初心者におススメなコーヒーの入れ方はペーパードリップ?

初心者の方が、まず最初に覚えるべき「コーヒーの入れ方」は何ですか?

 

これは、良く聞かれる質問の一つですが、私の中ではすごく明確です。

 

「ペーパードリップ」です。

 

もちろん、コーヒーメーカーやエスプレッソマシンを使うのは一番カンタンだと思います。

 

でも、あえて私が、初心者の方に「ペーパードリップ」をおススメするのには、理由が3つあるんです。

 

では、その3つの理由をご説明しましょう。

 

ペーパードリップは初心者でも簡単に始められる

1つ目の理由は、ペーパードリップは初心者でも簡単に始められるということです。

 

コーヒーのペーパードリップで使う道具と言えば、カリタ、メリタ、ハリオ、コーノ等に代表される「ドリッパー」です。

 

あわせて、ペーターフィルターと、お湯を注ぐポットがあれば、まずはそれでOKです。

 

※もちろん、もっと装備を整えたい場合はいろいろありますが、カンタンに始められることを前提に書いています。

 

やり方もシンプルで、コーヒーを抽出した後の豆カスの処理も楽チンです。

 

ペーパーに入ったまま、ゴミ箱にポイすればイイだけですからね^^

 

面倒な処理がいらないというのも、初心者がおいしいコーヒーを入れるためには大切なポイントだと思います。

 

初心者はペーパードリップでコーヒーの基本が学べる

2つ目の理由は、初心者はペーパードリップでコーヒーの基本が学べるということです。

 

ドリップって、おいしいコーヒーの入れ方の一部始終が学べるってご存知でしたか?

 

「コーヒーはドリップに始まりドリップに終わる」

 

という言葉があるように、ドリップって本当にコーヒーの入れ方の神髄が学べます。

 

あ、この言葉の本当の意味は「ネルドリップ」のことですけどね。

 

ネルドリップは、ペーパードリップが上手くなってからマスターするので良いと思います。

 

初心者が、いち早くおいしいコーヒーの入れ方を学ぶには、ペーパードリップが最適なのです。

ペーパードリップは初心者でもコーヒーをおいしく入れやすい

3つ目の理由は、ペーパードリップは初心者でもコーヒーをおいしく入れやすいということです。

 

どうせコーヒーを入れるのなら、初心者の人だって最初からおいしく入れたいですよね?

 

実は、ペーパードリップって、カンタンお手軽にもかかわらず、コーヒーをおいしく入れやすいんです。

 

このポイントは、初心者にとってはかなりウェイトが大きいです。

 

ちなみに、おいしいコーヒーの入れ方の真髄と言われる「ネルドリップ」は、上手く入れられるようになるには、かなりな練習が必要です。

 

その点ペーパードリップは、基本的なことをキチンと押さえて何回か練習をすればOK!

 

本格的で、とてもおいしいコーヒーが入れられるんですよ。

 

「カンタン・お手軽・おいしい」と3拍子そろっているのが、ペーパードリップなのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク