コーヒーカップ高級ブランド「ミントン」とは?

コーヒーカップ高級ブランド「ミントン(MINTON)」とは、イギリスの老舗陶磁器メーカーの1つです。

 

イギリスといえば、ウェッジウッドやスポードなど、ドイツ同様数多くの洋食器メーカーが存在するヨーロッパ屈指の洋食器国です。

 

そんなイギリスで誕生したミントンとは、どのようなブランドメーカーなのでしょう?

 

ここでは、コーヒーカップ高級ブランド「ミントン」の歴史と、オススメのコーヒーカップをご紹介します。

コーヒーカップ高級ブランド「ミントン」の歴史

イギリスの高級陶磁器ブランド「ミントン」の歴史は、今から200年以上前にさかのぼります。

 

1793年、陶磁器の転写として使用される銅版の彫刻家として活躍していた「トーマス・ミントン氏」によって新たなブランド「ミントン」が誕生しました。

 

当時のイギリスでは、「機能美」を追求するデザインの陶磁器の製作が積極的に行われていました。

 

ところが、ミントン氏は、あえて芸術性を追求した、優美で装飾性に富んだデザインの陶磁器を製作していったのです。

 

ミントン氏が引退し、2代目のハーバード・ミントン氏が会社を引き継ぐと、若手アーティストやデザイナーなど優秀な人材を積極的に雇用し、より一層芸術性を高めて行きました。

 

その結果、上品で大理石のような優美な「バリアン陶器」や、金を腐食させて紋様を描いた「アシッド・ゴールド」など様々な技法を確立させ、ミントンブランドは大きく発展して行ったのです。

 

1840年には、英国君主ヴィクトリア女王より「世界で最も美しいボーンチャイナ」と絶賛され、1856年には英国王室御用達のブランドとなったのです。

 

1948年になると、ミントンは、イースト・ミドランド地方の古城ハドンホール城の壁に掛けられていたタペストリーをモチーフにした「ハドンホール」を発表します。

 

以来、ミントンの永遠の代表作品の1つとして、全世界にその名が広まり、現在に至ります。

コーヒーカップ高級ブランド ミントン記事一覧

ミントンは、イギリスでは、コーヒーカップの老舗高級ブランドとして、とても良く知られています。ただ、日本の方の中には、どのようなブランドなのかをご存知ない場合も多いことでしょう。特に、コーヒー初心者の方であれば、なおさらのことです。そこで、陶磁器高級ブランド「ミントン」のオススメのデザインをご紹介したいと思います。