コーヒーメーカーの洗い方は、器具のタイプによってちがう

コーヒーメーカー

コーヒーメーカーの洗い方は、器具のタイプによって異なります。

 

ただし、ページの関係上すべてを記載することは出来ません。

 

詳しくは、各メーカーごとの取り扱い説明書をご覧になってくださいね。

 

ここでは、代表的なドリップタイプのコーヒーメーカーのお手入れや洗い方をご説明します。

 

コーヒーメーカーの洗い方の流れについて

代表的な、コーヒーメーカーの洗い方の流れについてご説明しましょう。

 

コーヒーメーカーの本体を洗うための「洗浄液」を作ります

 

コーヒーメーカーの洗浄液を作るために「酢酸・3カップ」「水・6カップ」を混ぜ合わせます。

 

※酢酸が無い場合は、「クエン酸・28g」「お湯・4カップ」で溶かし、「冷水を4カップ」加えたものでもOKです。

 

また、市販のコーヒーメーカーの洗剤も販売されているのでお好みで用意しましょう。

 

コーヒーメーカーにフィルターを敷きます。

 

コーヒーを入れる要領で、コーヒーメーカーのドリップ部分にフィルターを敷きます。

 

洗浄液を水のタンクに入れます
最初に用意した酢酸と水を合わせた「洗浄液」を、水を入れるタンク部分に注ぎ入れます。

 

コーヒーメーカーの電源を入れます

 

コーヒーメーカーの電源を入れ、コーヒーメーカー内に洗浄液を行き渡らせます。

 

洗浄液とフィルターを捨てます

 

コーヒーメーカーの中に設置しておいたフィルター洗浄液を取り出して捨てます。

 

電源を切り、20分間起きます。

 

コーヒーメーカーの電源を切り、器具に溜まった熱を冷ますため20分間そのままにします。

 

流水で洗い流します

 

数十分後、コーヒーポットを取り出して、流水でキレイに洗い流します。

 

以上の工程を繰り返します

 

冷水を使用して、上記の工程を複数回繰り返します。

 

これによってコーヒーメーカー内に残った「洗浄液」をすべてキレイに取り除くことが出来ます。

 

コーヒーメーカーから「洗浄液の臭い」がしなくなったら完了です。

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク