サイフォン式の特徴について

サイフォン

サイフォン式で入れるコーヒーの特徴は、風味や香りにブレが生じにくいことです。

 

抽出の際にただよう強いサイフォンコーヒーの香りは、コーヒーが苦手な方さえも魅了する力を持っています。

 

サイフォンという器具の最大の特徴は、やはりその風貌でしょう。

 

飲むだけでなく、コーヒーを入れている間も視覚的に楽しませてくれるがサイフォンという器具の特徴なのです。

 

そのお洒落な雰囲気からか、老若男女を問わずとても人気があります。

 

ただし、最近は、なかなかお店でお目にかかる機会がないかも知れませんね。

 

残念ながら、サイフォン式でコーヒーを入れるお店は、年々減少傾向にあるからです。

 

しかし、今でもサイフォンという器具に魅了されている方は、後を絶ちません。

 

それだけ、他のコーヒー器具にはない魅力があるからでしょう

サイフォン式の構造特徴とは?

サイフォン式の構造特徴は、フラスコのようなガラス容器の下から熱を加え、コーヒーエキスを抽出する器具ということです。

 

 

サイフォン式は、容器中の「気体の圧力」によってお湯を下から上へと持ち上げます。

 

すると、上の容器にセットしたコーヒー豆がお湯に浸され、その結果コーヒーエキスが抽出されるのです。

 

 

以前の日本では、ドリップ式と並ぶほど人気の高い抽出方法でした。

 

そのため、一昔前にはサイフォン全盛期と呼ばれる時代が存在していたほどです。

 

 

当時の喫茶店のカウンターには、必ずと言っていいほどサイフォンがズラリと並んでいましたね。

 

古き良き日本の喫茶店の、独特の雰囲気を醸し出していたのがサイフォンなのです。

 

 

サイフォン式は、ドリップ式よりも人を選ばず、安定したコーヒーが抽出できるため、誰でも本格的なコーヒーの風味や香りが楽しめます。

 

さらに、科学の実験器具のようなサイフォンの抽出工程は、コーヒーが飲めない方や、お子さんでも視覚的に楽しむことができるでしょう。

 

 

視覚・嗅覚・味覚など・・・

 

人間の五感全てでコーヒーを感じられることも、サイフォンの大きな特徴と言えるのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク