コーヒー豆のグアテマラとは?

コーヒー豆の種類 グアテマラとは?

コーヒーの産地グアテマラとは、中央アメリカの北部にある共和制国家です。

 

グアテマラは、太平洋とカリブ海に面していて、気候は亜熱帯型となります。

 

グアテマラ国内の大部分が山岳地帯となっていることもあって、中米屈指のコーヒー大国と言われています。

 

また、グアテマラは降雨量が多くて土壌が火山灰のため、非常に水はけが良いことが特徴です。

 

傾斜地や高山地帯においては、コーヒーをはじめ、砂糖やバナナなどが積極的に生産されています。

 

グアテマラの国鳥は世界一美しい鳥と言われる「ケツァール」であり、国章にも描かれています。

 

そんなグアテマラは、コーヒー8大産地が存在し、なかでもアンティグア地方で生産されているコーヒー豆「ブルーレイク」はたいへん人気があります。

 

グアテマラでは、コーヒー豆にSHBHBという等級が付けられていて、全世界に出荷されています。

 

今回は、そんなコーヒー豆の種類「グアテマラ」の等級についてご説明したいと思います。

コーヒー豆のグアテマラ~SHBやHBとは?

グアテマラで生産されているコーヒー豆は、8つの等級によって品質が分けられています。

 

よくコーヒーショップなどで「グアテマラSHB」「グアテマラHB」というのを見かけますよね?

 

あの呼び方は、コーヒー豆が生産されている場所の「標高」を表しているのです。

 

では、グアテマラコーヒーの8つの等級をご紹介します。

 

  • SHB(ストリクトリー・ハード・ビーン)・・・標高1600m~1700m付近
  • FHB(ファンシー・ハード・ビーン)・・・標高1500m~1600m付近
  • HB(ハード・ビーン)・・・標高1350m~1500m付近
  • SH(セミ・ハード・ビーン)・・・標高1200m~1350m付近
  • EPW(エキストラ・プライム・ウォッシュド)・・・標高1000m~1200m付近
  • PW(プライム・ウォッシュド)・・・標高850m~1000m付近
  • EGW(エキストラ・グッド・ウォッシュド)・・・標高700m~850m付近
  • GW(グッド・ウォッシュド)・・・標高700m以下

コーヒーのグアテマラは標高が高いほどハイグレード?

グアテマラでは、標高が高ければ高いほど、グレードも高いコーヒー豆となります。

 

そのため、コーヒーショップにて、グアテマラ「SHB」または「FHB」と表示されているものほど高品質のコーヒー豆だという証となります。

 

グアテマラは、他のコーヒー豆にはない独特の香りが特徴ですので、高品質のものほど、その香りが際立ちます。

 

マンデリンなどの苦味の強いコーヒー豆との相性もバツグンですので、通好みのフレンチローストのブレンドコーヒーにも良く使われていますよ。

 

さて、コーヒー豆の種類「グアテマラ」についてご紹介させて頂きましたが、いかがでしたか?

 

一般的に、コーヒー豆は生育地域の標高が高ければ高いほど、香り高く、最高品質のコーヒー豆が誕生すると言われています。

 

さらに、標高が高いと昼夜の寒暖の差が激しくなります。

 

それによってコーヒー豆がギュッと引き締まり、時間をかけてじっくり熟して行くため、ランクも高くなるのです。

 

最高品質のグアテマラSHBは、それほど抜きん出た魅力を兼ね備えた、素晴らしいコーヒー豆と言えるでしょう。