ネルドリップ初心者に必要なものは?

スポンサードリンク

ネルドリップ初心者に必要なものは何がある?

コーヒー初心者の方で、ネルドリップの憧れを持っている方もいらっしゃることでしょう。

 

なぜなら、コーヒーを淹れる、一番美味しい淹れ方と言われるのが「ネルドリップ」ですからね。

 

ところで、初心者がネルドリップを始める時には、どんなものをそろえる必要があるのでしょうか。

 

ここでは、ネルドリップ初心者の方がまず初めに必要となるものについて触れて見ましょう。

ネルドリップ初心者が持っていると良いものは何?

まず、初心者がネルドリップを始める時に最低限必要なものは、4つです。

 

  • ネルフィルター
  • ドリッパー
  • ドリップポット
  • サーバー

 

ですね。

 

ネルフィルターは、柔らかいフランネルで作られた布製のフィルターです。

 

ネルドリップでコーヒーを淹れるのであれば、このネルフィルターが無いと始まりません。

 

初心者の方は、特に持ち手の付いたものを選べば、慣れてきてからも使えます。

 

交換用のネルだけのものでは無く、きちんと「ハンドル付き」のものを選ぶと良いでしょう。

 

ネルフィルターを固定するドリッパーは、慣れてくると必要の無いものですが、初心者のうちはあると便利です。

 

1~2杯分のコーヒーをネルドリップで淹れる時は、ネルフィルターを片手に持ってコーヒーを淹れます。

 

ネルフィルターとドリップポットをそれぞれ持って淹れるのは、最初のうちはちょっと難しいかも知れません。

 

ドリップポットは、絶対になくてはならないとは言いませんが、無いとちょっとキツいです。

 

なぜなら、ネルフィルターはお湯が通り抜けやすいので、細くお湯を出すことの出来るドリップポットが必要だからです。

 

ドリップポットが無いと、一気にコーヒーを淹れる難易度が上がります。

 

淹れたコーヒーを受ける「サーバー」は、あった方が良いでしょう。

 

出来上がったコーヒー液が、2~5杯ぐらい入るものを準備してくださいね。

ネルドリップ初心者がおさえておいた方が良いことは何?

初心者がネルドリップでコーヒーを淹れる時は、ネルフィルターの通過性の良さに注意してください。

 

ネルフィルターはお湯が通り抜けやすく、コーヒーの成分もフィルターを通り抜けやすくなっています。

 

風味と一緒に雑味も入りやすいので、注意してくださいね。

 

ペーパードリップでコーヒーを淹れる時よりも、ネルドリップでは蒸らし時間を長く取り、細くお湯をかけることが大切です。

 

ネルドリップは個性の出やすい淹れ方だからこそ、淹れる方の技術が重要になってきます。

 

飲み口の柔らかさだけで無く、風味の調整が出来るのもネルドリップの良さの1つです。

 

難易度が高い淹れ方だからこそ、初心者のうちは道具で補助出来る部分は道具に頼りたいですね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連ページ

特徴
ネルドリップは、1821年頃のイギリスで始まったと言われるコーヒーの抽出方法です。ネルドリップの特徴について書いて行きます。
利点
ネルドリップは、中級~上級者向けのコーヒーの抽出方法です。ここではネルドリップの利点について書いて行きます。
欠点
ネルドリップによるコーヒーの入れ方には利点があれば欠点もあります。ここではネルドリップの欠点について書いて行きます。
デミタス
ネルドリップのデミタスコーヒーは玄人好みと言われ、味も香りも最高だと言われています。ここではネルドリップによるデミタスコーヒーについてご説明します。