ネルドリップのコツ

ネルドリップによるおいしいコーヒーの入れ方にはコツがあります。

 

いくつかご紹介しますので、しっかりとコツを押さえておきましょう。

 

ちなみに、それ以外の基本的な入れ方のコツについては、おいしいコーヒーの入れ方のコツのページをご覧ください。

 

では、ネルドリップ特有のコツについてご説明します。

 

ネルドリップのコツ(1) ネルフィルターを清潔に保つ

ネルドリップでコーヒーをおいしく入れるコツの一つとして、ネルフィルターを清潔に保つことが重要です。

 

たまに見かけるのが、煮沸がまったくされてないフィルターを堂々と使用している方です。

 

そういう方に限って「ネルで入れたコーヒーは不味い」と平気でボヤくんですよね。

 

ハッキリ言います。

 

「そんなの当たり前です!^^」

 

ネルフィルターは、究極においしいコーヒーが入れられる「優れた器具」です。

 

ただし、それと同時に非常にデリケートな器具でもあるのです。

 

少しでも臭いや不純物が付着していると、それがダイレクトにコーヒーの味として現れるんですね。

 

しつこいようですが、ネルフィルターは常に煮沸をして清潔な状態を保ちましょう。

 

ネルドリップのコツ(2) フィルターに直接お湯をかけない

これはネルドリップの入れ方のコツでもあり、ペーパードリップのコツでもあります。

 

お湯を直接フィルターにかけると、そこにお湯が伝って流れていく「道」ができてしまいます。

 

その結果、コーヒーが抽出されるよりも先に、お湯がサーバーの中に落ちていきます。

 

結果的に抽出が不十分で、抜けたような味のコーヒーとなってしまいます。

 

お湯はどんな場合も、コーヒーの真ん中から注ぐようにしましょう。

ネルドリップのコツ(3) お湯は、細く細く注ぐ

お湯を細く注ぐというコツについても、ペーパードリップと同じに感じるかも知れません。

 

しかし、ネルドリップの場合は、ペーパーよりもさらに細く注ぐ必要があります。

 

なぜなら、ネルドリップのコーヒーの特徴である「味の深み・香り・コク」を最大限に引き出したいからです。

 

そのために、ぜひ「点滴」という注湯方法ができるよう、しっかり練習を積んでください。

 

点滴がうまくできるようになると、コーヒーの味のコントロールが自由自在にできるようになります。

 

それこそ「究極の一杯」と呼ばれる「最高品質のコーヒー」が堪能できますよ。

 

そうなったらもう、まわりの人に飲ませずにはいられなくなるかも?(笑)

 

ぜひ、挑戦して見て下さいね。

ネルドリップのコツ(4) 最後の抽出液はフィルターに残して終える

このコツについては、ペーパードリップの場合と同じです。

 

ネルドリップの場合、常にフィルター内にはコーヒーが残っている状態で抽出を行います。

 

適切に抽出された時のフィルター内のコーヒーには、泡やコーヒーのアクが浮き出している状態なのです。

 

そんなコーヒーの不純物を一緒に落としてしまっては、せっかくおいしく入れたコーヒーのエキスが台無しになってしまいます。

 

最後は必ず、フィルター内にコーヒーを残した状態で抽出を終了しましょう。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク