安が分かりやすいと思いませんか?

 

 

たとえば、マグカップならこれくらい、レギュラーカップならこれくらい・・・という感じですね。

 

続いてご説明しましょう。

 

コーヒー豆の量をマグカップ等の入れ物の大きさで考えると?

コーヒーカップには、いろんな種類がありますよね。

 

あなたは普段どのようなカップを使っていますか?

 

 

カップ1杯につき、何グラムというコーヒー豆の量の目安があったら良いですよね。

 

では、早速ご紹介しましょう。

 

 

まず、普段使いの方が多いマグカップですが、240ccの量のコーヒーが入ります。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

マグカップは、アメリカンコーヒーや、たくさん飲める薄めのコーヒーが好きな方がよく使われますよね。

 

 

ドリップでコーヒーを入れた時、240ccに対して豆の量は10g~12gと少なめにしましょう。

 

マグカップは、コーヒーの量が多いため、コーヒー豆の量はそのままで、薄めのコーヒーができあがります。

 

 

アメリカンはコーヒー豆の量を少な目にするのがポイントです。

 

苦みが苦手な方には、すっきりとした後味が楽しめるアメリカンコーヒーをマグカップで楽しむと良いと思いますよ。

 

 

次に、よく喫茶店でも使われているレギュラーカップ。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

これには、120ccの量のコーヒーが入ります。

 

同じレギュラーカップでも、カップの作りによってコーヒー味わいが異なってきます。

 

 

たとえば、縁が広がっていない薄い作りのカップは、口当たりがまろやかで苦みを楽しみたい方におすすめです。

 

一方、縁は広がってるけれ薄い作りのカップは、酸味を楽しみたい方におすすめです。

 

 

じゃあ、肝心のレギュラーカップで飲むときのコーヒー豆の量ですが、120ccの抽出量の場合10g~12gが目安の量になります。

 

 

薄すぎることもなく、濃すぎることもないので、初めてコーヒーを入れるときはレギュラーカップを基準にコーヒー豆の量を測ることをおすすめします。

 

 

次に、濃いコーヒーが好きな方にはエスプレッソカップ(デミタスカップ)がおすすめですよ。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

エスプレッソカップは、見て目からも分かるように小さめのカップです。

 

一口サイズの容量で、カップに厚みがあるのも特徴です。

 

 

エスプレッソは、30ccの抽出量に対し8g~9gの豆をたっぷり使います。

 

コーヒーの奥深い苦みやコクを楽しむことができる量になっているので、濃いコーヒーが好きな方にはとてもおすすめです。

 

 

さて、いろいろなコーヒーカップを見てきましたが、コーヒー豆を測る目安として、もう一つ目安にしたいものがあると思いませんか?

 

 

そう!「スプーン」です。

 

 

いろいろな形や種類がありますが、スプーンだとどんな目安を持てば良いのでしょうか?

 

それでは、最後にスプーンによるコーヒ豆の量についてお伝えして終わりにしたいと思います。

 

コーヒー豆の量をスプーンで測る場合の目安は?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

コーヒーを入れるときに必ず使うのはコーヒーの計量スプーンですよね。

 

まず、コーヒーを測っているスプーンはどのくらいのg量なのでしょうか?

 

 

市販で販売されているコーヒースプーンは1杯10g。

 

なので、計量スプーン大さじ2杯分の量と同じです。

 

 

「だったら計量スプーンでもいいじゃない?」

 

と思った方、それは少し違うのです。

 

 

実は、コーヒーを入れる道具には、その道具に合ったコーヒースプーンが付いています。

 

  • コーヒーメーカー・・・・・6g~8g
  • エスプレッソマシーン・・・7g~8g
  • ペーパードリップ・・・・・10g

 

というように、細かいg設定があります。

 

 

そのため、いつも同じように計量スプーンで「大さじ2杯分ね」と、コーヒーを入れてしまうと、正確な量が測れないことがあるのです。

 

コーヒーの豆の量は、きちんと自分で測ることが大切なんですね。

 

 

また、コーヒーが豆のままなのか、粉状になっているのかということでも、コーヒー豆の量は若干変わってきます。

 

 

コーヒースプーンは、粉状のコーヒー豆を想定して作られています。

 

そのため、豆のままで測ったときに、豆と豆のあいだに隙間が空くと、きちんと測られていない場合があるのです。

 

 

なので、豆のままコーヒーを測ったら、その後に、粉状にしたグラム数を測る。

 

そうすることで、使っている計量スプーンの正確な量を知ることができるわけですね。

 

 

きちんとコーヒー豆の分量を測って、自分の好みに合ったコーヒーを美味しく入れてくださいね!

 

 

さて、コーヒー豆の量についていろいろとご説明しましたので、最後にまとめましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、コーヒー豆の量の目安についてご紹介しました。

 

 

コーヒー豆は、入れる方法や味などによって、豆の量を変える必要があります。

 

 

カップの種類によってもコーヒー豆の量は変わります。

 

マグカップ、レギュラーカップ、エスプレッソカップの目安をお伝えしましたね。

 

 

コーヒー豆の専用スプーンは、ただの計量スプーンとは違うため、キチンとスプーンの量を把握することが大切です。

 

 

さあ、ではコーヒーの豆の量に不安がなくなったところで、美味しいコーヒーを入れてみましょうー♪

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク