ターキッシュコーヒーとは?

世界には様々なコーヒーのバリエーションがありますが、特に、トルコの伝統コーヒー「ターキッシュ」はとても不思議です。

 

ターキッシュは、粉末状にしたコーヒー豆を「専用の器具」に入れて水を注ぎ、熱々に熱した「褐色の砂」で煮立てるコーヒーです。

 

さらに、上澄みだけをカップに注ぐという独特な入れ方となっています。

 

カップにコーヒーを何度注いでも次々にコーヒーが湧きあがるように見えるため、「魔法のようなコーヒー」と言われています。

 

ターキッシュ・コーヒーと言う名前は、2013年にユネスコの「無形文化遺産」に、文化と伝統として登録されたので、記憶に新しいのではないでしょうか。

 

では、そんなターキッシュの知られざる歴史と、気になる入れ方についてご説明したいと思います。

 

ターキッシュ・コーヒーの歴史

トルコ伝統のターキッシュ・コーヒーですが、実は、本場トルコではターキッシュ・コーヒーという名称で呼ばれていません。

 

トルコでは、「Turk Kahveesi(テュルク・カフヴェスィ)」と言います。

 

ただし、この呼び名は地域によって異なります。

 

ギリシアでは「ギリシア・コーヒー」や「ビザンティン・コーヒー」と呼ばれています。

 

アラブの場合は、「カフワ・アラビーヤ」、アルメニアでは「アルメニア・コーヒー」と、本当の様々なのです。

 

ターキッシュ・コーヒーは、オスマン1世がビザンチン帝国の衰微に乗じて、アナトリア西部に建設したイスラム国家「オスマン帝国」の時代に誕生したコーヒーです。

 

オスマン帝国とは、16世紀に最盛期を迎え、第一次世界大戦に敗退後、トルコ革命によって滅亡した帝国として有名ですね。

 

今から450年前、オスマン帝国内では、イエメンの統治者オズミデミル・パシャ氏によりコーヒー豆が皇帝に献上されていました。

 

その後、現在のトルコ・イスタンブールにてコーヒーが飲まれるようになり、次第にヨーロッパ地方へと広がり、現在に至ります。

 

当時から、イスタンブールでは、「ジェズベ(イブリック)」と呼ばれる柄杓(ひしゃく)のような小鍋に、粉砕したコーヒー豆と水を注ぎ、火にかけてコーヒーを入れていたと言われています。

 

ちなみに、「ジェズベ(イブリック)」は、コーヒー専門店に銅製のものが使用されたり、飾られたりしていますよ。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク