コーヒーカップ高級ブランド「エルメス」とは?

フランスの高級ブランド「エルメス(HERMES)」と言えば、皆さん良くご存知の「バーキン」「ケリー」など、女性の間で大人気のハイブランドです。

 

きっと、エルメスにはコーヒーカップなどの陶磁器のイメージがあまりないかも知れませんね。

 

ところが、人気ドラマ「電車男」にエルメスのティーカップが登場したことで、一気に認知度が上がりましたので、ご存知の方も多いでしょう。

 

ドラマで登場したカップは、紅茶専用のティーカップですが、今回はエルメスの歴史と共にオススメのコーヒーカップをご紹介したいと思います。

コーヒーカップ高級ブランド「エルメス(HERMES)」の歴史

エルメスの歴史は、今から遡ること180年ほどになります。

 

1837年、フランスの首都パリにある「バス・デュ・ランバール通り」で、ティエリ・エルメス氏による高級馬具専門店「エルメス」がオープンしました。

 

1837年といえば、現代のように自動車やバイクなどの移動ではなく、馬車で移動していました。

 

そこに目を付けたのが、エルメス氏です。

 

エルメス氏は、鞍を製造し、直接販売することで事業を拡大していったのです。

 

そして、そのクオリティの高さから欧州の王侯貴族の間で話題となり、そのブランド力を広めていったのです。

 

しかし、時代の流れと共に道路は舗装され、馬車文化は衰退して行き、移動に便利な自動車が普及するようになります。

 

そこで、エルメスでは馬具を収納する大きなバッグの開発に着手します。

 

1892年、エルメス初の皮革を使用した「オータクロア」が誕生しました。

 

このオータクロアは、他にはないほどの高品質かつ優れた収納力を有していました。

 

そのため、馬具の収納だけではなく、旅行者用の鞄として活用されるようになり、さらに女性が持ち運ぶのに便利な「婦人用のバッグ」の製作を開始したのです。

 

その後、1935年にオータクロアを基に作られた「ケリー」が誕生し、1984年には「バーキン」が誕生しました。

 

現在、エルメスでは、バッグだけではなく、ネクタイや時計、フレグランスなどのファッションアイテムを取り揃えています。

 

また、独自のデザイン技術を活かしたコーヒーカップ&ソーサー、ティーポット、プレートなどを発表し、陶磁器ブランドとしても大活躍するようになりました。

 

今や、エルメスは、紅茶愛好家やコーヒー愛好家の間でも高い人気を誇る洋食器ブランドとなったのです。

コーヒーカップ高級ブランド エルメス記事一覧

エルメスの陶磁器といえば、ティーカップのイメージが強いかも知れませんね。ところが実際は、コーヒーカップも極めて上品で、高級感あふれる素敵なデザインのものが豊富にラインナップされています。あのエルメスのデザインセンスが、そのままコーヒーカップに反映されていると思うと分かりやすいでしょう。ここでは、高級ブランド「エルメス」のコーヒーカップの中から、おすすめのデザインをご紹介します。