日本のコーヒーカップ高級ブランド ノリタケ

日本のコーヒーカップ高級ブランド「ノリタケ」とは?

コーヒーは海外の文化のため、コーヒーカップも海外の方が有名だと思われがちですが、日本にもコーヒーカップ高級ブランドが存在します。

 

その中の一つが「ノリタケ」です。

 

ノリタケは、愛知県名古屋市に本社を置く「ノリタケカンパニーリミテド」という会社です。

 

ノリタケは、主にガラス・土石製品の製造・販売を行っています。

 

そんな中、今では世界最大級の高級陶磁器メーカーとして国内だけではなく、世界各国の陶磁器愛好家たちから注目を集める日本屈指の老舗ブランドです。

 

今回は、そんなノリタケの歴史とオススメのコーヒーカップをご紹介したいと思います。

コーヒーカップ高級ブランド「ノリタケ」の歴史

ノリタケの歴史は、今から111年前まで遡ります。

 

1904年(明治37年)、愛知県愛知郡鷹場村大字則武に創業した「ノリタケ」は、創業地である「則武(のりたけ)」を取って命名されたブランドです。

 

ノリタケの起源となる会社は、1859年に森村市左衛門氏が、海外貿易のために東京都銀座4丁目に森村組を1876年に創業したのがきっかけです。

 

森村氏が、陶磁器の世界に飛び込んだのは1897年です。

 

森村氏は、飛鳥井孝太郎氏を欧州へ派遣し、白色硬質磁器の開発に乗り出しました。

 

その後、研究の成果が実り、1903年に「日陶3.3生地」が完成します。

 

そして、翌年の1904年には日本陶器合名会社を創業したのです。

 

ノリタケの前身である「日本陶器合名会社」は、日本初の高級洋食器の生産を行う会社として、明治時代から戦前にかけて欧米を中心に輸出を行っていました。

 

この頃のデザインは、ハンドメイドの絵付けの優美さと繊細な細工となっています。

 

その後、アール・デコを基調としたデザインの洋食器も登場し、現在でもその凝ったデザインは高く評価されています。

 

ちなみに、現在「オールド・ノリタケ」と呼ばれる陶磁器が出回っています。

 

これは、その時期に誕生した製品であり、陶磁器愛好家の間ではコレクターズ・アイテムとして大変人気があります。

日本のコーヒーカップ高級ブランド ノリタケ記事一覧

エインズレイのオススメ・コーヒーカップ(コピー)

ノリタケの洋食器は、多種多様な素材とデザインがあります。ほとんどの洋食器の原材料に使用されているのが、日本初の白色陶磁器を誕生させた伝統的な「ノリタケチャイナ」と柔和な乳白色の「ボーンチャイナ」です。そして、電子レンジやオーブンなどの家電製品に対応した白色硬質陶器の「ノリタケプリマチャイナ」が代表的...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク