アイスコーヒー の歴史や特徴

アイスコーヒーの歴史

日本発祥のバリエーションコーヒー「アイスコーヒー」の歴史は意外と浅く、なんと大正時代だと言われています。

 

当時は「冷やしコーヒー」という名前で提供されているため、関西地方では「冷コー(レイコー)」と呼ばれ、親しまれていました。

 

ところで、なぜ今までアイスのコーヒーが海外では存在しなかったのでしょうか?

 

それは、日本以外の国々では衛生上、飲み物を加熱せず飲むことが危険だと判断されることが多かったからと言われています。

 

現在でも、一部の国や地域では水以外の飲み物を冷やして飲用することはできません。

 

ふつうに飲めるのは、「裕福な人」くらいだと思われる傾向もあるそうです。

 

それでは、なぜ日本でアイスコーヒーが誕生したのでしょうか。

 

その理由は、日本独特の食文化にあります。

 

日本では、魚や野菜などの飲食物を生で食べたり飲んだりする風習がありますよね。

 

そのため、「コーヒーも冷たく冷やして飲む」という新しい発想が生まれたのではないかと推測されます。

日本のアイスコーヒーと世界各国のアイスコーヒー

現在では、世界最大手のカフェチェーン「スターバックス」や、「ドトール」などでもアイスコーヒーを提供するようになり、世界各国でアイスコーヒーが飲まれています。

 

ただし、世界的に考えると、まだまだ日本のように濃いアイスコーヒーは、あまり好まれないことが多いように思います。

 

たとえば、アメリカのアイスコーヒーは、通常のホットコーヒーに氷をたっぷり入れて冷やしているだけなので、味が薄いのが特徴となっています。

 

ドイツなどでは、アイスコーヒーの上にアイスクリームや生クリームなどをてんこ盛りに乗せて、スイーツのような甘い飲み物となっています。

 

オーストラリアでは、ソフトクリームやアイスクリームがアイスコーヒーに乗っているため、いわゆる「コーヒーフロート」と呼ばれる状態になっています。

 

その他の世界のアイスコーヒーは、その地域独特のアレンジが施されています。

 

カクテルのようなオシャレなものや、ミルクティーがプラスされた、甘くておいしいものなど様々なバリエーションがあります。

 

ですので、海外でアイスコーヒーを注文する際は、日本のアイスコーヒーを想像しないようご注意くださいね。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク

関連ページ

作り方
アイスコーヒーの作り方は、おいしくするためのコツがあります。ここでは、アイスコーヒーの作り方のコツやポイントについてご説明します。