コーヒー豆の焙煎 種類

コーヒー豆の焙煎度の種類について

収穫したてのコーヒーの生豆は、穀物の匂いはするものの、ほとんど味も香りもありません。

 

それが、ロースト(焙煎)という工程を経て、薫り高いコーヒー豆へと生まれ変わるのです。

 

コーヒー豆のローストには、豆の種類や引き出したい味によって、適した「焙煎度」があります。

 

一般的に「焙煎度」は、8段階のローストの種類であらわします。

 

この名前と内容を知識として身に付けることは、さまざまなコーヒーを入れる上で役立ちます。

 

ぜひ、しっかりと覚えて見て下さいね。

コーヒー豆の焙煎 種類記事一覧

コーヒー豆の焙煎度の種類 浅煎り

コーヒーには、大きく分けると「浅煎り・中煎り・深煎り」の3種類が存在します。これらはコーヒー豆のロースト度合によって決められており、それぞれ特徴があります。まずは、浅煎りから入って行きましょう。「ライトロースト」と「シナモンロースト」の2種類についてご説明します。

≫続きを読む

 

コーヒー豆の焙煎度の種類 中煎り

では、「中煎り」と呼ばれる焙煎度についてご説明します。中煎りは、もっともポピュラーな焙煎度となりますので、しっかりと覚えるようにしましょう。あなたがコーヒー屋さんへ行って、一番良く飲むローストと思って間違いありません。中煎りには、「ミディアムロースト」と「ハイロースト」、そして「シティロースト」の3...

≫続きを読む

 

コーヒー豆の焙煎度の種類 深煎り

最後に、「深煎り」と呼ばれる焙煎度についてご説明します。深煎りには、~フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンローストの3種類があります。コーヒー通と呼ばれる方々に、深煎りはとても人気が高いです。それでは、詳しくご説明しましょうj。

≫続きを読む

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク