コーヒーカップ高級ブランド ウェッジウッド

コーヒーカップの高級ブランド「ウェッジウッド」とは?

イギリスのコーヒーカップ高級ブランドであるウェッジウッド(WEDGWOOD)は、世界各国の王侯貴族たちから高い信頼を得ています。

 

高い品質と優れたデザイン性によって培った信頼が持ち味のブランドメーカーです。

 

英国王妃シャーロットを魅了した「クィーンズウェア」は、とても記憶に新しいですね。

 

他にも、ロシアの女帝エカテリーナ2世から愛された「フロッグサービス」や、セオドア・ルーズヴェルト大統領と婦人から大満足された「ホワイトハウスサービス」、1953年のエリザベス2世女王の載冠式祝宴のために製作された「コロネーションバンケットサービス」などは、とても有名です。

 

ここでは、そんな世界各国の王侯貴族たちから愛されてきたコーヒーカップ高級ブランド「ウェッジウッド」の歴史と、オススメのコーヒーカップをご紹介したいと思います。

コーヒーカップ高級ブランド ウェッジウッドの歴史について

ウェッジウッドの歴史とても古く、あのロイヤル・コペンハーゲンを上回る256年になります。

 

ウェッジウッドは、1759年にイギリスの陶磁器産業の中心地ストーク・オン・トレントのバーズレムにて、ジョサイア・ウェッジウッド氏とトーマス・ベントレー氏によって創業されました。

 

ブランド名となっているジョサイア・ウェッジウッド氏は「英国陶工の父」と称されています。

 

1730年に、ウェッジウッド氏は、チャーチヤード工場を営んでいた陶工の父と母の第13子として誕生しました。

 

彼は、幼い時に父を亡くします。

 

そして、父から受け継いだ工房で、長男のもとで従弟として修行を積み、1754年にイギリスで最も有名な陶工家のトーマス・ウィルドン氏と共同経営を開始したのです。

 

その後、数々の名品を誕生さえ、実業家として成功を収めるに至ります。

 

彼が亡くなった後も、ウェッジウッドは衰退することはありませんでした。

 

ウェッジウッドは、芸術と技術の融合を目指し、常に時代の最先端を行く、高品質で芸術性に優れた美しい作品たちを輩出しています。

高級ブランド「ウェッジウッド」のオススメ・コーヒーカップ

ウェッジウッドといえば、ロイヤル・コペンハーゲン同様、ティーカップのイメージが強いかも知れませんが、コーヒーカップ&ソーサーにも素晴らしい名品が揃っています。

 

では、ウェッジウッドでおすすめのコーヒーカップをご紹介しましょう。

 

ワイルドストロベリー コーヒーカップ&ソーサー(キャン)ペア

 

図案となっているワイルドストロベリーは、豊かな自然を愛する英国人に好まれるデザインの1つです。

 

ブランド創立者のジョサイア氏が18世紀後半に初めて作ったパターンブックにも、ワイルドストロベリーが描かれています。

 

ワイルドストロベリーの人気はとても高く、特にそのキュートなデザインは女性たちの心を魅了しています。

 

フロレンティーン ターコイズ コーヒーカップ&ソーサー(キャン)

 

フロレンティーンとは、19世紀後期からウェッジウッドにて使用されているトラディッショナルなデザインパターンです。

 

ボーダー状のデザインは16世紀のグロテスク文様を基としており、ギリシャ神話に登場する「グリフィン」をモチーフとしています。

 

美しく鮮明なターコイズとの組み合わせが高級感と優雅さを漂わせるため、フォーマルなパターンとして、今でもたいへん人気があります。

 

他にも、ギリシャ神話に登場する豊穣の角「コーヌコピア」をデザインしたウィットに富んだエレガントなコーヒーカップ。

 

素朴でクラシカルなデザインの「エドミープレーン」などもオススメです。

 

今回はコーヒーカップ高級ブランド「ウェッジウッド」についてご説明させて頂きました。

 

ウェッジウッドは、イギリスをはじめ、世界各国で有名な陶磁器メーカーの1つです。

 

優雅なティータイムを過ごしたい方やコーヒー好きな方への贈り物で悩まれている方は、1つ購入してみてはいかがでしょうか。