ネルドリップの特徴

スポンサードリンク

ネルドリップの特徴について

ネルドリップの特徴についてご説明しましょう。

 

まず、ネルドリップは、1821年頃のイギリスで始まったと言われるコーヒーの抽出方法です。

 

ネルドリップの「ネル」の特徴は、柔らかい手あたりの布で、紡毛糸で粗く表面がケバ立ったフランネルのことを指しています。

 

このネルと呼ばれる、特徴的な布フィルターでコーヒーを抽出するので「ネルドリップ」という名前が付いたんですね。

 

コットン素材で出来たネルは、とても目が細かいというのも特徴の一つです。

 

そのため、コーヒー豆の持つ本来の旨味がギュッと凝縮された、とてもハイレベルなコーヒーを入れることができます。

 

ネルドリップは、むかしからコーヒー通の方々から不動の人気を誇っている、究極のおいしいコーヒーの入れ方なのです。

ネルドリップの特徴 中級~上級者向けである

ネルドリップは、中級から上級者向けというのも、大きな特徴の一つです。

 

ペーパードリップは、誰でも気軽においしいコーヒーが入れられる方法ということでご紹介しましたね。

 

それに対してネルドリップの特徴は、やや難易度が高く、中級者から上級者向けの入れ方と言えるでしょう。

 

ただし、初心者の方でもしっかり練習すれば、問題なくおいしいコーヒーを入れられますので、その点はご心配なく。

 

逆に、「私は初心者だからネルドリップなんて・・・」と、いつまでも二の足を踏んでしまう方も見かけることがありますが、それは正直もったいないというもの。

 

ネルドリップは、コーヒーの世界にせっかく足を踏み入れたのであれば、一度はチャレンジしてみたい「おいしいコーヒーの入れ方」です。

 

ちょっとしたコツや特徴さえつかめば、コーヒーの風味や味わいを最大限に引き出せる、すばらしい抽出方法ですからね。

ネルドリップの特徴 オイルを通過させる

ネルドリップで入れたコーヒーの味の特徴として、究極にマイルドなコーヒーが出来上がるということが挙げられます。

 

では、究極のマイルドコーヒーとは、どんなコーヒーなのでしょうか?

 

ネルドリップのコーヒー特徴は、まろやなか苦みに、深いコク、香り、雑味がないなどなど・・・まあ言い出せばキリがありません。

 

ただし、ネルドリップが「まろやかさ」を出してくれる大きな要因の一つに、「コーヒーオイルを透過させるフィルターである」という特徴が挙げられます。

 

どういうことかというと・・・ペーパーフィルターはコーヒーのまろやかさにつながるコーヒーオイルが、通って行きません。

 

そのため、オイルによるコーヒーのまろやかさが出せないわけです。

 

ところが、ネルドリップの場合は、コーヒーオイルを通過させるという特徴を持っています。

 

それも、お湯ととても浸透性の良い「コーヒーの表面に浮かないオイル」です。

 

そのため、究極のマイルドコーヒーが抽出できるというわけです。

 

また、コーヒー豆が持つさまざまな雑味を綺麗に越してくれるというのも、ネルドリップの大きな特徴の一つと言えます。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連ページ

利点
ネルドリップは、中級~上級者向けのコーヒーの抽出方法です。ここではネルドリップの利点について書いて行きます。
欠点
ネルドリップによるコーヒーの入れ方には利点があれば欠点もあります。ここではネルドリップの欠点について書いて行きます。
初心者
ネルドリップの初心者は、まずどんなことを意識すれば良いのでしょうか?ここではネルドリップの初心者がおさえるべきポイントついて書いて行きます。
デミタス
ネルドリップのデミタスコーヒーは玄人好みと言われ、味も香りも最高だと言われています。ここではネルドリップによるデミタスコーヒーについてご説明します。