コーヒー豆のブルーマウンテンとは?

コーヒー豆のブルーマウンテンとは?

コーヒーの最高峰と言えばブルーマウンテンと言われるほど「コーヒー豆の最高級品」というイメージを持つ方が多いことでしょう。

 

この最高級と言われるコーヒー豆「ブルーマウンテン」の生産地は、カリブ海に浮かぶ島国・ジャマイカです。

 

ジャマイカでは、2種類のコーヒー豆が生産されていますが、最も有名なのが「コーヒーの王様」と称されるブルーマウンテンなのです。

 

ジャマイカ島の東部には、「美しく輝く神秘的な山」という意味を持つ「ブルーマウンテン」がそびえ立っています。

 

コーヒー豆のブルーマウンテンは、この山の標高800m~1200m付近の険しい斜面の山岳地帯で、大切に栽培されています。

 

今回は、ジャマイカで生産されているコーヒー豆「ブルーマウンテン」のNo.1やNo.2などの等級や、最高ランクについてご説明します。

コーヒー豆のブルーマウンテンとは?記事一覧

ブルーマウンテンの等級 №1、№2

コーヒー豆のブルーマウンテンを専門ショップで購入する際、No.1やNo.2といった表示を見かけたことはありませんか?これは、ブルーマウンテンのコーヒー豆の品質を表す等級(ランク)です。最も高品質のブルーマウンテンコーヒーには「ブルーマウンテンNo.1」と表示されていて、以下「No.2」や「No.3」...

≫続きを読む

 

ブルーマウンテンの等級の詳細

それでは、コーヒー豆のブルーマウンテンの等級について詳しくご説明します。ブルーマウンテン№1(Blue Mountain No.1)まず、コーヒー豆の最高峰と言われるブルーマウンテン№1は、スクリーン17及び18以上です。それ以下の豆の最大混入率が4%(エレファントを含まない)、最大欠点数2%(夾雑...

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク