コーヒー豆の量の目安を知っていますか?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

美味しいコーヒーを入れるために、コーヒー豆をどれくらいの量入れるといいのか、気になったことはありませんか?

 

 

よく見かけるのは、「コーヒー1杯に○gの豆を使いましょう!」といった表記がされているもの。

 

 

ところが、本当はコーヒーを入れる方法や人数、好み等によって、ベストなコーヒー豆の量があるのです。

 

 

今回は、そんなコーヒー豆の量について、どのくらいの量が美味しいのか、測り方のコツまで詳しくご紹介していきます!

 

コーヒー豆の量の目安は入れ方によって違う?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

あなたは、コーヒーを入れるときに、何を目安に豆の量を測っていますか?

 

 

コーヒーは、まず抽出方法の違いによって、使用する豆の量が変化します。

 

 

コーヒーはいろいろな入れ方がありますよね。

 

今回は、その中でも、よく使われる5種類の抽出法に対するコーヒー豆の量をご紹介します。

 

 

では、さっそく一番ポピュラーな「ペーパードリップ」からご紹介しますね。

 

 

(1)ぺーパードリップのコーヒー豆の量は?

 

ぺーパードリップのコーヒー豆の量

 

ペーパードリップの場合、抽出したいコーヒーが1人分120ccなら、中挽き豆で10g必要になります。

 

一般的な濃さのコーヒーを入れることを想像してくださいね。

 

 

抽出する量を2人、3人と増やした場合、8gずつ豆の量を増やしていくのが目安となります。

 

 

ただ、それは、入れる人の腕前によっても、若干変わってきます。

 

 

たとえば、ドリップでコーヒーを入れる時には、ドリップポットでお湯を注ぎますよね。

 

しかし、お湯を注ぐのが苦手だったりすると、抽出したコーヒーの濃さにムラが出てしまうことがあるのです。

 

 

そうならないために、コーヒーの豆の量を少し多めにするのは、おすすめの方法の一つ。

 

なので、お湯を注ぐことに自信がない方は、ぜひ12g~13gの豆の量からスタートしてください。

 

 

だんだんとお湯の注ぎ方に自信がついてきたら、10gでも安定して入れられるようになりますよ。

 

 

続いて2つ目に行きましょう。

 

フレンチプレスを使った場合です。

 

 

(2)フレンチプレスのコーヒー豆の量は?

 

フレンチプレスのコーヒー豆の量

 

フレンチプレスは、軸のついた金属フィルターを、上から押し下げてコーヒーを抽出する器具です。

 

 

ビーカーのような形をした部分にコーヒー豆を入れて、お湯を注ぎ、金属フィルターをセットして抽出します。

 

 

フレンチプレスの場合、1人分のコーヒーの量が150ccだとすると、豆の量は15gが目安となります。

 

 

フレンチプレスは手軽に抽出できますが、しっかりと豆をお湯に馴染ませることが大切です。

 

 

さて、3つ目は、マキネッタに行ってみましょう。

 

 

(3)マキネッタのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

マキネッタは、イタリアの一般家庭でよく使われている「直火式のエスプレッソ器具」のことです。

 

 

マキネッタの場合、抽出する量が1人分50ccの時、豆の量は8gとなります。

 

 

基本的に、エスプレッソコーヒーを入れる器具なので、通常の豆の量よりも多めになり、お湯は少なめとなります。

 

もっと濃いめのコーヒーが飲みたい方は、ぜひ豆の量を多くして、凝縮されたコーヒーの味を試してみてくださいね。

 

 

続いて4つ目は、パーコレーターという器具です。

 

 

(4)パーコレーターのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

パーコレーターは、よくキャンプなどで使われているコーヒー器具の1つです。

 

直火で沸騰させると、セットしたコーヒー豆にお湯が混ざり、抽出されます。

 

 

パーコレーターの場合は、2人分240ccで豆の量は25gが目安ですね。

 

 

メーカーによっては、フタの部分が透明になっていて、中のコーヒーの抽出具合を見ることができます。

 

お湯が沸騰してきて、コーヒーの色が自分好みの色になったら出来上がりです。

 

 

さて、いかがでしょうか?

 

このように、コーヒー豆の量って、抽出方法によって違ってくるんですね。

 

 

それと、もう一つ。

 

ホットにするか?アイスにするか?によっても、コーヒー豆の量は変化します。

 

 

では、5つ目として、アイスコーヒーを入れる場合のコーヒー豆の量もご紹介しましょう。

 

 

(5)アイスコーヒーのコーヒー豆の量は?

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

アイスコーヒーは、氷を入れることを想定してコーヒーを入れます。

 

そのため、ホットコーヒーを抽出するときに比べて豆の量は多くなります。

 

 

ドリップで抽出した場合、2人分200cc抽出すると、豆の量は20gとなります。

 

 

そして、アイスコーヒーは、苦みを強くして濃くするのが「美味しく入れるコツ」!

 

 

そのため、コーヒー豆の焙煎度は「深煎り」にして、より深くて濃厚にするのがおすすめです。

 

 

ところで、よく聞かれるのですが・・・

 

コーヒーカップの大きさに対して、どれくらいの豆の量が必要かを知りたい人もいるんですよね。

 

 

たとえば、マグカップならこれくらい、レギュラーカップならこれくらい・・・という感じです。

 

続いてご説明しましょう。

 

コーヒー豆の量をマグカップ等の入れ物の大きさで考えると?

コーヒーカップには、たくさん種類がありますが、あなたは普段どんなカップを使っていますか?

 

 

ここでは、このカップ1杯につき、何グラムというコーヒー豆の量の目安をお伝えします。

 

では、早速ご紹介しましょう。

 

 

まず、もっともポピュラーなマグカップ。

 

これは240ccの量のコーヒーが入ります。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

マグカップは、アメリカンコーヒーのようにたっぷりの量を飲む方が使うことが多いですよね。

 

 

で、それをドリップで入れた時、240ccに対して豆の量は10g~12gと少なめにしましょう。

 

マグカップは、コーヒーの量が多いため、豆の量はそのままで、薄めのコーヒーができあがります。

 

 

次に、よく喫茶店でも使われているレギュラーカップ。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

これには、120ccの量のコーヒーが入ります。

 

 

コーヒー豆の量は、120ccの抽出量の場合10g~12gが目安の量になります。

 

 

次に、濃いコーヒーを少量楽しむ方がよく使う「エスプレッソカップ(デミタスカップ)」についてです。

 

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

エスプレッソカップは、このように小さめのカップです。

 

一口サイズの容量で、カップに厚みがあるのも特徴です。

 

 

エスプレッソは、30ccの抽出量に対し8g~9gの豆をたっぷり使います。

 

 

コーヒーの奥深い苦みやコクを楽しむためのコーヒーなので、これくらい使用するわけですね。

 

 

  • マグカップ
  • レギュラーカップ
  • エスプレッソ(デミタス)カップ

 

それぞれの量をご説明しましたので、ぜひ参考にしてください。

 

 

ところで、コーヒー豆を測ると言えば、外せない道具がもう一つありますよね。

 

 

そう!スプーンです。

 

 

・・・ということで、最後にスプーンでコーヒー豆を測る場合の目安についてお伝えします。

 

コーヒー豆の量をスプーンで測る場合の目安は?

コーヒー豆の量の目安!一杯何グラムで入れると美味しいの?

 

スプーンで測る時に大切なことは、そのスプーンがどのくらいの「グラム数」なのかを確認しておくことです。

 

 

市販されているコーヒースプーンは1杯10gが一般的です。

 

計量スプーンで言うと、大さじ2杯分の量と同じです。

 

 

「だったら計量スプーンでもいいじゃない?」

 

と思った方、それは少し違うのです。

 

 

実は、コーヒーを入れる道具には、それに合わせた大きさのコーヒースプーンが付いています。

 

  • コーヒーメーカー・・・・・6g~8g
  • エスプレッソマシーン・・・7g~8g
  • ペーパードリップ・・・・・10g

 

というように、細かい「グラム設定」があります。

 

 

そのため、いつもと同じように計量スプーンで測ると、正確な量にならないことがあるのです。

 

コーヒースプーンは、必ず「グラム数」を確認してから、使うようにしましょう。

 

 

さて、いかがでしたか?

 

 

自分好みのコーヒーにするために、コーヒー豆の量を正確に測ることは必須事項の一つと言えます。

 

 

ぜひ、きちんとコーヒー豆の分量を測って、自分の好みに合ったコーヒーを美味しく入れてくださいね!

 

 

では、コーヒー豆の量についていろいろとご説明しましたので、最後にまとめましょう。

 

まとめ

今回は、コーヒー豆の量の目安についてご紹介しました。

 

 

コーヒー豆は、入れる方法や味などによって、豆の量を変える必要があります。

 

 

カップの種類によってもコーヒー豆の量は変わります。

 

マグカップ、レギュラーカップ、エスプレッソカップの目安をお伝えしましたね。

 

 

コーヒー豆の専用スプーンは、ただの計量スプーンとは違うため、キチンとスプーンの量を把握することが大切です。

 

 

さあ、ではコーヒーの豆の量に不安がなくなったところで、美味しいコーヒーを入れてみましょうー♪

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク