コーヒーメーカーの給水部分の洗い方

コーヒーメーカーの洗い方は、大きく分けると本体と給水部分とに分けられます。

 

ここでは、「給水部分」の洗い方をご紹介します。

 

給水部分の掃除は「ひと月に1回」を目安に行うようにしましょう。

 

使用する器具は以下の通りです。

 

  • 使い古した歯ブラシ
  • コーヒーフィルター
  • 台所用洗剤
  • 布巾

 

もちろん、代用できる道具があれば、それを使用していただいて結構です。

 

コーヒーメーカーの洗い方の流れ

それでは、洗い方の手順をご説明します。

 

コーヒーフィルターのセット

 

コーヒーメーカーにコーヒーフィルターをセットします。

 

これは、この後注ぎ口を洗った際、汚れを受ける役割をしてくれます。

 

注ぎ口とタンクを歯ブラシでこすります

 

お湯を給水タンクに注ぎ、注ぎ口とタンクを「歯ブラシ」を使ってキレイにこすって洗ってください。

 

よく洗浄したら、お湯は捨ててしまいましょう。

 

コーヒーフィルターも取り外し、廃棄します。

 

サーバーとドリッパーの洗浄

 

コーヒーサーバーとドリッパーを柔らかいスポンジ等でコシコシと洗います。

 

コーヒーと触れる機会が多い部分ですので、しっかり洗浄してください。

 

給水タンクにお湯を入れます

 

洗浄と殺菌の意味を込めて、お湯をタンクに注ぎます。

 

本体や最後にお湯の吹き出し口やサーバー、ドリッパーなどを綺麗な布巾で優しく丁寧に拭いたら完了です。

 

洗剤を用いることはないので、次回使用する際は安心して使うことができます。

 

ただし、熱湯を用いたお手入れとなりますので、火傷をしないようにご注意ください。

 

また、「コーヒーメーカー」も、ポットと同様にカルキなどによる「白い結晶」が蓄積します。

 

この結晶は、コーヒーを抽出する際にはまちがいなく悪い影響が出ます。

 

上記のように歯ブラシを使って、しっかりと落としきってくださいね。

 

コーヒーメーカーの給水部分の洗い方 月1回は必須

さて、コーヒーメーカーの洗い方をご説明しましたが、いかがだったでしょうか?

 

コーヒーメーカーは便利な分、お手入れや洗い方は、やや面倒に感じるかと思います。

 

まあ、とは言っても「月に1回」のお掃除です。

 

ドリッパーやネルフィルターなどに比べると、比較的カンタンだと思いますよ。

 

コーヒーメーカーで、常に香り高いコーヒーを飲むためには月に一回程度のはお手入れは必須なのです。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク