コーヒーメーカーの種類

「コーヒーメーカー」のブランドの種類について、カンタンにご説明しましょう。

 

現在、コーヒーメーカーの種類は、実にいろいろです。

 

大手家電メーカーやコーヒー器具専門メーカーから、様々なコーヒーメーカーが販売されています。

 

性能や特徴もバラバラで、価格もピンからキリまで存在します。

 

コーヒーメーカーの選び方に悩む方も、たくさんいらっしゃることでしょう。

 

ここでは、数あるコーヒーメーカーの中でも、特に人気の高いものをご紹介します。

 

メリタ製コーヒーメーカーの特徴について

ペーパードリップを考案したメリタ・ベンツ氏の会社「Melitta(メリタ)」製のコーヒーメーカーです。

 

メリタは、ペーパードリップだけでなく、業務用や一般家庭用のコーヒーメーカーでも高い人気を誇ります。

 

メリタのコーヒーメーカーの魅力は、何と言ってもその「価格」です。

 

誰でも気軽に購入出来るよう、2,000円前後の価格帯をメインに販売されています。

 

中でも、ステップスMKM-533がコーヒーメーカーの中で最も人気の高い製品です。

 

デザイン的にも、オシャレなコーヒーメーカーが多数販売されています。

 

カリタ製コーヒーメーカーの特徴について

カリタは、言うまでもなく、メリタと同様ペーパードリップの会社ですね。

 

大きく違うのは、カリタは日本のコーヒー器具メーカーであるということです。

 

カリタでは、業務用・一般家庭用のさまざまなアイテムを販売しています。

 

コーヒーメーカーをはじめ、コーヒーミルや、他のコーヒー器具にいたるまで、実に幅広いです。

 

カリタのコーヒーメーカーの特徴は、カラフルで復古調の懐古的なデザインであるということ。

 

そのお洒落なデザインからか、女性のコーヒーファンから定評があります。

 

特に、「カフェコローレ」は人気の高いコーヒーメーカーです。

パナソニックのコーヒーメーカーについて

日本の家電製品メーカー「パナソニック」からも2種類のコーヒーメーカーが販売されています。

 

1つはコーヒー豆を挽く・ドリップする・ミルの洗浄を全て全自動で行う優れもの。

 

「沸騰浄水コーヒーメーカー NC-A56」です。

 

もう1つが、手出し風のドリップを搭載した「ミル付き浄水コーヒーメーカー」です。

 

デザインはどちらもシンプルで、ご自宅でも職場でもお手軽にコーヒーが楽しめます。

 

他社に比べると非常に優れた性能のため、価格はやや高めかも知れません。

 

ただし、その価格に見合う働きをしてくれるという方も多いです。

 

あと、特徴的なコーヒーメーカーは象印やタイガー、デロンギなどからも販売されています。

 

もちろん、その他にも多数のブランドが存在します。

 

ぜひ、ご自身に合ったコーヒーメーカーを探して見てはいかがでしょうか?

 

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク