コーヒーが酸っぱいという失敗の対処法について

コーヒー 酸っぱい 解決

 

コーヒーが酸っぱいという失敗の対処法は、誤解が多い部分でもあります。

 

つまり、本当の意味での原因や対処法を理解している人が、結構少ないのです。

 

あなたが「コーヒーが酸っぱい!」という失敗を犯さないために、コーヒー豆の酸化を防ぐコツをご紹介します。

 

まずは、コーヒー豆の購入の仕方からご説明しましょう。

 

コーヒーを酸っぱくしないコツ(1)豆の焙煎はまめまめしく行うこと

焙煎されてから「袋詰め状態」で販売されているコーヒー豆は、どうしても流通過程で時間が経ってしまうため、酸化が避けられません。

 

酸化防止剤や酸化を遅らせる密閉袋などを用いても、外気に触れた瞬間から酸化が始まってしまうので意味がありません。

 

そこで、以下の2点に注意しましょう。

 

  • 焙煎日時を確認する
  • 入れる分量分のコーヒー豆を購入する

 

これが、どこにいても誰にでもできる、一番望ましい購入の仕方です。

コーヒーを酸っぱくしないコツ(2)コーヒーを入れる直前に豆を挽く

コーヒー豆の酸化は、挽いた直後から急速に早まります。

 

そのため、挽いた状態のコーヒー粉末ではなく、コーヒー豆の状態で購入しましょう。

 

そして、予算が許すなら「コーヒーミル」を購入し、コーヒーを入れる直前で豆を挽くと良いです。

 

最近は、コーヒーミルも安価なものだと、3,000~5,000円で手に入りますからね。

 

コーヒー店のミルは高価で性能が良いため、もちろん、そちらで挽いた方が、コーヒーの粒は均等になるでしょう。

 

しかし・・・

 

  • コーヒー店のミルで挽いたコーヒー豆を、数日経って飲む
  • コーヒーを淹れる直前に、安価なミルでコーヒー豆を挽いて飲む

 

この2つでは、圧倒的に、安価なミルで自分で挽いた方がおいしく飲めます。

 

もちろん、自分で挽いたコーヒー豆の方が、酸っぱくもなりづらいです。

 

なので、コーヒーミルは、超おススメしたいコーヒーアイテムの一つなんですよね^^

 

ただ、どうしてもミルは買えないという方は、ご近所で自家焙煎のコーヒー屋さんを見つけるとイイです。

 

最近は、全国的にもかなり増えてきましたからね。きっと探せば見つかると思いますよ。

 

その場合は「その場で挽いてもらった豆をその日に使い切る」くらいの気持ちで購入すると良いでしょう。

 

コーヒーを酸っぱくしないコツ(3)コーヒー豆の保存場所にこだわる

コーヒー豆を酸化から守るためには、どういう場所に保管したら良いでしょうか。

 

冷凍庫で保存するのは、一つの良い方法です。

 

ちなみに、コーヒー豆は野菜やフルーツなどと違って水分があまりないので、カチコチに凍ることはありません。

 

そのため、冷凍庫で保管するのは、酸化を防ぐために良い方法なのです。

 

ただし、冷凍したコーヒー豆を冷凍庫から出して、そのまま常温に置くと、コーヒー豆の表面に「結露」が出て、劣化が激しくなります。

 

ですので、その日に淹れる分だけのコーヒー豆を出したら、残りはすぐに冷凍庫に戻しておくよう注意しましょう。

 

上記のようなことを守れば、コーヒーが酸っぱいという失敗は起きませんよ。

 

まろやかで香り高くておいしいコーヒーは、良質のコーヒー豆を、適切に保管して、ふつうに淹れれば、自然に出来上がるのです。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク