エスプレッソ器具 タンパーの種類

タンパーとは、エスプレッソコーヒーを抽出する際、必要不可欠となる器具です。

 

タンパーをどうやって使うのかというと・・・

 

まず、エスプレッソを抽出するポルタフィルターへ極細に挽いたコーヒー豆を投入します。

 

その際、コーヒー豆をギュッと固く詰め込むのに使うのが「タンパー」という器具なんですね。

 

ポルタフィルターには、コーヒー豆の粉を均一に詰め込むことが重要です。

 

そのことによって、噴出する蒸気がコーヒー豆をガシッと受け止め、コーヒーの旨味や香りが見事に抽出されるからです。

 

つまり、タンパーは、エスプレッソの味や香りの決め手となる重要な器具の1つなのです。

 

「タンパー」は、実にいろいろな形状や素材、大きさのものが販売されています。

 

きっと、初めてエスプレッソを入れる方は、タンパーの選び方に迷うこともあるかと思います。

 

そこで、たくさんの種類のタンパーから、選ぶポイントをいくつかご紹介しましょう。

 

エスプレッソ器具 タンパーの大きさ

タンパーは、ポルタフィルターに挽いたコーヒー豆を均一に詰め込む器具です。

 

ただし、エスプレッソマシンによってポルタフィルターの大きさは異なります。

 

そのため、コーヒー豆に触れるベース部分の直径は49mm~58mmと、様々なサイズが用意されています。

 

家庭用エスプレッソのポルタフィルターは49mm~57mm、業務用は58mm前後が平均サイズです。

 

ご自分のマシンのポルタフィルターに、ぴったり合うサイズのタンパーを購入しましょう。

 

エスプレッソ器具 タンパーの型

タンパーのコーヒー豆が触れる面にも、いろいろとタイプがあります。

 

フラット型と呼ばれる平らなタイプや、カーブ型と呼ばれる弧線タイプのタンパー。

 

また、ウェーブ型という波形タイプ等、いろいろな種類のタンパーがあるんですね。

 

ところが、これだけいろいろなタンパーがあるにも関わらず、ほぼ全てのバリスタが使うタイプは決まっています。

 

「FLAT(フラット)型」もしくは「CONVEX(コンベックス)型」と呼ばれるタイプのものです。

 

フラット型は、その名の通り「平型」です。

 

コンベックス型は、中高の「凸面」を持つタンパーのことです。

 

しっかり平らな面でタイピングを行いたい場合は、フラット型を使います。

 

中央部分に穏やかな窪みを作って、エスプレッソの抽出を安定させたい場合は、コンベックス型を使用します。

 

エスプレッソは、タンパーの選び方次第で風味や香りがまったく変わってきます。

 

自分が目指す味や、エスプレッソマシンとの相性を見ながら選択しましょう。

 

エスプレッソ器具 タンパーの取っ手サイズと素材

タンパーの取っ手部分にも、いろいろな素材やサイズがあります。

 

取っ手のサイズには「トール・ショート・ボール」などがあり、ご自身の使いやすいものを選択すると良いです。

 

取っ手の素材ですが、アルミステンレス木製などがラインナップされています。

 

取っ手の素材とサイズは、エスプレッソマシンを所有する方の個性がキラリと光る部分です。

 

なので、良く選んで自分のスタイルに合ったものを購入しましょう。

 

さて、エスプレッソをおいしく入れるための器具の1つ「タンパー」の特徴や選び方についてご説明させて頂きました。

 

実は、エスプレッソマシーンを購入した際に付属されたタンパーには、マシンと相性が悪いものも、けっこう存在します。

 

必ず自分がイメージする味や雰囲気にマッチするものを、個別に選ぶようにしましょう。

 

たったこれだけで、ワンランク上のエスプレッソを堪能することができますよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク