フレンチプレスによるコーヒーの入れ方手順

フレンチプレス

フレンチプレスによるコーヒーの入れ方の手順をご説明します。

 

まず、必要になる器具は1点のみ「フレンチプレス」です。

 

フレンチプレスは、コーヒーを入れる際、フィルター・コーヒーサーバー・ポットのような道具は一切必要ありません。

 

この点が、ドリップなどのコーヒー器具と大きく異なるポイントです。

 

ちなみに、フレンチプレスの名称は、メーカー毎に異なります。

 

「プランジャーポット」「カフェプレス」などと、いろいろな呼び方があるわけです。

 

ただ、入れ方はどれも同じですので、安心してくださいね。

 

また、サイズによって2杯用・4杯用など用意されていますので、用途に合わせて購入しましょう。

 

では、フレンチプレスを使用したコーヒーの入れ方をご紹介します。

 

フレンチプレスによるコーヒーの入れ方 前準備

フレンチプレスの入れ方の前に、まずは材料からご説明します。

 

【必要な材料と器具】

 

  • フレンチプレス
  • 粗く挽いたコーヒー豆  15g
  • お湯(90℃くらい)  300ml

 

それでは、実際に入れてみましょう。

 

フレンチプレスの器具を温めます

 

まずは、フレンチプレスの器具を事前にお湯で温めて置いてください。

 

すると、コーヒーのエキスが順調に抽出されやすくなります。

 

逆にポットが冷めていると急激な温度低下によって、コーヒーの風味や香りが薄れてしまいます。

 

フレンチプレスのおいしいコーヒーを入れるコツとして覚えておきましょう。

 

温めた後のお湯は、キチンと水分を切ってくださいね。

 

・・・と、ここまでがフレンチプレスによるコーヒーの入れ方の前準備となります。

 

フレンチプレスによるコーヒーの入れ方 手順と流れ

コーヒー豆とお湯をフレンチプレスに入れます

 

挽いたコーヒー豆と適温のお湯(90℃くらい)を、フレンチプレスに入れます。

 

お湯は、コーヒー粉末が浸るくらいの分量を入れてください。

 

それから20秒ほど、そのままの状態で置いて、蒸らして行きます。

 

残りの分量のお湯を入れて蓋(ふた)をします

 

20秒くらい経ったら、残りの分量のお湯をフレンチプレスのポットに注いてください。

 

その際、金属フィルターを下に下げない状態を保ったまま(つまみを上に引き上げた状態を保つ)蓋をします。

 

それから3分から4分ほど、そのままの状態を維持します。

 

コーヒーをプレスします

 

数分後、しっかりコーヒーエキスが抽出されたのを確認したら、コーヒーをプレスします。

 

上に引き上げていた「つまみ」をグ~ッと押し込み、金属フィルターでコーヒーの粉末を押し下げて行くのです。

 

これは、フレンチプレスならではの楽しいひと時ですね。

 

フィルターを下まで下げ切ったら、カップにコーヒーを注いで完成です。

 

さて、いかがでしたか?

 

「え?これだけ?」と思われた方もいらっしゃるかも知れませんね。

 

そうなんです!

 

フレンチプレスは、コーヒーの粉末とお湯を注いで、蒸らして押し込むだけなのでとっても簡単ですよね!

 

忙しい方でもカンタンにおいしく入れられる優れものの器具が、フレンチプレスなのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク