エスプレッソカップは、どれがおすすめなのか?

エスプレッソカップのおすすめ!イタリア製が良いって本当?

 

エスプレッソカップは、コーヒーファンの間ではかなり有名ですよね。

 

 

濃いエスプレッソコーヒーを小さなエスプレッソカップで、クイッと飲み干す。

 

外国映画に出てくるようなワンシーンに憧れを持ったという方も多いと思います。

 

 

ただ、いざエスプレッソカップを買おうとすると、

 

  • 「やっぱりイタリア製がイイの?」
  • 「ガラス製を見たことがあるけどどうなの?」
  • 「エスプレッソカップが小さいのはなぜ?」

 

などなど、いろいろと気になるポイントが出てくることでしょう。

 

 

そこで、今回はそんなエスプレッソカップのイタリア製やガラス製のもの、またおすすめ等についても詳しく見て行きます。

 

 

ステキなエスプレッソカップを選ぶときの参考になればうれしいです。

 

エスプレッソカップのイタリア製!おすすめなのはどれ?

エスプレッソカップ イタリア製

 

エスプレッソカップは、やはり、まずはご当地のイタリア製のカップが良さそうですよね。

 

ただ、どれを選んだらよいのかについては、ちょっと悩んでしまうかも知れません。

 

 

・・・ということで、まずは、エスプレッソカップを選ぶためのポイントを3つご紹介しましょう。

 

 

カップの大きさで選ぶ

 

1つ目は、カップの大きさです。

 

 

エスプレッソカップは、少量エスプレッソを飲むカップなので、通常のコーヒーカップとは容量がまったく違います。

 

100ml~120ml以下の容量のカップを選びましょう。

 

できれば、70~80㏄くらいのサイズがベストですね。

 

 

取っ手の持ちやすさで選ぶ

 

2つ目のポイントは、カップの取っ手の持ちやすさで選ぶということです。

 

 

小さなエスプレッソカップは、取っ手も小さいものが多く、中にはつまんで持つような形になってしまい、持ちづらい場合があります。

 

ヘタをすると、手からすべってカップを落としてしまうことにもなりかねません。

 

 

ですので、実際にエスプレッソカップを握って見て、自分の手に馴染むような取っ手を選ぶことをおすすめします。

 

 

カップの形状で選ぶ

 

3つ目は、カップの形状です。

 

 

濃縮されたエスプレッソコーヒーは、苦すぎると敬遠する人も多いですが、カップの選び方によって、苦みを抑え、飲みやすくしてくれるものがあるのです。

 

 

それは、以下の2点です。

 

  • カップの作りが厚い
  • 丸みのある形状

 

 

この2つ条件を満たしていると、苦みや雑味を感じにくく、美味しくエスプレッソを飲むことが出来るんですよ。

 

 

飲みやすさもカップ選びの大切なポイントとなりますので、カップの厚みと丸みには注目してくださいね。

 

では、良いカップ選びのポイントが分かったところで、イタリアのおすすめのメーカーを3つご紹介しちゃいましょう。

 

 

Pellini(ペリーニ)

 

Pellini(ペリーニ)エスプレッソカップ

イタリアのトップブランド「ペリーニ」です。

 

イタリアエスプレッソのトップブランドのメーカーです。

 

エスプレッソをとことん美味しく飲むためのカップにこだわっています。

 

 

一般的に、エスプレッソカップは小さいので、取っ手が持ちづらいことがあります。

 

しかし、こちらのメーカーは取っ手部分にもこだわっており、持った時に指にフィットするようになっています。

 

つまんで持たなくても大丈夫なようになっているので、コーヒーを飲むときに落としてしまう心配がなくなりますよね。

 

カップの色は、少しクリーム色をしており、優しい印象を受けます。

 

飲む人のことをとことん考えたカップなので、とてもつかいやすいです。

 

容量は80ml入ります。

 

 

ビアレッティ

 

ビアレッティ カップ&ソーサーおじさんエスプレッソ

ビアレッティおじさんをモチーフにした、カラフルでお洒落なデザインのエスプレッソ用カップです。

 

マキネッタで有名な「ビアレッティ」からも、エスプレッソカップは販売されています。

 

老舗メーカーでもあるため、「エスプレッソを美味しく飲んでほしい」という願いが込められているんですね。

 

 

カップの中心部にはお馴染みの『ひげおじさん』がプリントされており、可愛らしい見た目に一目惚れしてしまう方も多いです。

 

また、カップの他に陶器のスプーンにソーサーまで付いているので、贈り物にも喜ばれますよ。

 

容量は、100ml入ります。

 

 

ヌォーバポイントのエスプレッソカップ「パレルモ」

 

ヌォーバポイント(nuova point) エスプレッソカップ「パレルモ」

イタリアのバールやカフェで日常的に使う肉厚で冷めにくい造りのカップ類を製造するメーカーです。
飽きのこないシンプルな形状と色合い、耐久性を兼ね備えた製品は、イタリア国内だけでなく世界中で高い評価を得ています。

 

最後に、イタリア製ヌオーヴァ・ポイント社が作ったエスプレッソカップをご紹介しましょう。

 

 

こちらのメーカーは、ロゴのデザインなどの装飾は一切なく、シンプルなカップです。

 

上品な白さが、ビジュアル的にもエスプレッソの魅力を引き出しています。

 

 

カップに全くデザインを加えていないので、エスプレッソが入った瞬間には1つの作品が出来上がったようにも感じますよ。

 

容量は60mlと、今までご紹介した中で一番少なく、濃いエスプレッソを楽しめます。

 

 

いかがでしょうか。

 

このように、イタリア製のカップは、陶器で出来ているのが特徴です。

 

 

陶器のエスプレッソカップは、優しい触り心地と、光沢のある見た目が上品さを際立たせてくれます。

 

だから、人気が高いのです。

 

 

あなたも、ぜひ一度は、陶器のイタリア製エスプレッソカップを使ってみてくださいね。

 

 

ところで、最近のカフェでエスプレッソを「透明なカップ」に入れているのを、見かけたことはありませんか?

 

実は、透明なカップの正体は、ガラス!

 

 

遠目から見てお洒落なガラスのエスプレッソカップに、どんなものがあるのかって結構気になりますよね。

 

そこで、次ではそんなガラス製のエスプレッソカップについて触れて見たいと思います。

 

エスプレッソカップのガラス製はどうなの?

エスプレッソカップのおすすめ!イタリア製が良いって本当?

 

エスプレッソカップと言えば、小さな白い陶器というイメージの方が多いと思います。

 

しかし、今ではエスプレッソの断面を見れるような、透明なデザインのカップがたくさん登場しています。

 

 

実は、エスプレッソって、すべてが同じ色ではなく、下の部分の色が濃く、上の方は薄くなっているんですよ。

 

 

その一見分かりづらいエスプレッソコーヒー色の違いを、透明なカップに入れると目でも楽しめるということから、人気が高まっているのです。

 

では、ガラス製のエスプレッソカップのおすすめメーカーを3つご紹介しましょう。

 

 

山下工芸 カップイッシアエスプレッソ

 

山下工芸 カップイッシアエスプレッソ

山下工芸のカップイッシアエスプレッソというガラス製のカップです。サイズは7.8×7.8×6cm。実は生産国はイタリアです。

 

イタリア製のガラス製のエスプレッソカップです。

 

作りは、よく見かけるエスプレッソカップなのですが、色は付いておらず透明なのが特徴です。

 

カフェや喫茶店などのプロが好んで使う、本格的なカップなんですよ。

 

 

プロが使うほどのカップですから、もちろん使い心地もグッド!

 

容量は80ml入ります。

 

 

キントーダブルウォールエスプレッソカップ

 

KINTO (キントー) ダブルウォール エスプレッソカップ

二重構造の耐熱ガラス製カップ。・保冷、保温に優れています。冷たいものを入れても表面に水滴がつきにくくなっています。

 

エスプレッソカップなのに、取っ手がついていない独特のデザインのカップです。

 

二重構造になっているため、保温性にも優れているので、入れてから飲み終えるまで、美味しい温度でコーヒーを楽しむことが出来ちゃうんですよ。

 

 

さらに、電子レンジ対応にもなっているので、冷めてしまっても温めなおすことができるので便利ですよね。

 

 

コロンとした可愛らしいカップなので、女性の方やデザイン重視の方は一目ぼれしちゃって、購入する方も多いんですよ!

 

容量は80ml入ります。

 

 

形も可愛い上に、小ささもプラスされるので可愛さが倍増しちゃいます。

 

ペアカップとしても、ぜひ使いたいカップですよね。

 

 

BorMioLi Rocco(ボルミオリ・ロッコ)

 

Bormioli Rocco(ボルミオリ ロッコ) オスロ エスプレッソ

Bormioli Rocco(ボルミオリ ロッコ) オスロ エスプレッソ [ Φ67(M93) x H62mm 100ml ]

 

最後に、イタリア老舗ガラスメーカーのカップをご紹介しますね。

 

 

これは、容器部分がガラスで、取っ手部分と底部分はステンレス製で作られているスタイリッシュなカップです。

 

 

制作工場は全て、イタリアとスペインで作られています。

 

熟練された職人たちが心を込めて作り上げている、本格的でこだわりぬいたエスプレッソカップなんですよ。

 

 

また、カップを洗うときのことも考えてあり、ガラス部分とステンレス部分を外せるよう配慮されています。

 

使う人のことを考え、飲む時のことを考えられた、真心がこもったカップですよね。

 

容量は、多めの110ml入ります。

 

 

さて、いかがでしたか?

 

陶器で作られたエスプレッソカップも素敵ですが、ガラス製のカップも透明感があり、爽やかな印象があり素敵ですよね。

 

 

ぜひ、ガラス製のカップを使うときには、エスプレッソの断面の色合いの変化を楽しんでみてくださいね!

 

 

ところで、陶器でもガラス製でも、エスプレッソカップって、どれも小さいな~と思っている方もいるかも知れませんね。

 

では、エスプレッソカップが小さい理由って、何なのでしょうか?

 

 

最後に、その気になるポイントについて触れて見たいと思います。

 

エスプレッソカップが小さいのはどうして?

エスプレッソカップのおすすめ!イタリア製が良いって本当?

 

エスプレッソカップは、まるでオモチャみたいだな~と思ったことはありませんか?

 

 

しかし、小さいカップの中には、子供ではとても飲めないような苦みの強いコーヒーが入っています。

 

じゃあ、なぜこんなに小さいカップでなくてはいけないのでしょう?

 

 

実は、エスプレッソカップが小さいのには、ある理由が存在するのです。

 

 

通常のコーヒーを入れるとき、ドリップ式の場合のコーヒー豆の量は10gほど使い、抽出される量は150ccくらいになります。

 

しかし、エスプレッソを入れるときの豆の量は7~8g使い、抽出される量は20~30ccです。

 

 

かなり、抽出量が少ないのが分かりますよね。

 

 

実は、この抽出量は、エスプレッソもドリップ式のように時間をかけてお湯を注げば、150ccほどになります。

 

しかし、抽出する時間をかけた分、コーヒーの味に雑味が出やすくなり、まずいコーヒーになりやすいです。

 

 

その点、エスプレッソは短時間で圧力をかけて抽出するので、コーヒーの美味しさがギュッと詰まっています。

 

 

濃厚なうまみのつまったエスプレッソコーヒーは、抽出量が少ない。

 

そのため、エスプレッソカップの大きさも小さくなったのです。

 

 

ただ、エスプレッソは味も苦みが強く、コクもあるので、少量でも満足できるコーヒーです。

 

エスプレッソをマグカップでがぶ飲みしている人は見たことないですよね?

 

それほど、味が凝縮されているのです。

 

 

少量しか入らないエスプレッソカップは、コーヒーの凝縮された味を美味しくいただくためのベストなサイズと言えそうですね。

 

 

さて、エスプレッソカップについてたくさんお伝えしてきましたので、最後にまとめましょう。

 

まとめ

今回は、エスプレッソカップについてご紹介しました。

 

 

エスプレッソの本場イタリアで作られてる陶器のカップは、どれも上品な物ばかりです。

 

おすすめのメーカーも3つご紹介しましたね。

 

 

ガラス製のエスプレッソカップも、なかなか魅力的だったでしょ?

 

エスプレッソの断面を見れて、色の変化を楽しめるので、コーヒータイムがよりいっそう楽しいと思います。

 

 

エスプレッソカップが小さいのは、凝縮されたコーヒーを美味しく飲むためのサイズ。

 

管理人も、いくつか持っていますが、エスプレッソはやっぱりエスプレッソカップで飲むのが一番ですよ。

 

 

ぜひ、あなたもお気に入りのエスプレッソカップで美味しいコーヒーを楽しんでくださいね!

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク