ネルドリップのお手入れについて

ネルドリップで必要不可欠な、ネルのお手入れ・洗い方についてご説明します。

 

ネルドリップのお手入れの大切なポイントとして、コーヒーを入れた後、必ず流水で綺麗に洗浄することが挙げられます。

 

その際、コーヒーの着色が気になるからと言って、洗剤などで洗うのは絶対に避けてください。

 

実際にやってみると分かりますが、洗剤のにおいがネルフィルターに移って使い物にならなくなるのです。

 

また、新品のネルフィルターを使用する際、いきなりコーヒーを入れ始めてはいけません。

 

まずは、ネルについている糊(のり)をしっかり取り除く必要があります。

 

ネルドリップのお手入れ フィルター糊(のり)の取り除き方

ネルフィルターのお手入れのスタートとなる糊(のり)の取り除き方についてご説明します。

 

ネルフィルターの糊(のり)の取り除き方は、とてもカンタンです。

 

まず、鍋にたっぷりの水を入れ、その中に新品のネルフィルターと挽いたコーヒー豆を一緒に入れましょう。

 

それを火にかけて沸騰させ、グツグツと煮込むだけです。

 

ネルフィルターを煮込む時間のだいたいの目安としては10~15分くらいで大丈夫です。

 

すると、ネルをコーティングしていた糊が剥がれてコーヒーの風味が染み付き、ネルが良い状態になります。

 

こうすることで、初日から本格的なコーヒーを堪能することができるのです。

 

煮沸したネルは、必ず流水でキレイにすすいであげましょう。

 

ネルドリップのお手入れ 交換時期

ネルドリップのフィルターは適切にお手入れを行っても交換時期が必ずやって来ます。

 

なぜなら、ネルフィルターは、使用回数を重ねるほどにコーヒー豆による目詰まりが起き、どんなに入念に手入れを行っても交換が必要になるからです。

 

ただし、前述しましたが、ネルフィルターの「ほど良い目詰まり」はコーヒーの蒸らしを良くしてくれる作用があります。

 

逆に言えば、新品のネルフィルターは、まったく目詰まりがない状態ですから、少し使い込んだ方が、ネルの良さは活かされるのです。

 

しかし、あるピークを過ぎたところから、ネルフィルターは確実に劣化していきます。

 

劣化したネルフィルターを使い続けると、起毛がコーヒーの微細な粒子を濾し取れなくなります。

 

最終的に、過度の目詰まりを起こし、コーヒーの抽出時間がオーバーしてしまうのです。

 

ネルが目詰まりし過ぎると、エグ味・雑味の原因となりますので防がなければなりません。

 

コーヒーの交換時期を確かめる方法はいたってカンタンです。

 

空っぽのネルフィルターに、コーヒーを入れる時と同じようにお湯を注ぎます。

 

そして、お湯が落ちていくスピードを測ればよいのです。

 

あらかじめ新品のネルフィルターで時間を測っておき、使用回数が増えたころに、再度測り直すと良いです。

 

ネルフィルターの使用環境にもよりますが、大体30回~50回くらい使った頃を目安に測って見てください。

 

明らかにお湯が落ちるスピードが遅すぎると感じたら、交換時期が来たと判断しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク