ネルドリップのデミタスコーヒーは玄人好み?

ネルドリップのデミタスはコーヒーの真骨頂?

ネルドリップによるコーヒー抽出を始めた方がしばらく経験を積んだら、ぜひデミタスコーヒーにチャレンジして欲しいな~と思います。

 

ネルドリップで「デミタス」を楽しむことはコーヒーの真骨頂とも呼ばれますが、若干技術が必要になってきます。

 

では、普通のコーヒーより淹れる技術を必要とするデミタスコーヒーは、どうやって淹れるといいのでしょうか。

 

ここでは、ネルドリップによるデミタスコーヒーの淹れ方について書いていきます。

ネルドリップによるデミタスって、どんなコーヒー?

ところで、コーヒー初心者の方は、ネルドリップ?デミタス?それって一体なに?と思われることがあるかもしれません。

 

デミタスとは、フランス語で「半分サイズのコーヒーカップ」を指します。

 

小さめのカップを使って淹れた濃いめのコーヒーであれば、デミタスと呼ばれます。

 

淹れ方や使う道具は違いますが、エスプレッソやトルココーヒーもデミタスに含まれますよ。

 

小さめのカップで提供される濃いめのデミタスコーヒーは、食後に好んで飲まれています。

 

ネルドリップでは、点滴抽出でゆっくり時間をかけて淹れれば、キリッとした風味の濃厚なデミタスコーヒーを楽しむことが出来ますよ。

 

ネルドリップでは、コーヒー豆の量はもちろんのこと、淹れ方を調整するだけでも、自分の好きな濃さのコーヒーを淹れることが出来ます。

 

初心者には難しいデミタスコーヒーですが、ぜひ技術の向上とともに一度挑戦してみてくださいね。

ネルドリップでデミタスコーヒーを淹れるには?

ネルドリップでデミタスコーヒーを淹れる時は、抽出する速度と、一度に注ぐお湯の量が重要になります。

 

ネルドリップのフィルターは、お湯を通しやすく、一度に沢山のお湯をコーヒーの粉に注ぐと、若干薄くてあっさりしたコーヒーが出来上がります。

 

デミタスコーヒーを淹れたい時は、低い温度のお湯を使って、出来るだけゆっくり時間をかけて「点滴抽出」で淹れましょう。

 

それでは、大まかにですが、ネルドリップによるデミタスの淹れ方を説明します。

 

まずフレンチロースト位のコーヒー豆を「中挽き程度」の粗さに挽いて、コーヒーの粉を13g~15gほど使いましょう。

 

お湯の温度は、大体65~70℃くらいの低めで設定してください。

 

まず、第一投目のお湯は、細口のポットをゆっくりと傾けながら、ポタポタと点滴になるくらい細く細く注ぎましょう。

 

コーヒー豆の粉にお湯がまんべんなく染み渡ったら、いったん注ぐのを止めて、豆が膨らみ切るまで待ちましょう。

 

十分に膨らんだら、同じく点滴でポタポタと第二投目のお湯を注ぎながら、徐々にお湯の太さを太くしていきます。

 

この辺りは、経験が必要になりますが、目安としてはコーヒーの抽出液が下に落ちていくスピードに合わせて、だんだんとお湯を太くしていく感じです。

 

抽出時間は、10~20分くらいを目安にすると良いでしょう。

 

一度に注ぐお湯の量が少なく、時間をかけて抽出するほど、濃くて香りのいいコーヒーが出来上がります。

 

いつものコーヒーを淹れる時よりも、お湯を細くゆっくりと一定のペースで入れてくださいね。

 

ネルドリップでデミタスコーヒーを淹れるのは、最初はちょっと難しいかもしれません。

 

しかし、ネルドリップの極みとも言えるので、コーヒーを淹れることに慣れてきた方は、ぜひネルドリップのデミタスコーヒーも試してみてくださいね。

 

食事が終わった後に、一息入れるためのコーヒーをゆったりと淹れる。

 

ふんわり周囲に広がるコーヒーのいい香りは、本当に食後にぴったりです。

 

キリッとした苦味の濃いめのコーヒーは、口の中をさっぱりさせてくれますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連ページ

ネルドリップの特徴
ネルドリップにはどんな特徴があるのでしょうか?ペーパードリップや他の入れ方との違いが気になるという方も多いことでしょう。ここではそんなネルドリップの特徴やメリット・デメリット、他の入れ方との違いなどについて詳しくご説明します。
初心者
ネルドリップの初心者は、まずどんなことを意識すれば良いのでしょうか?ここではネルドリップの初心者がおさえるべきポイントついて書いて行きます。