アメリカンコーヒーって何?

アメリカンコーヒー

 

「アメリカンコーヒー」と「ブレンドコーヒー」の違いって分かりますか?

 

 

昔から、コーヒーショップや喫茶店に入るなり勢い良く「アメリカン!」と注文する方はよく見かけます。

 

なので、誰でも1回は飲んだことがあるコーヒーだと思います。

 

 

でも、ほとんどの人は、ブレンドもアメリカンもあまり区別することなく、頼んでるんじゃないかな~と思います。

 

 

じつは、アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーには明確な違いがあるんですよ。

 

昔から当たり前のようにアメリカンコーヒーを注文している人にとっては、驚きの事実かもしれません。

 

 

今回は、二つのコーヒーを比べるところから、アメリカンコーヒーの美味しい入れ方まで詳しくご紹介していきますよ~。

 

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違いは?

アメリカンコーヒーとブレンドコーヒーの違い

 

よく喫茶店やカフェで見かけるアメリカンコーヒーとブレンドコーヒー。

 

一体、どんな違いがあるのでしょうか?

 

 

まずはじめに、ブレンドコーヒーから説明しましょう。

 

名前からも分かる通り、ブレンドコーヒーは、いろんな種類のコーヒー豆を混ぜ合わせて作っているコーヒーのことです。

 

 

ブラジルブレンド、モカブレンド、ブルマンブレンドなど、いろいろな名前を聞くかと思います。

 

 

お店ごとにブレンドしているコーヒー豆が違うので、味や香りがお店ごとに違うんです。

 

 

同じ「ブレンドコーヒー」でもお店の個性が出る。

 

なので、いろんなお店のコーヒーを飲んで、香りや味の違いを比べるのも楽しいですね。

 

 

ちなみに、ブレンドコーヒーが美味しいお店は、コーヒーが美味しいお店の証でもあるというのは、聞いたことがあるかと思います。

 

 

コーヒー豆の種類が同じでも焙煎が違うと、味も香りも違う楽しさがありますね。

 

 

じゃあ、このブレンドコーヒーとアメリカンコーヒーの違いは一体何でしょうか?

 

ひと言でいえば、アメリカンコーヒーとは、ブレンドコーヒーを浅煎りの豆でサッと落としたライトなコーヒーのことです。

 

 

そしてアメリカンコーヒーの一番の特徴は、コーヒーの色味。

 

実際にお店で注文した時に見れば分かりますが、明らかにコーヒーの色味が薄いのです。

 

 

じゃあ、色味が薄いので飲む前から「薄そう・・・。」と思われる方もいるかと思いますが、そこが大きな誤解です!

 

 

アメリカンコーヒーが薄いのは色だけで、味は、酸味が強く苦みが少ないすっきりとした後味のコーヒーなんです。

 

 

さらに「このコーヒーお湯で薄めてるんじゃない?」と思っている方、それも誤解なんですよね。

 

 

アメリカンコーヒーはお湯で薄めているのではなく、焙煎が浅煎りということなんです。

 

 

コーヒー豆の焙煎は、浅煎りから深煎りまで、8段階の種類があります。

 

 

その中で浅煎りと分類されている焙煎豆で淹れたコーヒーが、アメリカンコーヒーと呼ばれているのです。

 

 

間違ってもお湯で薄めたコーヒーではないということをお忘れなく~!

 

 

アメリカンコーヒーの良さは、苦みを抑えてあるので、コーヒーが苦手な方でも気軽に飲めるようになっていることです。

 

 

アメリカンコーヒーもブレンドコーヒーも、飲みやすさを考えて作られてます。

 

だから、多くの人たちから愛されて飲まれているコーヒーなんですね。

 

 

ところで、誰でも「本場のコーヒーも飲んでみたい!」と一度は思ったことがあるかと思います。

 

私もいつも思います。

 

 

しかし、本場アメリカでは、アメリカンコーヒーは存在しないという噂を聞いたことはありませんか?

 

 

では、普段から、私たちがアメリカンコーヒーと呼んでいるものを、アメリカでは何と呼ぶのでしょうか?

 

続いて見て行きましょう。

 

アメリカンコーヒーは英語で何て言うの?

アメリカンコーヒーを英語で言うと?

 

以前、アメリカへ旅行に行くという友達から、アメリカンコーヒーって英語でなんていうんだっけ?なんて聞かれたことがあります。

 

 

当時「そういえば英語でなんて言うんだろう?」と思って調べたことがあるんですね。

 

さて、何て言うかわかりますか?

 

 

実は、アメリカで浅煎りコーヒーを頼もうとしたときに、「アメリカンコーヒー」と言っても伝わりません。

 

 

「なんで?!」と思われた方もいるかもしれませんが、驚きの事実があるんです。

 

 

「アメリカンコーヒー」という呼び方は、日本発!

 

アメリカンコーヒーという言葉は和製英語のため、日本人だけが呼んでいるのですよ。

 

 

じゃあ、アメリカに行った時に英語で、アメリカンコーヒーのような濃さのコーヒーを頼みたいときには、何といえばいいのでしょうか?

 

 

アメリカにも浅煎りのコーヒー豆で淹れたコーヒーは存在します。

 

ただ呼び名が違うだけなんです。

 

 

まず、アメリカでは、濃い目のコーヒーを注文するなら「ストロングコーヒー」と言えば伝わります。

 

じゃあ、薄めのアメリカンは?

 

 

ズバリ!レギュラーコーヒーといえば伝わるのです!

 

 

日本で馴染みのアメリカンコーヒーという呼び名は、日本人だけにしか伝わらないので、海外へ行ったときには注意した方がいいですね。

 

 

普段から飲んでいるコーヒーでも分からないことがあるとは・・・やっぱりコーヒーは奥が深いですよね。

 

 

アメリカンコーヒーについてもっと知りたいことが増えて来た方もいることでしょう。

 

 

そういえば、コーヒー豆の焙煎度が何回も話題にあがっていますが、コーヒー豆の種類にも違いがあるのでしょうか?

 

 

次は、どんなコーヒー豆がアメリカンにおすすめなのかご紹介していきますよ!

 

アメリカンはコーヒー豆の種類が違うの?

アメリカンコーヒーの豆の種類

 

アメリカンコーヒーを作るときに適している豆があります。

 

それは「きれいな酸味が出る種類のコーヒー豆」です。

 

 

たとえば、モカ、ハワイコナ、ケニア、キリマンジャロ等の種類の豆は、ほど良い酸味が楽しめる豆です。

 

 

苦みと酸味がバランスよく楽しめるのは、コロンビア、ブラジルあたりでしょう。

 

 

アメリカンコーヒーを作ろうと思う時、苦みよりも酸味を楽しむことを考えてコーヒー豆を選ぶと迷わなくて済みますよ。

 

 

次に焙煎度ですが、もちろん「浅煎り」がいいです。

 

 

浅煎りの中でも、アメリカンコーヒーを作るのにおすすめしたいのが、シナモンローストとミディアムローストです。

 

 

シナモンローストは、生豆の時よりも青臭さが抑えられています。

 

酸味をより楽しみたい方にはおすすめの焙煎度です。

 

 

ミディアムローストは、一番アメリカンにあっている焙煎度ですよ。

 

初めて豆からコーヒーを作る方には、ミディアムから始めてみるのがいいと思います。

 

 

豆の挽き具合は、粗挽きにしましょう!

 

細かく挽きすぎると、雑味や苦みが出てしまうので粗挽きにしてくださいね。

 

 

苦みが少なく、すっきりとした酸味が『アメリカンコーヒー』の魅力ですから、できるだけ雑味は抑えましょう。

 

 

では、コーヒー豆の準備ができたので、自分でアメリカンコーヒーを入れてみたくなりましたよね。

 

 

せっかくなので、喫茶店やカフェのような『アメリカン』を作ってみましょう!

 

美味しい作り方があるので、ポイントを抑えてご紹介していきますね。

 

アメリカンコーヒーの作り方は?

アメリカンコーヒーの入れ方

 

今回は『ドリップ式』の作り方でご紹介しますね。

 

 

まず、ドリップフィルターを準備しましょう。

 

ネルドリップとペーパードリップがありますが、ライトな味わいにしたいアメリカンの場合は、ペーパーフィルターが良いでしょう。

 

 

フィルターに挽いたコーヒー豆をいれますが、通常10gと考えた場合、それよりも少ない6g~8gほど入れます。

 

 

次に、お湯を注いで抽出していくのですが、通常よりも30秒ほど短めに抽出してください。

 

 

長く抽出してしまうと、余計な雑味やコーヒーの味が濃くが出てしまいますので、注意が必要ですね。

 

 

さらに、可能であれば3つ穴の『カリタ式』というドリッパーを使うのがいいですよ。

 

もともとカリタのコ―ヒードリッパーは、コーヒーをサッと落とすために作られたものだからです。

 

 

通常のドリッパーだと抽出時間が長いので、やはり雑味が出てしまいます。

 

後味がすっきりとしたコーヒーにこだわる方には、『カリタ式』のドリッパーを使うのをおすすめしますよ。

 

 

アメリカンコーヒーを美味しく作るのにあたり一番ポイントとなるのは、雑味が出ないよう時間をかけずに落とすということですね。

 

 

さて、いろいろとアメリカンコーヒーについてお伝えしましたが、最後にまとめましょう。

 

関連記事

まとめ

今回は、アメリカンコーヒーについてお伝えしました。

 

 

ブレンドもアメリカンも、コーヒーになじみのなかった日本人が飲めるように工夫されていたのです。

 

 

アメリカンコーヒーは日本発の和製英語だったというのは驚きでしたね。

 

知らないまま海外へいっていたら大変だったかも?(笑)

 

 

美味しいアメリカンコーヒーを入れるには、浅煎りのコーヒー豆でサッと落とすこと。

 

ドリッパーなら、ペーパードリップのカリタがおすすめです。

 

 

あなたも美味しい『アメリカンコーヒー』作ってみませんか?

 

おすすめ記事

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク