水出しコーヒー(ダッチコーヒー)の特徴 歴史

水出しコーヒーとは、別名「ダッチコーヒー」とも呼ばれる特徴的なコーヒーです。

 

水出しコーヒーの特徴や歴史は、インドネシアや中央アメリカ、南アメリカなどのコーヒー原産国から始まっています。

 

水出しコーヒーの発祥地インドネシアは、赤道直下の国ですので、1年を通して暑さの厳しい地域でもあります。

 

そのため、ロブスタ種という、やや品質は落ちますが病気に強いコーヒー豆を美味しく飲む必要があったのです。

 

どういうことかと言いますと、コーヒー豆の中で高品質として有名な「アラビカ種」は、インドネシアでは「サビ病」という病気にかかりやすくなります。

 

そのため、インドネシアでは「アラビカ種」の育成を断念せざるえなかったのです。

 

多くのロブスタ種は強力な苦みを持つため、そのままではおいしく飲めないものがほとんどです。

 

それを何とかおいしく飲めないものかと考案されたのが、「水出しコーヒー」だったのです。

 

現在では、そうい言った歴史の流れもあって、インドネシアは、世界屈指のロブスタ種生産国となっています。

 

水出しコーヒー(ダッチコーヒー)の特徴

水出しコーヒーの魅力は、一体なんでしょうか?

 

水出しコーヒーは、長い時間をかけてじっくりとコーヒーエキスを抽出していきます。

 

しつこさや雑味を極限まで減少させ、コーヒーの甘味や香りを際立たせることのできるというところが、最大の魅力と言えるでしょう。

 

また、サイフォンに近いガラス器具による抽出方法は、視覚的にもお洒落で魅力的です。

 

水出しは、ドリップやサイフォン等に比べると、かなりマニアックな部類に入る抽出法と言えます。

 

しかし、他の抽出法に比べても嫌な苦みが少なく、後味がとてもスッキリしているのです。

 

水出しコーヒーがイヤな苦みや雑味が少ない理由

水出しコーヒーがイヤな苦みや雑味が少ない理由についてご説明しましょう。

 

基本的に、コーヒー豆はお湯(水)の温度が高いほど、不純物エグ味が出やすくなります。

 

それを常温の「水」で抽出するという、ある意味「究極の低温抽出法」とも言えるのが、水出しコーヒーなのです。

 

低温の水でじっくり時間をかけて抽出するため、コーヒー豆に含まれるカフェインやタンニン等も溶けだしにくいです。

 

そのため、妊娠中や授乳中の女性など、カフェインの摂取を控えたい方にもおススメなコーヒーとなります。

 

もちろん、微量のカフェインやタンニンなどは含まれますから、飲み過ぎにはご注意くださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク