コーヒーメーカーの特徴について

コーヒーメーカーの特徴とは何でしょうか?

 

やはり、コーヒーメーカーの一番の特徴は、おいしいコーヒーが自動で入れられることですよね。

 

特別な知識や技術などは、一切必要ありません。

 

いつでもどこでも、安定した味わいのコーヒーが入れられる「定番コーヒー器具」と言えるでしょう。

 

今やコーヒーメーカーは、自宅はもちろん、職場や公共施設などでもたくさん使われていますよね。

 

ところで、今までのコーヒーメーカーの特徴といえば、以下のような感じでした。

 

  • お湯の温度を調節することができない
  • 蒸らしの調節ができない
  • コーヒーの抽出スピードが調節できない

 

まあ、正直、機能的にはイマイチって感じでしたね。

 

ところが、最近では、「煮詰まり防止機能」「蒸らし機能」、さらには「循環沸騰式」の給湯タイプの器具などなど・・・

 

実に、多種多様なコーヒーメーカーが販売されているから驚きです。

 

「ドリップやサイフォンなどに近い香りや味が出せるようになった」と言う人もいるほどです。

 

世の中は、着々と進歩するものだな~とシミジミしちゃいますね(笑)

 

コーヒーメーカーの特徴は、カンタン・早いだけにあらず?

コーヒーメーカーに求める特徴は、飲む人の「趣味嗜好(しゅみしこう)によって変化します。

 

これは「おいしいコーヒーの定義」のページでも書きましたが・・・

 

そもそも、その方が「どんなコーヒーを求めているか?」というのが重要なのです。

 

たとえば、同じコーヒーメーカーでも、「苦味の効いた濃いコーヒーが飲みたい」という人がいます。

 

逆に、「コーヒーメーカーだから香り重視でライトに飲みたい」という人もいます。

 

豆の味をダイレクトに出せるコーヒーメーカーが欲しい」という人もいらっしゃいます。

 

そして、やはりコーヒーメーカーと言えば、

 

「面倒な設定をしなくても、ある程度おいしいコーヒーを安定的に抽出できる」

 

ということを重視する人もいるでしょう。

 

つまり、それだけ様々なニーズがコーヒーメーカーにはあるわけです。

 

コーヒー器具の各社が、しのぎを削って開発していくのも頷けますよね。

 

ただ、逆に言えば、だからこそコーヒーメーカーは、これほどまで進化を遂げてきているとも言えるのです。

 

「自分は、どんなことをコーヒーメーカーに求めているのか?」

 

これを明確にすることが、良いコーヒーメーカー選びの早道ですよ。

スポンサードリンク

スポンサードリンク

関連コンテンツとスポンサーリンク