ネルドリップの保管について

ネルドリップの保管は、その人のコーヒーに対する考え方やスタイルによって異なります。

 

コーヒーの味に対するこだわりと同じなんですね。

 

ここでは、プロが行うネルの保管方法から、一般家庭でも行える方法までご紹介します。

 

まずは、ネルドリップの一番ポピュラーな保管方法からご説明しましょう。

 

ネルドリップフィルターの一番ポピュラーな保管方法

ネルドリップでコーヒーを入れた後、ネルを綺麗に洗ったら密閉袋やタッパーなどに入れ、綺麗な水に浸して冷蔵庫で保管します。

 

ネルの浸かっている水は、その日コーヒーを入れていなくても、毎日取り換えることをおススメします。

 

ちなみに、プロの中には、ネルを少量のコーヒーに浸して保管する方もいらっしゃいます。

 

常にコーヒーの香りをネルに染み込ませたいからです。

 

ネルドリップは使い込んでくると、ネルに付着したコーヒー豆が取れない場合があります。

 

その場合は、いったんネルを煮沸してください。

 

それによって、付着したコーヒー豆の成分や脂肪分の酸化を防いで、ネルに嫌な臭いが付着するのを防ぐことができます。

 

そのあとは、綺麗な冷水を入れた密閉容器にネルを漬け込み、冷蔵庫内で大切に保管することを忘れてはいけません。

 

繰り返しになりますが、コーヒーを入れても入れてなくても、水の交換は行ってください。

 

以上が、一番ポピュラーな保管方法となります。

 

ネルドリップフィルターの保管方法は他にもあります

実は、ネルドリッパーのの保管方法は、他にもいろいろとあります。

 

たとえば、煮沸した後ギュッと絞って水気を切り、キッチンペーパーで残りの水気を吸い取ります。

 

それから「密閉袋」へ入れて冷凍庫で保管するという方法です。

 

前述した方法よりも、より手間がかかるかも知れませんね。

 

あと、私が数十年前から仲良くしているコーヒー店のオーナーは、カラカラに乾燥させたネルの濾し袋でドリップを行います。

 

そのオーナーのやり方は、ネルをしっかり煮沸した後、「陰干し」をした状態で保管をしています。

 

人によっていろいろあるものですよね。

 

初心者の方は、一番ポピュラーな保管方法を参考にして見て下さい。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク