コーヒーが酸っぱいのは、なぜ?

 

コーヒー 酸っぱい

 

「コーヒーが酸っぱい!」

 

という失敗談に悩んでいる方は、実は、かなりな数にのぼります。

 

 

せっかくおいしくコーヒーを入れようと頑張ってみたのに、出来上がったコーヒーが酸っぱくなると本当にガッカリしますよね?

 

 

僕も、初めてコーヒーを入れた時に同じ経験をしたので、その気持ちは痛いほどよく分かりますよ^^

 

 

実は、数あるコーヒーの入れ方の失敗談の中でも、この「酸っぱい」という悩みは、一番多いのです。

 

 

もちろん、それにはハッキリとした原因があります。

 

そこで、このページでは完成したコーヒーが酸っぱくなる原因や、その対処法について詳しく書いていきます。

コーヒーが酸っぱいのは豆の種類のせい?本当の原因はコレだ!

 

コーヒー豆 酸っぱい

 

コーヒーが酸っぱいのは、豆の種類が悪いのでは?と思っていませんか?

 

 

確かに、日本には「酸味系のコーヒー豆」が多いです。

 

代表的なコーヒー豆の種類も、ブルーマウンテン、モカ、キリマンジャロなど、一般的に酸味系と呼ばれているものばかり。

 

もしかして、コーヒー豆の種類が酸っぱい原因?という気持ちもよく分かります。

 

 

しかし、実はコーヒーの良い酸味と「酸っぱい」は、まったくの別物なんですよね。

 

もともとコーヒーチェリーという果物の種子から作られるコーヒー豆には、柑橘系のような爽やかな酸味があります。

 

 

この酸味は、いわばコーヒーの美味しさの要素の一つです。

 

だから、多くの方が感じているような「イヤな酸っぱさ」は、本来どんなコーヒー豆にも存在しないのです。

 

 

じゃあ、コーヒーが酸っぱい原因はいったいどこにあるのでしょうか?

 

もう、それはたった一言で終わります。

 

 

ズバリ!「コーヒー豆の鮮度の悪さ」です。

 

 

つまり、コーヒー豆が古い!

 

コーヒー豆 古い

 

コーヒーが酸っぱいという根本的な原因は「コーヒー豆の酸化」です。

 

 

コーヒー豆は、焙煎直後から酸素に触れることで、徐々に酸化しはじめます。

 

この酸化スピードは、一般的に考えられているよりも、かなり早いものです。

 

 

さらに、コーヒー豆を挽いて粉末状にしてしまうと、酸化スピードはさらに加速してしまうのです。

 

しかも、今の日本では、コーヒーがおいしく飲める期限というのは、かなり誤解されています。

 

 

スーパーへ行けば、賞味期限12カ月とか、ひどい場合は3年なんて平気で書いたコーヒー豆が売ってますからね。

 

「コーヒー豆が古い」という認識そのものが大きくズレてしまっているわけです。

 

 

ちなみに、豆の状態で売られている場合は、まだマシな方です。

 

中には、コーヒー粉末の状態で、1年近くも放置されている売り場なんかもあるから驚きます。

 

コーヒー豆 酸っぱい 粉末

 

そんなコーヒーだと知らずに買って飲んだ人の感想は、もうお分かりになるでしょう?

 

 

「ゲゲ!このコーヒー酸っぱい!」となるわけです。

 

 

特に、酸化したコーヒー豆で入れたコーヒーは、少し時間が経つと白濁してさらに酸っぱくなります。

 

カップに注いだコーヒーが冷めると白濁していたというのは、多くの方が体験されていると思います。

 

 

つまり、その白濁こそが、コーヒー豆が古いという証でもあるのです。

 

 

そして、酸化した豆でコーヒーを入れれば、どんなに入れ方が上手い人であろうと、そうなります。

 

なので、コーヒーが酸っぱいのは、自分の腕が悪いから?なんて心配する必要はありませんよ。

 

 

コーヒーが酸っぱい原因で一番多いのが、コーヒー豆の鮮度の悪さなのです。

 

 

ちなみに、鮮度の悪いコーヒー豆で入れると、ドリップした後はこんな感じになります。
          ↓ ↓

コーヒー酸っぱい

 

う~ん、何とも悲しいコーヒーカスの状態。。。

 

 

それでは、一体どうすれば良いのでしょうか?

コーヒーが酸っぱい!対処するのに一番良い方法は?

 

コーヒー豆 酸っぱい 疑問

 

では、コーヒーが酸っぱいという失敗への対処は、どうすれば良いのでしょうか?

 

 

これはもう、言うまでもありませんよね。

 

ズバリ!鮮度の良いコーヒー豆を入手することです。

 

 

そのためには、地元で自家焙煎のコーヒーショップを探すのが一番早道でしょう。

 

 

それも、お客の回転が良い方がコーヒー豆は新鮮なので、そういうお店を探すことが一番の対処法と言えます。

 

しかし・・・

 

 

「いろいろ探してはみたけど、なかなか良いコーヒー豆屋さんが見つからない!」

 

・・・という場合だってあるでしょう。

 

 

一見良さそうに見えても、中には質の悪いコーヒー豆を提供するお店もありますからね。

 

コーヒーが酸っぱい失敗の対処をするつもりが、さらに酸っぱいコーヒーができてしまう可能性だってあります。

 

 

なので、それを見分けるためには、何回かそのお店でコーヒー豆を買ったり、時間をかける必要があるわけです。

 

良いコーヒー豆を探すのって、けっこう苦労することが多いんですよ。

 

 

そこで、僕がおススメしたいのが、珈琲きゃろっとというコーヒー焙煎の全国チャンピオンがいるお店です。

 

 

実は、僕がこのお店を選んだのには、理由があります。

 

 

まずは、コーヒー豆の鮮度に徹底的にこだわっているということ。

 

 

本当にこだわっているかどうかは、コーヒーを淹れてみれば、一発で分かります。

 

 

このお店のコーヒー豆は、淹れる時に吹き上がって来る「泡の勢い」がまったく違うのです。

 

こんな感じで^^

コーヒー豆 泡の勢い

 

動画で見ると、さらに分かりやすいですよ。
↓ ↓

 

もちろん、豆の古さでコーヒーが酸っぱいなんていう、悲しい失敗もありません。

 

 

飲んだ時の芳醇で豊かな香り、ほんのり甘みのあるコーヒーの味わいも絶品です。

 

普通のコーヒー好きの方はもちろん、コーヒー通の方でも「う~たまらない!」と、思わず声をあげちゃいますよ^^

 

 

そして、そんな珈琲きゃろっとのコーヒー豆が、今ならナントお試し価格で手に入れられます。

 

しかも、驚くことに返金保証付きですよ。

 

 

ただ、こういうキャンペーンっていつ終わるのかが分かりません。

 

なので、僕みたいに「おいしいコーヒー豆を損せずに試したい!と思われる方は、今のうちに是非のぞいてみてくださいね。

 

大人気の【送料無料】お試しセット!コーヒー通の豆専門店はこちら

まとめ

 

それでは、最後にまとめです。

 

 

今回は、コーヒーが酸っぱいという失敗の原因と対処法についてお伝えしました。

 

 

酸っぱいコーヒーができる一番の原因は「コーヒー豆が古い」ということ。

 

酸っぱくならないためには、鮮度の良いコーヒー豆を手に入れることが不可欠です。

 

 

そのためには、近所で自家焙煎のショップを探すのが良いでしょう。

 

 

ただ、なかなか探せない方もいるので、珈琲きゃろっとのコーヒー豆をご紹介しました。

 

 

鮮度の良いコーヒー豆を使えば、あなたも酸っぱいコーヒーの呪縛から解放されますよ~

 

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク